美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧
審査終了!
d0134629_031048.jpg

今日で3日間続いた版画協会の審査も終了です。はじめてフル参加したので、いろいろなことを感じました。今日は賞を決めたり、新会員や準会員を決める大切な会議もあって一日中会員の皆様は白熱です。写真は会員の集合写真ですが、こんなにたくさんの人の3分の2以上が了承しないと会員にしてくれないのです。会員になるって本当に大変なことだなあとつくづく感心します。本当に厳しいんですよ。僕はもっとこの人いいのにっていう人がたくさんいたのですが、全然票が集まらなくて残念です。僕が一押しだった作品は2番目の賞に入ってその点は満足です。僕は新参物なので時々手を挙げるくらいであとは終始見学していたので、お尻が痛くなりました。

僕は版画関係の友達があまりいないし、新参物なのでこういった場に行くとぽつんとしてしまいます。総務の上野さんには「君はなんていうの」なんて聞かれたりして。

でも今回は隣に座った会員の聖原司都子さんが声をかけてくれて、すっかり仲良くなれてよかったです。僕はクールでシャイなひとだと思われているらしく、どうも近づきにくいみたいですが、「友達になってくださいね」って言ってくて嬉しかったです。

2次会も一緒に行こうかと思っていたのですが、某作家にさらわれてしまって残念です。某作家はすぐに朝まで飲みに行くといってさらっていきます。僕は絶対に付き合いません。夜は寝る時間だからです。そんなことを言っているから友達できないのかもしれませんね。

大学入学したときにもやはり同じように知ってる人がだれもいなくてぽつんとしていたのですが、先日わざわざ秋田から個展に来てくれた顔の広い森にーさんが、みんなに紹介してくれて大学になじむことができました。今回も先に会員になったやっぱり顔の広い先輩の佐竹邦子さんがいろいろな人に紹介してくれたりして面倒を見てくれています。彼女は僕を同志だと言いますが僕にとっては姉貴のような感じかもしれません。

僕はこの時期の宴会には花粉症のこともあって絶対に行かないのですが、今日は佐竹さんも行くというので、何となく2次会まで一緒に行って白熱する版画協会論に耳を傾けてきました。どこも話題が豊富です。

d0134629_031282.jpg新しい環境は新しい友人を作って広がっていく楽しさがあります。今日は久し振りに参加して楽しい時間が過ごせてよかった。団体に属すると大変なことも多々ありますが、こういった年何回かの打ち上げは普段会わないひとの出会いがあって楽しみです。
[PR]
by guruguru-kobo | 2008-03-31 00:00 | 交友録 | Comments(2)
谷中を散歩して
版画協会の審査が早く終了したので、今日は谷中の朝倉彫塑館へ行ってきました。

上野から谷中までは人気のスポットなので、兎に角人が多い。墓地で宴会するなっていうの!

d0134629_21583920.jpgまあそんな人達の中を動物園の動物たちを見るような目で見てきて、目的地の朝倉彫塑館へ行って来ました。朝倉文夫は早稲田大学の大隈重信像を作った作家です。僕は優美なその彫刻がとても好きなのですが、この彫塑館はアトリエ兼住居として作家が生前使用していた建物で、住居と庭が素晴らしいので、一度見にいって見たかったのです。

d0134629_2159994.jpg五典の水庭は本当に素晴らしいの一言で、住居との相性もあって居心地のいい風景を作り出していました。その他の住居の作りも凝っていて凄いのですが、屋上庭園も大きなオリーブの木があったりして東京の空中庭園です。

やっぱり見に行って良かった。今日の散歩は実りある一時でした。

今日はパソコンの調子が悪く2回もアップを失敗したので、疲れてしまって内容がどんどん変わって行きました。最初は沢山書いたのに残念です。大夫短くなってしまいました。
[PR]
by guruguru-kobo | 2008-03-29 21:59 | 散歩 | Comments(0)
上野のお花見と版画協会展
d0134629_2215226.jpg人の作品に四の五の言うのはあまり好きではないのですが、今日は早くから版画協会の審査で上野の美術館に行って来ました。早い時間から花見の場所取していて、また春が来たという感じです。僕の担当する小品部門審査は朝9時30分から4時まで大勢の審査員で行います。今日は隣に知っている人が座ってくれたので、すこし気楽に過ごせました。そして版画協会の先輩たちは本当に親切にしてくれて今日もいろいろな相談に乗ってくれました。団体展に参加するのが不満な人も多いのですが、僕は一年に一回ある版画展の準備を結構楽しんでいます。

審査自体は一点だけずば抜けて素晴らしい作品があって一同びっくりしていました。新人だとこれからが楽しみです。銅版画で僕はとても素敵だと思う作品が数点ありました。これもこういった環境での出会いです。そのうち一点は僕のかつての教え子のものだと審査後に判明しました。地方に帰ってもがんばっていると知ってうれしくなりました。

d0134629_22153533.jpgまた明日も審査が続くのですが、今日は夕方で一区切りです。明日は賞が決まるので楽しみです。

帰りに同じ公園内にある上野の森美術館でVOCA展を見てきました。毎年見ているのですが、今年はあんまりいいと思うものがなく残念でした。

d0134629_22155419.jpg帰りは久し振りにアメ横をぶらっと散歩し秋葉で堪能して帰宅です。審査はとても神経を使うので疲れますね。
[PR]
by guruguru-kobo | 2008-03-28 22:17 | 交友録 | Comments(4)
「つくってみようでこぼこ絵」を開催しました。
d0134629_20313646.jpg今日は多摩美術大学生涯学習講座のこども講座あそびじゅつ「つくってみようでこぼこ絵」のワークショップを開催してきました。この講座は銅板を腐蝕させてエンボスの絵を作るということを通じて、物事の変化を体験してもらいたいという願いをもって開講しています。

スタッフに後輩の伊藤あずささんと細田恭子さんが入って15人の小学生を相手に奮闘してきましたが、今回は新たに挑戦したプロセスが予想以上にスタッフの重荷になり、進行にちょっと不満が残りました。まあ僕は完璧主義なので大変不満だといっていい出来かもしれません。珍しく土がついた感じです。

それに引き替え子供達は大変満足そうでしたが、やはりワークショップの講師はサッカーのキャプテンのような場の空気を作り出す存在として、進行の具合の善し悪しに厳しくないといけません。今回は良きアシスタントに恵まれてなんとかクリア出来たのですが、やはり場数を経験してフットワークの軽い、その場の空気を読んだ臨機応変の講座を開講して行きたいものです。

しかし本当に子供の講座は、神経の使う場所が大人講座とは違うので大変ですが、子供が産み出す作品や満足そうな表情はやりがいのある仕事だと感じています。



この講座の詳細な報告書はデジタルプリントアーカイブBBに近日記載予定です。
デジタルプリントアーカイブBB
[PR]
by guruguru-kobo | 2008-03-26 20:33 | ワークショップ | Comments(0)
スダチジュースとベルギービール
d0134629_7573589.jpg最近毎日飲む飲み物とて突如加わったのが、スダチジュースです。寝る前に飲みます。徳島の友人が送ってくれたスダチ濃縮液と後輩が先日の個展に持って来てくれた、藤原養蜂製の蜂蜜を入れて薄めて飲みます。この養蜂場は彼女の地元にあるらしい。このジュースがものすごくさっぱりしていて美味しいのです。蜂蜜は蜂蜜とは思えないほどさっぱりしていて口当たりがいい。口上を読んでみると、一番絞りとある。うーむ。やっぱり。

d0134629_7575480.jpgそれと、ビール好きな僕のストライクは、これも先日の個展で頂いた、トラピスト製のベルギービールです。ワインのような口触りと濃厚な味わいは他にないものです。これは以前、丸の内のベルギービールのお店に連れて行ってくれて初めてこういうものがあると知りました。その方はいろいろな国に仕事で行かれてベルギーで飲んだこのビールが美味しいと教えてくれました。

世界中の食材が手に入る東京ですが、やっぱり地元で味わった人に聞くのが一番です。
こうやってこれ一番を持ってきてくれるののも、大切なコミュニケーションの一つだと感じます。
心配りに感謝です。
[PR]
by guruguru-kobo | 2008-03-25 07:58 | 好物この一品 | Comments(0)
18年ぶりの再会と別れ
18年前の3月末まで、僕は都内のある予備校で必死に絵を描いていた。足かけ4年間せっせと通い、ようやく大学に入学できたのはもう18年も前のことだけど、今でも昨日のことのように思う時がある。その予備校がこの春をもって閉校になるという連絡をもらって、参考作品になっていたデッサンを取りに行ってきた。しかし当時、賑わいを見せていた様子は今はなく、まるで廃墟のようになっていた。

黄ばんだデッサンの裏には91年度多摩美術大合格とあったが、全く色褪せないものがそこにあった。一生懸命だったなあとつくづく思う。版画科に一期生として入学する際に、「エッチングは敵が多いからやめておけ、やるなら木口木版だ」と予備校の先生に忠告されたが、18年後に一番敵の多い銅版画家として廃墟になった予備校にくることになるなんて、その時は思いもしなかった。

でも作家になって思うのは、当時教わったことが基礎になっているということだ。当時作家として売出しバリバリの長橋秀樹氏が担任で、個展の開催のイロハはすべてその人の仕込みによるものだ。今では大学の先生になっていて作家としても活動しているが、今考えても、その人のスタンスや考え方は作家として尊敬する。よく個展の手伝いしたし。あのひとは常人とは気合いが違うし。まああそこは予備校というより作家養成学校のような感じだったなあ。

しかしあの時最後に多摩美にしか合格しなくて不満不服一杯だったけど、その後ずっと多摩美に世話になるなんて、人生は先がわからないものだ。そして銅版画作家になるなんて夢にも思わなかった。そんな原点がいま手元に戻ってきた。

d0134629_7565913.jpg
[PR]
by guruguru-kobo | 2008-03-23 21:52 | ちょっと気になること | Comments(0)
明け団子と花粉症
d0134629_7584176.jpg












今年はすっかり良くなったかと思っていた花粉症が昨日から発病して病院へ。
この注射は眠くなります。と言われてその後はすっかり眠くなり、一日がつぶれる。

花粉症は気力も体力も奪い去るのだ。

d0134629_10352074.jpgそんな花粉症とは無縁そうな母が今日はお彼岸の明けに作る草団子を作っていた。ヨモギを摘みに行くところから始まるこの団子づくりは春のおとづれを告げるものでもある。

とてもいいにおいがして美味しい。

春の訪れは花粉症だけの特権ではないのだ。

※ヨモギは父の友人の畑で採取しました。他人の畑から勝手に取ってはいけません。泥ボーと追いかけられます。
[PR]
by guruguru-kobo | 2008-03-22 21:17 | 好物この一品 | Comments(0)
お墓参りをしなさい! By細木和子
と、よくテレビで言っていますが、お墓がきれいでない家は没落するという事実はたぶん本当です。ですから両親は先祖の墓守を重要視しているらしく、我が家の墓は恐ろしくきれいです。

今日は彼岸の中日なのでお墓参りに行きました。すごい雨なので銅版画制作用の高圧バーナーで線香に火を付けました。とてもコンビニエンスです。僕は父から将棋やキャッチボールなどは一切教わったことはないのですが、何にもないところで火をつけたり、食べ物を探したりすることをかなり小さい時から教わりましたので、近年では超インドアを自称していますが、かつては自衛隊から熱烈な勧誘がくるほど、アウトドア派でした。

そんなこともあって我が家ではお線香に火をつける時に、松や杉の枝を探してきて火をつけていましたが、僕はそれがやけどをしそうで大嫌いで、いつも線香専用のターボライターを買おうと進言しているのでが、だれも耳を貸してはくれません。

今日は両親がいなかったので、風雨に左右されないバーナーをもっていったらなんと簡単に火が付きます。やっぱり便利ですが、年配の方には許されざる行為です。子供の頃によく面倒を見てくれた近所のおばあさんに着火マンで線香に火を直接つけているところをえらく叱られたことがあります。

僕は子供の頃から「なぜなにクン」なので、その理由が知りたいのですが、未だ誰も教えてくれません。今度密教学科出身の秀挌先生に教えて頂きましょう。秀挌先生は物事の真善美を追及しているそうですが、僕は物事の真実と根源をいつも知りたいのです。



d0134629_16185023.jpg
[PR]
by guruguru-kobo | 2008-03-21 08:05 | ちょっと気になること | Comments(2)
画廊巡り
今日は講座の前に銀座の画廊巡りをしてきました。今週は版画協会の諸先輩方の個展が軒並み開催されいるのです。養清堂画廊に行く前に、あんまり時間もないので久しぶりにドトールコーヒーでホットドックを食べたら、一口食べてあと全部床に落ちてしまいました。こんなショックなことはアイスクリーム店以来ですが、アイスクリーム店とは違い、もう一度出してくれない所がさらに寂しさが増します。

そんな空腹ですが、日本橋高島屋での小林敬生木口木版画展を見てきました。デパートなのできちんと額に入っているせいもあってか、とてもシャープに見えます。今日は夕方からシャンパンパーティーだったのですが、仕事でいけず残念です。

そのあとは版画協会会員の作田さんが不忍画廊で在外研修で制作した小品展を見てきました。案内状には気楽な気持ちで描きましたとありますが、まったくそんな感じではなく、重厚感のある作品でした。画廊の方がとても親切に説明してくれて良かったです。でも作家だと知ったらがっかりするでしょうね。まだまだ僕もマイナーな存在なのであまり知られていないのでこんなこともあります。

そのあとギャラリーなつかで開催中の版画協会協力で開催されいる堀藍の銅版画展を見て、学生時代大好きだった版画協会の会員の利渉重雄さんの銅版画展を見にギャラリーヴィバンへ行くと、先輩で作家の古谷博子さんがいてまたひと喋り。銅版画作家の浜西さんがきて入れ替わりでかえることに。浜西さんの前の個展もよかったなあ。

d0134629_2230098.jpg養清堂画廊ではシルクスクリーンの作家小川幸一さんがいて、ブログのことを話すとえらく関心してくれて「福岡から飛行機乗って東京に来て良かった」って言ってくれて嬉しかったです。そこで木版画作家の木下さんにも初めてお会いしました。まあ短い時間にいろいろ見て周りましたが、やはり作家も50歳位でキャリアを積んでくると充実した作品になっていくんだなあと、諸先輩方の個展を見てつくづく思いました。やはり継続は力なり。ということでしょうか。
[PR]
by guruguru-kobo | 2008-03-20 00:01 | 散歩 | Comments(0)
牧野浩紀君と大塩さえさんの歓送迎会
d0134629_755988.jpg僕は多摩美術大学生涯学習講座というところで長らく一般の人たちに銅版画を教える仕事をしているが、そこで長らくともに働いてきた牧野君が京都の大学で教鞭をとることになり、東京を離れることになった。今日はそれで後任で作家の大塩さえさんと牧野君の歓送迎会を行ったのだが、牧野君の人望もあり、会は30人を超す盛会でした。プレゼントに贈った最高級噴霧器は気に入ってもらえたようでよかったです。一生のうちの何分の一かを過ごした場所の記念に大切に使って欲しいと思います。京都に行ってもがんばってくださいね。
[PR]
by guruguru-kobo | 2008-03-19 01:03 | 交友録 | Comments(2)