美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
宇宙人
今日の関心事に、鳩山氏の偽装献金問題がある。別に政治に興味がある訳でもなく、そんなことはどうでもいいことだけど、僕の理解の上では実はその偽装献金が実母からの、早い話「お小遣い」だったということが興味を引いた。一般からするととんでもない金額のようだけど、桁違いの財産をもっていると数億程度はまあほんのお年玉なのかもしれない。子供が首相になるというのだから、親はいくらでも応援しようというのはわからなくもない。まあ当然と言っては当然だろう。僕はなんだこの「偽装献金」は悪質なものではなくて、親の深い愛情なのだとなんだかとらえてしまった。だって小遣いもらって運営してますって大ぴらには恥ずかしくていえないでしょう。親も「お小遣いあげといたから」っていえないだろうし。まあ折角新しい首相になったのだから、あんまりみんなで足をひっぱらくても本人も「恵まれた環境に育ったので」と、自覚しているので多めに見ましょうよ。と、政治に無関心な僕さえも思ってしまった。

そんな深い愛情に育てられた首相は「宇宙人」といわれていたようだが、就任の挨拶で奥様も宇宙人関係の話をして世間をわかしていたことは記憶に新しい。

この宇宙人という生物に僕は並々ならぬ関心をもっている。まあ間違いなく、この広い宇宙のどこかにはそんな生き物がいるだろうと思いたい。僕の記憶に鮮明に残る宇宙人像がある。今でもその絵本のページが目に焼き付いている。僕は両親にそんなふざけた絵本しかみせてもらえなかったのだと思っていたが、実はとてもいろいろな絵本や物語を読みきかしてもらっていたようだ。本人の記憶には、この写真の宇宙人だけが鮮明に焼き付いているだけだけど。

d0134629_17564872.jpg

今日ふとテーブルの上に置いてあった図鑑「宇宙」の挿絵に小さくこの絵が添えられていた。題名は、昔の人が考えていた宇宙人像とある。昔はみんな想像でこんないい加減なものを、さもあるように子供に植え付けていたんだと頭にくるより今では笑える。口裂女が流行ったり、宇宙人や人類滅亡説がまことしやかに言われたが結局全部絵空事だった。

現在はなんでもこと細かく分析して、そんな絵空事がすぐに嘘だと決めつけられていて、おもしろおかしいワクワクするようなことがなくなってきたような気がする。そんな中で宇宙人と地底人だけはまだ人類に残された最後の探検の目標であってほしい。宇宙人と呼ばれるくらいの首相なら細かいマニフェストも良いけど、日本は技術力を生かして宇宙戦艦ヤマトを本気で作りますとか言って欲しいものだ。

今の政治を見ていると余裕のある社会を作り出す前に、ぎすぎすとした社会に押しつぶされ行くように思ってならない。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-11-27 18:06 | ちょっと気になること | Comments(4)
パリの展覧会の写真
パリの郊外で開催されている版画の国際公募展の写真が届きました。作品は手前下です。
展覧会名 14 Biennale Internationale de la Gravure et des Nouvelles Images
d0134629_643425.jpg

[PR]
by guruguru-kobo | 2009-11-24 06:43 | 展覧会情報 | Comments(2)
多摩美術大学校友会小品展2009
d0134629_2230114.jpg
d0134629_22303331.jpg

次回の展覧会は多摩美術大学校友会の年末チャリティーに参加します。小さい作品を一点だけ出品します。この展覧会には毎年参加していますが今年は新しい企画として39才以下の作家を応援する企画があります。僕もその企画にエントリーしています。

詳細は校友会WEBでご覧ください。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-11-24 00:01 | 展覧会情報 | Comments(2)
カンブリア宮殿
展覧会の会場で、新築の家に合う絵の話からお店の商品の配列の話にどんどん話しが広がってあっという間に1時間経ってしまった。お相手はある大型小売店の社長さんだが、自社の店舗の商品配列を本当に楽しそうに話す。先日あるホームセンターでゴミ箱を買った際の些細な疑問を丁寧に解説してくれた。些細な疑問とは、「ゴミ箱を買った時に、ゴミ袋が近くに見つからなくて結局買わなかったとうこと。」超多忙な間のわずかなオフに、仕事の話なんかしたくないと思うのだが、これが社長かと思うほど、現場の詳細を事細かく把握して、それをとても楽しそうにはなしてくれる。聞いているこちらもわくわくしてくる。聞いてみると、まあ納得。どんな職業の方でも自分の仕事に本当に誇りと自信を持っている方の話は本当に面白い。展覧会の会場で大好きなカンブリア宮殿ばりの社長トークを聞けてなんとも嬉しい。僕も、もしサラリーマンだったら、そんな社長の下で朝から晩まで一円でも多く売るためにいろいろアイデアを考えて楽しそうに話すことが出来るかなあって思う。まあサラリーマンになることは今後もう無いだろうけど。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-11-23 12:16 | 交友録 | Comments(0)
ギャラリースペースM個展終了しました。
群馬県前橋市ギャラリースペースMでの6回目の個展が終了しました。ワークショップに参加していただいた方、ご来場の方々誠にありがとうございました。次回の当会場での個展は2011年11月に予定しております。その際はまたワークショップを行う予定です。またのご来場をお待ちしております。メゾチントのワークショップでは午後1時から5時までの講座で版作りからプリントまでを行いました。



d0134629_11314549.jpg
d0134629_11315881.jpg
d0134629_11321471.jpg

[PR]
by guruguru-kobo | 2009-11-23 11:33 | 展覧会情報 | Comments(0)
エングレーヴィング
d0134629_21485989.jpg


銅版画の技法の一つで、一番歴史の長い技法「エングレーヴィング」(通称ビュラン)の試し彫りをしている。刀を研ぐのが非常に難しいけれど、良く切れる刃物を使うと堅い金属を彫っているというより、柔らかいバターのようなものを彫っている感覚になる。この技法は大昔に彫金師によって使われた手法なので、現在みることの出来る作品は、超絶技法でつくられた息をのむようなものが多い。

今取り組んでいるのは、ビュランを使った素描のようなもの。この手法で彫られた線はとてもシャープな美しい。それを生かした緩やかでかつシャープな作品を模索している。

腐食と違って酸の力を使えないので、一つ一つ線を重ねる道筋は、まさに千里の道も一歩からという言葉がふさわしい。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-11-21 21:44 | 制作日記 | Comments(0)
個展の在廊日
現在開催中の群馬県前橋市の画廊ギャラリースペースMさんでの在廊日は22日(日)になります。この日は午前10時から終日画廊に在廊予定です。午後一時からはプレス機を画廊に持ち込んでのメゾチントのワークショップを開催します。このワークショップはすでに定員がいっぱいですが、見学もかねてのご来場をお待ちしております。

大矢雅章展
会期:2009年11月14日ー22日まで
時間:10時ー18時(最終日16:00まで)
場所:前橋市南町2-19-4
電話:027-243-2391
JR前橋駅南口徒歩12分

*なお画廊の場所が今年の夏に移転しました。画廊前に駐車スペースが4台あります。是非お車でご来場ください。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-11-19 20:20 | 展覧会情報 | Comments(0)
念力
出先の仕事先で、テーブルの上に新聞を広げると、実に面白い記事が多いことに気がつく。自宅の新聞には隅々まで目を通すが、他社の新聞には実に面白い記事が目白押しだ。そんな記事の中に、34才芸術監督就任という記事があった。「へー、34才で芸術監督か。」と、その記事を見て芸術監督ってなんだろうと、いろいろ考えて見る。ああ、舞台や音楽の監督のことか、一体どんな人がなるんだろうなあとなんとなく思い巡る。一昔前の芸術家の多くは詩人や、舞台の人達との交流があったので、舞台の美術をやったりしたそうだが、今はそういう時代ではないからそんな出会いもないのが現実。でも機会があったらちょっとやっみたいなあなんて思っていたら、今日早速、ある小劇団の方からうちの劇団を見てもらって、よかったら芸術監督してもらえませんかと、声を掛けられました。あんまりの突飛な話で、「アハハっと」お茶を濁しましたが、昨日の今日で、まあ随分とタイミング良く話しかけられるもんだなあと、不思議な縁に感心します。まるで昨日の僕を見られていたようです。まあ実際の所はやることはないでしょうが、いろいろなジャンルの方に自分の仕事に興味を持ってもらえることは、作家として光栄に思います。自分の創作活動は版画から始まりましたが、立体に油絵、文章と、どんどん広がってすべてが自分の柱になればといつも願っています。この念力で次はどんなことに出会えるか楽しみはいつも広がります。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-11-18 14:43 | 交友録 | Comments(0)
正反対なおひとりさま
d0134629_2220472.jpg一人っ子ですか?と、聞かれることが多い。どうも兄弟がいるイメージが無いようだ。一人っ子と聞くとネガティブイメージがつきまとうのは、きっと世間全ての一人っ子が甘やかされてワガママに育っているという偏見があるからだろう。

玄関先で大きな球をせっせと磨いているのは、実の弟。実は僕には5つ離れた弟がいる。そのボールを磨く姿に、「ボーリングのアベレージはいくつ位なの?」と、聞くと「200位かな」と、いう。「それじゃあ満点じゃないか」と返すと、「兄貴ボーリングは300点が満点だよ。」と教えられる。

この弟はスポーツ大好き人間で、小学校の頃からひたすら団体行動のスポーツの世界に生きてきた。今は普通にお勤めしているけれど、趣味はスポーツだ。今も釣りにボーリングにサッカーに忙しい。そしてまたこの弟も、一人っ子ですか?と、聞かれるらしい。

我が家は運動神経ゼロの兄と運動大好きの弟の正反対の個性が相まみえることなく同じ家で育った。これは両親が兄、弟関係なく平等に育てた結果である。親になった今考えるとそれは非常に難しい育て方だなあと思う。

兄はひたすら家にいて、弟はひたすら外に出て行く。かと思えば、弟は海外旅行には興味はなく。兄はいつもどこかに行こうとしている。そんな弟を父は「あいつには家はいらない」と嘆くが、まあ普通はそんなものだと思う。

全く持って正反対な兄弟だけど、別に仲が悪いわけではない。以外に一人っ子にみえて実は兄弟がいるという人もいるかもしれませんね。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-11-18 14:22 | 交友録 | Comments(0)
山本冬彦コレクション展に作品が展示されます
「コレクターとして有名であるだけでなく、現在はアートソムリエとして社会貢献活動も積極的にされている山本冬彦氏の千点に及ぶコレクションのなかから佐藤美術館にゆかりの作家を中心に展示公開予定。」(佐藤美術館ウェブより)この展覧会にオブジェが展示されます。(写真作品)

また会期中の2月7日午後2時より(予定)山本冬彦さんと大矢雅章他2名による「若手作家とコレクター」ということでトークショーを開催します。たぶんいっぱいしゃべります。みなさんのお越しをお待ちしております。

詳細は佐藤美術館WEBでご覧ください。
d0134629_21494870.jpg

[PR]
by guruguru-kobo | 2009-11-17 21:51 | 展覧会情報 | Comments(0)