美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ちょっと気になること( 604 )
知る喜び
d0134629_19483562.jpg
夏休みのはじめ、公園で子供達といろいろ話していると、次男の仲良しがザリガニ釣りをしたことがないと言った。じゃあ連れて行ってあげると気軽な約束をした。

彼はその約束を果たしてくれることを、ずっと心待ちにしていたらしい。先日、公園で彼にセミを捕まえてあげているとき、今度晴れたらザリガニ釣りに連れて行ってね。と耳打ちされた。やっと晴れたこともあり、約束を果たすべく連れ立って、県立公園で朝からザリガニ釣りをした。面白いように大きなザリガニが釣れる。公園は大昔の里山をそのまま保存・再現していて、田んぼなんかもコンクリを使わない水路が残っているからだろう。

魚の捕り方や田んぼにいる昆虫の捕り方を教え、カエル、エビ、二枚貝、ドジョウ、メダカ、ヤゴ、バッタ、こおろぎ、など沢山の生き物に出会う。子供たちはひとつひとつに歓声をあげ、丁寧に観察し逃がしてあげる。図鑑で見たとか小さい、大きいなど沢山の発見があり、あっという間に時間が過ぎた。

途中、高齢の女性達が子供たちに混じってザリガニ釣りをはじめた。声を掛けてみると、お孫さんに見せてあげたいのだという。道具を貸してあげて一緒に捕獲を楽しむ。そういうのも子供たちにはいい体験になっただろう。

図鑑でしか見たことのない生き物を探し、捕まえることで知る喜び、驚き。短い時間だったが、夏休み最後のいい思い出になってくれたらいい。




[PR]
by guruguru-kobo | 2017-08-24 19:50 | ちょっと気になること | Comments(0)
ゆっくりと好きな場所を
d0134629_19560282.jpg
展覧会の搬入が思ったより早く終わる。ギャラリーの向かいにある、市の図書館を覗いてみた。

整然と多種多様な書籍が並ぶ。この中を目的もなくウロウロするのが好きだ。図書館でひとりになるのはいい。静かで、いくらでも発見ができる。今日は子供向けの図鑑を何気なしにめくる。蜜蜂の生態に目が留まる。知っているようで、知らないことが多い。やはり本をめくるのは面白い。

もっと本を眺めていたかったが、空腹感に襲われて図書館を後にする。今度は久しぶりに近隣の街にある食堂へ。お目当ての好物をいただく。20数年前に店ができた頃から変わらない味。お店は繁盛を極めているようで、狭く散らかった店内は広くなり、新しい入口もでき、愛想もへったくれもなかった店長?もすっかり人が変わったように愛想よく勘定をする。

ほんの2時間ほどの間に、いつもの生活をリセットして、ゆっくりと旅に出たような気持ちになった。不意に予定外の行動をするのもたまにはいい。


[PR]
by guruguru-kobo | 2017-07-11 20:04 | ちょっと気になること | Comments(0)
紫陽花の咲く頃に
d0134629_07395364.jpg

不思議と6月に展覧会をしていることが多い。今日もこれから画廊に行く。十数年前の今頃も、銀座の画廊での展覧会後、みんなで打ち上げに行った。宴席で、後輩たちからそういえば、お子さんはいつ頃生まれるの、予定日は?と尋ねられ、来週。と答えると、聡明な後輩たちは今すぐ終わりにして帰りましょう。と僕を急き立て帰宅させた。不思議なことに帰宅すると、すぐに破水があり、慌てて病院に連れて行った。翌朝、無事に元気なお子の子が生まれた。カシワバアジサイが咲いているのを見ると、不思議とその時のことを思い出す。

大矢雅章銅版画展 - The Days -

会場:湘南台MYギャラリー

会期:6月14日(水)~21日(水)12:00~19:00 最終日17:00迄。

在廊予定日:19/21日 14:00~


[PR]
by guruguru-kobo | 2017-06-19 07:42 | ちょっと気になること | Comments(0)
珍客
d0134629_06275076.jpg
珍しく早朝から家の中が騒がしい。まだ6時にもならないのに。部屋の中に鳥が入って、飛び回っている。こんなことは僕もはじめて体験した。

なんとか、捕まえて外にだしてみると、今度は動かない。えさをあげよう、図鑑で調べようと騒いでいるうちに、元気に飛び立って行った。

たぶんシジュウカラという鳥だと思う。触れた感じがフワッとして今にもつぶれてしまいそうだった。鳥は飛び立って行ったが、手には柔らかい感触がいつまでも残った。


[PR]
by guruguru-kobo | 2017-05-25 06:29 | ちょっと気になること | Comments(0)
ストンと落ちる
d0134629_07454395.png
イメージを伝えるというのは難しい。受け手側のイメージ(ヴィジョン)が曖昧な場合、どのように伝えたら、相手が無理なく納得して理解してくれるか、いろいろ考えることが多い。

次男が小学生になり、くもん式学習に通わせることにした。今まで自由に暮らしてきた彼にとって、窮屈なことは耐えられそうもない。いろいろ考えた結果、ゲームに照らし合わせて伝えることにした。6歳ながら、オンラインで世界中のゲーマーと戦い、憧れの有名人はユーチューバーのヒカキンだという。彼の夢はゲーマーらしい。それはそれで結構。是非叶えて欲しい。

彼の好きなゲームはランキングがはっきりしている。くもんに行ってみて、これはひとつひとつをクリアする簡単なゲーム。テストが終わると見せてくれるランキング表は、ゲームのランクと一緒。まだCの初めくらい。と言うとフーン。なるほど、簡単なもんだ。これなら楽勝!と威勢がいい。

はじめての1時間ほどの授業時間が終わり、心配しながら迎えに行くと、しっかり集中し、全問正解だったと自慢げ。本人的にはゲームで言えば一面クリアしたみたいな感じなのだろう。

どうやらストンと気持ちに落ちて理解できたらしい。伝え方が9割。よく言ったものだ。このまま自然にゲームとしてはまってくれるといいと願うばかり。



[PR]
by guruguru-kobo | 2017-04-14 07:52 | ちょっと気になること | Comments(0)
いまを見る
d0134629_08343562.jpg

10代の終わりから銀座の画廊巡りをはじめた。美大受験の最中だったが、当時活躍していた作家が先生だったので、個展準備の方法や設置の仕方などを含めて、画廊巡りも勉強の一環として当たり前のこととして教わった。

その画廊巡りは、かつてほどではないが今でも定期的に続けている。世間話はあちこちで尽きないが、ただ見て回ることが多い。銅版画を専門としているが、見て回るものは幅広い。日本画から彫刻、インスタレーションとなんでも見て回る。琴線に止まるものは実際に見て感じたい。

画廊巡りをはじめた頃は、作品のことを尋ねることができるような雰囲気はなく、気軽に尋ねると、勉強不足だ、帰れ!なんて言われたが、今はどこに行っても親切丁寧にあれこれ説明してくれるようになった。作品の風潮も画廊のスタイルも時代を経てどんどん変わっていると感じる。

しかし、たったひとつ変わらないことがあるとすれば、画廊では同時代を生きている作家の今を見ることが出来ることだろうか。過去の名作から学ぶことも大きいが、同時代の作家の呼吸を生で感じることで、自分のいまを客観的に鑑みることができるように思う。

[PR]
by guruguru-kobo | 2017-03-14 08:38 | ちょっと気になること | Comments(0)
二つの展覧会が終了して
d0134629_07193875.jpg
個展とお雛様のグループ展の二つが土曜日に同時に終了しました。お忙しい中ご来場下さったみなさまありがとうございました。今回の個展では、いつもご来場くださる方に加えて、かねてからお話しして見たいと思っていた方や、思っても見なかったような方のご来場をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。展覧会を開催してみるといろいろな発見があります。

在住市の座間神社で開催されたお雛様とアートのイベントも盛況で、沢山のご来場を頂きました。1000体の鎮座したお雛様も綺麗でしたが、つるし雛も素敵でした。来年はロボットが登場するとかしないとか、さらにパワーアップして開催される予定だと聞いています。地域のイベントとして定着して欲しいと思っています。

次回の展覧会は、新作銅版画展"The Power form of Life" を、6月14日〜21日まで六本木湘南台MYギャラリーで開催予定です。本展は植物が持つ、力強い生命のフォルムを、重厚なマティエールのエッチングにより表現した新シリーズ約15点による銅版画の展覧会となります。

[PR]
by guruguru-kobo | 2017-03-05 07:42 | ちょっと気になること | Comments(0)
サインを見逃してはいけない

d0134629_22273174.jpg

6歳の次男が、保育園で描いた絵を得意げに持って帰ってきた。面白い絵だが、良く聞いてみると、友達が描いたものに色を塗らせてもらっただけらしい。そんなことが2日続いた。


そんな様子を見ていて、本当は自分で描きたいのだが、たぶん友達よりも上手には描くことが出来ないので、仕方なく色を塗らせてもらったのだと思った。描きたい気持ちはあるのだけど、突破する方法が見つからないのだろう。


わざわざ絵を持ってきたのは、そんな助けてサインだと思った。早速、やんわり絵を描くことを誘ってみた。小さな子供は、手の力を上手く使えない。だから線を思ったように描くことが難しい。長く柔らかい鉛筆を与え、手を添えてゆっくりと話しを聞く。呼吸に合わせて、人差し指に力を入れ思い切って描くことを伝えた。


少しコツが掴めてきたら急に楽しくなったようだ。しばらく目を離したすきに、お絵かき帳ほとんど全てのページに力一杯怪獣を描いて見せてくれた。そこには、元気の良い次男の声のような、自身に満ち溢れる気持ちのいい線が踊っていた。これでいい。


ちょっとしたことで、進むべき道は大きく変化する。些細なサインを見逃してはいけないと今日は強く感じた。




[PR]
by guruguru-kobo | 2017-03-02 22:31 | ちょっと気になること | Comments(0)
運ばれてきた春の気配
d0134629_16452913.jpg
なんとなく目がかゆい、鼻がムズムズする。ついに花粉の到来を体が感じてきた。まったく嬉しくない春の気配を感じる。

本人はそんな至って平穏な生活を送る中、展覧会に来てくれた親しい友人達が、初日のお祝いと言わんばかりに、それぞれの新しい生活の気配を知らせてくれた。みなそれぞれに期待と不安をムズムズと感じているらしく、落ち着かないらしい。喜びに溢れる人、新しい生活を心配する人。それぞれにいきさつをよく知るだけに共感するし、喜びを分かちあえて嬉しい。初夏の展覧会の時には、気配から大きな結果になったことを聞かせてもらえることだろう。

いつだったか、とてもお世話になった方から、時々絵はがきを送ってね。それでいい。と言われたことがあった。人に係わる仕事をすると、時々受け取る変化の知らせというのは本当に嬉しい。絵はがきが嬉しいというのは今になってみると、その気持ちがよく分かる。

そうだ、絵はがきを出してみよう。元気に制作をしていることを、春の気配として受け取ってくれると願って。




[PR]
by guruguru-kobo | 2017-02-21 16:57 | ちょっと気になること | Comments(0)
自分の手から放す
d0134629_07463379.jpg
ギャラリー誠文堂での個展搬入陳列が終了。

個展の出品作品は、画廊図面からかなり綿密に割り出して、構成を考えて用意していくことがほとんどだ。だが、最近は現場で、あえて画廊オーナーに展示する作品を選んで並べてもらうことが多くなった。今回は26点持参して、22点展示となった。お任せすると、自分が好きな作品でも、展示されないものがあったりして面白い。そこに作り手と見る側の見方の違いが見つけることができる。

今回もオーナーの中澤さんに作品を選んで場所を決めていただいた。本当にどれでもいいですよ。とお任せしてしまうと、いいと思うものから順番に並べてくださったように思う。

神経質で完璧主義だと自他認めることろだが、最近は一緒に仕事をする人にお任せする部分はお任せして、コラボレーションとして作りあげていくことを楽しめるようになってきた。いろいろな仕事が、能力があるひとりに集約されてしまう時代になっているが、やはり良い仕事をしようと思うと、餅は餅屋にまかせた方がいいと思う。

自分の手から放すことで見つかるものは、どんなものが見つかるか分からないというワクワク感でいつも溢れている。

個展のお知らせ
◎2014-16年に制作した銅版画の展覧会を開催致します。出品作はA Priori Towane、CORRESPONDENCESシリーズ、素描としての銅版画シリーズから大小あわせて22点を展示致します。ご高覧いただけますようお願い申し上げます。

神奈川県相模原市中央区中央3-7-1
会期:2月20日ー3月4日
月—金:10:00ー18:00
土曜日:13:00ー18:00(最終日17:00迄)
在廊日:20、25、1、4日の13:00〜


[PR]
by guruguru-kobo | 2017-02-19 08:09 | ちょっと気になること | Comments(0)