美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
藤原久太郎氏のビュランの技法書無料配布(最新版)のお知らせ
d0134629_20480829.png
このブログで、時々書いているビュランの技法書の最新版がアップロードされた。無料でダウンロード出来る。何度も書いているが、書籍は沢山の写真で構成され、初心者にもとても分かり易く、誰にでも参考になることが書いてある。

この本の著者、藤原久太郎氏は、ビュランの研ぎ器なるものを作っては新型が出来ると送ってくれる。ここでまた新しいものが届いた。今までのものも気に入っているが、本人としては新型が良いらしい。それはそうだろう。実に綺麗に使い易く出来ている。しかし、もういくつ送ってくれただろうか。どれもこれも力作で便利なものであることは間違いない。

まあビュランに興味がある人は、騙されたと思って一度技法書を見てほしいし、研ぎ器を使ってほしい。なにしろ、藤原氏とは、もう随分長い期間ペンフレンド(死語のようだが本当の話)で、この制作について随分手紙のやりとりをしたからだということもあるが、制作物がとても素晴らしいものだからだ。

スイス製のベローベのビュランを、この研ぎ器で研ぐと気持ちよく彫れる。器具を使わずにビュランくらい研いでみろ。と厳しいご意見を頂くかもしれないが、どれだけの人が、きちんと研げている状態を知っているだろうか。版画は技術を磨くことに夢中になりやすい。刃物は研げて当たり前。だが、本当にいい状態を知り、分かっていて言っているのかどうかは疑問が残る。

切れる刃物で仕事をすると仕事は楽しくなる。そんなことはなんの分野でも当たり前だ。僕は銅版画に興味を持った多くの人に、作ることが楽しいということを伝えたい。そのためにこの道具は必ず役に立つし、この本は難しい技法を誰にでも分かり易く伝えることが出来る数少ない技法書だと思う。是非手にとって見てほしい。

○写真は技法書の部分。

[PR]
by guruguru-kobo | 2016-03-13 00:01 | お知らせ | Comments(0)
<< デザインの力 香りが運んできたもの >>