美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
阿波紙と版表現展 2010」(仮称)に参加します
まだ展覧会の期日までは随分時間がありますが、多くの方々が今後の展覧会の予定を気にしてくださっているので、展覧会参加の告知をします。来年は個展、グループ展あわせて発表活動が多くなりそうです。この展覧会とアワガミファクトリーさんには、以前からとても興味があったので、参加出来ることを嬉しく思っています。この展覧会には未発表新作の版画2点を出品予定です。


「阿波紙と版表現展 2010」(仮称)
アワガミファクトリーでは、「阿波紙・版画展」(2007年2月)「阿波紙と版表現展2007」(2007年12月)、「阿波紙と版表現展2009 –プリント工房から-」(2009年2月)の過去3回の開催を経て、版画表現を行う上で、その支持体となる紙素材の在り方を重要と考える版画アーティストと阿波和紙によるコラボレーションを行ってきました。本年度も引き続き、素材と版表現をテーマにした事業を推進したく企画中ですが、今回はアワガミファクトリーが開発・改良した「竹和紙」(竹パルプ70%、再生古紙30%)」、「白鳳」(コットン60%、楮40%)」のいずれかを使用紙としてもらい、素材の紹介も兼ねた内容とすることとします。

[展示会名]
「阿波紙と版表現展 2010 」(仮称)

[会場]
文房堂ギャラリー 
〒101-0051 千代田区神田神保町1-21-1 文房堂ビル4F
TEL. 03-3294-7200 /FAX.. 03-3294-7208

[会期]
2010年年2月8日(月)~13日(土)   
オープニングパーティー  2月8日(月) 17:00~

〔主催〕
阿波手漉和紙商工業協同組合(アワガミファクトリー)

〔共催〕
財団法人阿波和紙伝統産業会館
富士製紙企業組合

[後援予定]
財団法人伝統的工芸品産業振興協会
徳島県


[PR]
by guruguru-kobo | 2009-09-29 08:09 | 展覧会情報 | Comments(2)
横目にみていつも思う
昨日、季節外れの卒業式があった。5年間通信教育で勉強したという旧友の人生2回目の卒業式が横浜で行われた。友人は遠方に住んでいるので、良くて年に1回かはたまた数年に一回しか会うことが出来ないが、大学時代からずっと変わらない付き合いが続いている。30歳過ぎて、2人の子育てをして、経営もしながらの勉強って大変だっただろうと思う。最近は生涯教育と言っていろいろなことを簡単に始めることができるようになったけど続けることは本当に難しい。そんな大変な環境にあって晴れて2度目の卒業式を迎えられた友人をとても立派だなあと感心する。勉強は始める時期ではなく、意欲が大切だとそんな人達を横目にみていつも思う。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-09-28 08:36 | 交友録 | Comments(0)
スペインでの展覧会のお知らせ
10月1日からスタートするバルセロナのESTHER MONTRIOL画廊での日西アーティスト展にマドリッドのギャラリーTAOから100号相当の大作を展示する予定です。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-09-26 21:38 | 展覧会情報 | Comments(0)
所変われば、味覚も変わる
まあ、と、ある事情で一年間パリにいた訳だけど、なにか大きく変わりましたかと、よく聞かれる。全くもってどうしてそんなに過剰な期待をされるのか、本人ばかりは全くもってどこ吹く風だけど、これまでの生活に全くなかった要素が、3つ増えたのは大きな変化です。

1.帰宅後に手洗いうがいを徹底して行う。
2.コーヒーを毎日数回飲む
3.ワインを飲む

1.はまあよしとして、2.3はこれまで嫌いな飲み物なので、まさか毎日口にするようになるとは驚きです。
僕は本当にコーヒーが好きではありませんでした。あの香りがだめなのです。しかしパリのコーヒーは美味しかった。と、いうこともあるし、みんなコーヒー飲んでるのに一人だけ違うのもなんて、日本人的な感じで、少しつづ変化して、最後には毎日エスプレッソを飲むようになりました。最初はカフェクレームを飲んでいたけど、ある時、「それは女性のみもの」って言われてなんとなく、頼みずらくなったのです。
毎朝クロワッサンとエスプレッソ。カフェ文化満喫。

極めつめはワイン。これは最近すっかり好きになってしまって。まあこれはパリでお世話になった作家エクトール・ソニエ氏とパリの友人達の影響が大きいですね。彼らとのお酒はいつも本当に楽しかった。それと酒場の常連と。いつも美味しい食事とワインを教えてくれて、文化人の余裕を垣間見た気がします。最初にワインは飲めないのですって言ってたのに・・・。大嘘つきですね、この人って。言われましたよ。

あわせて漫画「神の雫」の影響大というところでしょうか。
何事にも感化されやすくて困ります。でも近年読んだ漫画の中ではトップクラスの漫画だと思います。特に原作がいい。やっぱりあの原作者はただ者ではないのでしょう。絵もいいしね。バランスがとってもいい感じ。

この二つは、これまで体質的に受け付けなかったのに、なんだか場所が変わったら、まあ美味しいこと。でも日本に帰ってきたら、あんまり美味しく思えないのはやっぱり気候のせいか、気分のせいか。

結局、飲み物はこれまで通り、ウーロン茶に戻り、コーヒーは口にせず。ワインはちょっと口にしてみけど、まあさほど固執もなし。

でもワインは好きな人が多いので話しの種にはなりますね。先日恩師にワインの話をしたら、「ワインの味がわかるようになったの?」ってびっくりしていましたし、友人の秀格先生はおみやげのワインでブログまで書いているし。まあ詳しいときっと話題にも困らなくなるでしょうね。

でもやっぱり食べ物も人も一期一会だと、帰ってきて味覚がもとに戻りつつある自分を感じて思います。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-09-25 00:44 | ちょっと気になること | Comments(1)
Digital Print Archives BB ブログ閉鎖のお知らせ
このブログのことではありません。もうひとつ、以前から版画の情報を掲載していた Digital Print Archives BB  を都合により閉鎖することにしました。まだ日時は決めていませんが、1ヶ月ほど先と考えています。
版画情報の公開についてはまたいずれ機会を見て新しいサイトを立ち上げたいと思いますが、それもまた未定です。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-09-25 00:08 | お知らせ | Comments(3)
ブランク
この連休に横浜にあるアンパンマンミュージアムというところに出かけてみた。圧倒的に子供より大人が多い。一人の子供に対して、両親や祖父母、はたまた両親の兄弟がついて来ているからだ。本当に子供様々なのだ。しかしこういう施設はどこでも並ぶのが仕事のようなところがあって、入るのに並ぶ、買うのに並ぶ。と、いった感じである。そしてすべてが高い。それはそれは一つ一つが恐ろしく高いのだが、飛ぶように売れる。結局散々ならんで、一つ300円のアンパンマンあんパンを6つ買うが、どうもあまり美味しいものではないらしい。まあ300円のパンはまだ可愛い値段だけど。

さあ、また気を取り直して今度は戦隊シリーズの催しに場所取りに出かける。これもまた圧倒的に大人が多い。あまりの多さに酸欠になりそうな感じだった。こういうものに初心者なので、これもかなり前から行ったのに結局最後尾で肩車をしてみることに・・・・・。どうも子供の悪態はこの番組の台詞らしい。テレビの影響は全くもって恐ろしい。

いやいや全く、連休というものがあると毎日子供を飽きさせないでいるのがこうも大変だとは。

一年のブランクは仕事も家庭でもリズムを狂わせていて、なにかと慣れるのに大変。やっぱり何事も毎日取り組むことがどうも大切らしい。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-09-22 20:50 | 散歩 | Comments(0)
本当ですか?
一日に2回も「本当ですか?」と聞かれてしまった。

と、これはある洋服店の話。

先日、久しぶりに自宅でのアトリエの作業の際に、知らず知らずのうちになんと薬品がジーンズと手にべっとりついていたらしい。本人は次の日になるまで気がつかなかったのだが、そのズボンの変色っていったら、もうゴミ箱行きといっていい。手は黄色く変色しているし。

そんな災難あって、ジーンズを久しぶりに購入しに行き、いつもと同じものを買おうとすると、お店にはゴミ箱にいくしかないようなジーンズばかりが並んでいる。聞いてみると今はこういうものが流行らしい。いつの間にか自分が流行の最前線をはいているのかと感心する間もなく、店員に購入したいものを告げると、「本当にこの色からその色までにしたんですか?」「本当ですか?」と、店員はいたく感心した様子。みんな僕がはいているこのゴミ箱行きのジーンズを高いお金で買うらしい。でも僕の欲しいものは個々にはなくて、しかたなく別のお店に行っても、同じように言われた。どうも真っ青のジーンズをぼろぼろになるまで着ているような人もあまりいないらしい。

しかし大昔に、汚らしいジーンズが流行ったけど、流行はまた繰り返すんだなあとつくづく感心。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-09-15 08:03 | 散歩 | Comments(0)
電車の中でふと思い出したこと。
あんまり出かけるのが好きではない僕が、初めて高校生の時に一人旅をしたのが四国だった。徳島から入って電車で四国を一週間で半分回るというものだったが、今になってはどうして四国にいくことになったのかは、はっきりと思い出すことが出来ない。当時の日記を破棄してしまったのが、今では残念に思う。でも思い返すに、多分一人でどんなことが出来るのか知りたかったんだと思う。

そんな四国(特に徳島)にはもう8回も行っている。友人がいるからということもあるが、僕は徳島というところが好きなのかもしれない。昨日、念願叶って興味があった徳島に本社があるアワガミファクトリーの方と展覧会の打ち合わせをしたのが、徳島の人にはやっぱり方言があって、話の端々に聞こえる徳島弁がとても心地が良い。僕は東京にいても方言を自然に話す人が好きなのです。そんなことですっかり長居をしてしまった打ち合わせだった。(年内か年始にこの紙会社の企画する版画展にこの会社の紙を使って未発表新作を2点発表予定です。詳しくはまたお知らせします。)

僕は基本的に全ての旅行(仕事)は出来るだけ一人で行きたいと思っていましたが、前々回のブラジル旅行くらいから、なにかを共有出来る仲間と一緒の旅もいいものだと少し気が変わって来ました。結局思い返すとブラジル旅行はパリの一年間の練習期間のように思います。あれがなかったら結構今回も大変だったろうなあと思います。まあ集団行動が苦手なのでやっぱり一人が良いときもあるけれど、今回のパリ350日も多くの時間を新しい友人達と共有出来たことは、一人でアトリエに籠もって制作だけ頑張らなくて良かったなあと、つくづく思います。やっぱり出会いあっての旅なのですから。

帰国して日本の電車に長い時間揺られているといろいろなことを思い返したり、考えたりします。これまであんまり振り返ることってなかったけれど、一人暮らしで時間も沢山あったせいか、新しい友人に自分のことを話したせいか、いろいろなことを思い返すことが多くなったような気がします。

旅する時間はなにかを思い返すのにいい時間なのかもしれません。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-09-10 09:52 | 旅行記 | Comments(4)
個展のご案内
群馬県前橋市にあるギャラリー・スペースMさんで11月14日から22日まで個展を開催致します。この展覧会には昨年発表した詩画集『糸遊』と新作数点と近作の版画の展示になります。

会場に行く予定ですが、それはもう少し期日が近くなってから掲載します。
画廊にはウェブサイトとメールがありません。お問い合わせの場合はお電話でお願い致します。

会場:ギャラリー・スペースM
   群馬県前橋市南町2-19-4
   027-243-2391
   
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-09-09 22:18 | 展覧会情報 | Comments(0)
帰国しました
350日のパリの滞在も終わり、8月31日に帰国しました。研修とはいえ、あんまりに充実した時間だったので、ここ数日はまだぼんやりしていますが、それでも個展や版画教室の講座の打ち合わせに早速活動開始中です。

研修先のアトリエのディレクターには多くの新たな勉強のチャンスを頂いて、本当に満足した一年を送ることが出来ました。日本から気持ちよく送り出してくれて、また迎え入れてくれる各関係者の皆様にも感謝のするばかりです。今までなんの苦労もないので、少し外国で苦労してきなさいとそんな皆様から出発前には檄を飛ばされましたが、パリで知り合った皆さんには本当に親切にしてもらったので、病気も嫌なこともなんにも経験せずに一年があっという間に過ぎてしまったのです。出発前のあんなに不安だった気持ちはパリで知り合った友人達が綺麗さっぱり無くしてくれました。本当に出会いに恵まれた旅だったように思います。特に誰も知らない街でそんな気持ちにさせてくれて、長い時間を共有した数人の友人達の別れはとても僕の気持ちを揺さぶっていて、なんとも言えない寂しい気持ちになっています。

出発前に

”持ってくるのは、勇気と行動力だけ”
”一年後には、きっと自分の知らなかった力を見つけられますよ”

と、言って励ましてくれたパリ在住の同級生から送られた一年前のメッセージの答えは本当にそのままでした。この一年足らずの滞在で僕は自分の知らなかった一面を自覚したように思います。今回の滞在では制作というより自身の内面に目を向けた貴重な時間になったように感じています。それもこれも多くの出会いから感じることの出来た体験だと実感しています。

そんな時間の中で制作した作品の多くは試作で、それ自体で発表できるものがありません。多くの方のご期待に添えないのが残念ですが、制作はそんなに簡単なものではないのです。そんな中でもパリで制作中の一番メインになる作品はパリの詩人「ロベール・マルトー」氏が僕に書き下ろしてくれた詩とのオリジナルの版画集です。この作品は養清堂画廊での企画新作版画展2010年9月6日〜に出品予定です。

それ以前には11月中旬に群馬前橋のギャラリースペースMさんで詩画集「糸遊」と近作展(新作も数点含みます)と2月頃に神田文房堂ギャラリーにてアワガミファクトリーの企画グループ展への新作での参加、冬から春にかけて日程未定で、未発表新作展(素描または版画)での企画個展を六本木の湘南台画廊で行います。その他、春の版画協会展、さまざまなグループ展、本当はまだまだ展覧会の予定がありますが、お知らせにここまでとします。と、まあこのような予定で活動を再開します。

これまで多摩美術大学等で版画講座の仕事をしてきましたが、それもこれまでお世話になっていた多摩美術大学の生涯学習講座で火曜日の銅版画基礎講座のみを秋から渡辺教授と担当することになりました。どうぞまた宜しくお願い致します。

このぐるぐる通信はお休みするまでほぼ日刊で掲載していましたが、この一年にいろいろ他に学ばなくてはならないことを改めて自覚したこともあって、その勉強に時間を充てるためにブログは時々更新することにすることにしました。他のサイトも再開するか検討中です。

そんなことで、また日本の生活が始まりました。
今後とも宜しくお願い致します。

大矢雅章
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-09-04 11:09 | お知らせ | Comments(5)