美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
つむじ風食堂の夜
つむじ風食堂の夜


年末の六本木の昼下がり、珍しくすっぽり時間が空いてしまったので、青山ブックセンターに入る。大江健三郎の新刊を買おうかと手に取るが、書店の一押しだと書いてある「つむじ風食堂の夜」を買ってみる。

パリに滞在するまで、カフェで本を読むような時間の使い方を知らなかったけれど、滞在中にカフェでゆっくりすることを覚えたのか、あいた時間に本を読むようなことが出来るようになった。本当に大きな変化かもしれない。

昼下がりのカフェではのんびりと本を読む人が意外に多いことに気がつく。まあ僕もその一人だけど。何の気なしに買った本の帯には、「こんな面白い本があったのか」とある。まあ大げさである。しかし帯や書店のポップはまんざらでもなく、独特な緩やかな文体がとても心地よい。とても短いセンテンスの中はごくありふれた食堂の常連達の日常が描かれていて、さらっと読める。さらっとしているが、後味を引くような印象である。そう、なにか温かいものにふれたという感じが残る。

読み終わって、面白い本だったと一寸調べてみると、すでに映画化になっている。主役は八嶋智人。映像化になって、この小説の持っている小さな日常がどんな風に形になっているのか見てみたい気がする。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-12-31 09:17 | 散歩 | Comments(2)
お騒がせしました。声が出てきました。
声が出なくなって3週間以上たちましたが、ようやくかすれていますが声が出てきました。いやー長かった。まあお騒がせしましたが、あと一週間くらいで元通りになる予定。 勝手に予定しています。

年頭からは展覧会が毎月あります。またみなさん会いに来てくださいね。今、ガンガン制作中。
でも下記の二つは旧作です。

○1月6日-24日 OOGI展 すどう美術館  
 詳しくは http://homepage3.nifty.com/sudouart
 扇子に絵を描いてあります。国内未発表です。
 
○ 1月14日-2月21日 山本冬彦コレクション展 佐藤美術館
 詳しくは http://homepage3.nifty.com/sato-museum/
 2月7日 トークショーにパネラー参加します。
 オブジェを展示します。


お騒がせといえば、我が息子。

昨晩、深夜に耳が痛いと泣き叫び、救急病院に連れて行ったら、けろっとしてもう何でもないという。なんてお騒がせな子供だろうとこの年末にきてびっくり。

我が父も前に、うーうーうなって、ひっくり返っていたので救急車を呼んで病院につれていったらもう何でもない。あのときは救急隊の人にもうわけなかった。

我が家は男の人がお騒がせな人種らしい。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-12-30 19:56 | ちょっと気になること | Comments(4)
気の強い女性のストロングな贈り物
「うぇ、まじー」と、頂き物のチョコレートを食べて声を出す。少しばかり声が出るようになって文句ばかり言っている。やはり黙っていた方がいいようだ。でもこれ、某高級チョコレート。実は僕はこのパティシエのチョコ大好き。でもたまたま食べたカカオ85パーセントのチョコはなんとも言い難いビターな味だ。選びきってこんなチョコレートを、バレンタインデーに僕にくれるような女性がいたら、きっとこの先は尻にひかれそうで、おつきあいはご遠慮させていただくかもしれない。一口食べた口直しにと、結局入っていたチョコをいくつも食べることになって、ちょっとtoo muchな感じ。美味しいものはちょっと食べるから美味しいのである。

実はこのチョコレートは内祝いに頂いたもので、中には仲むつまじい新婚さんの写真が同封されていた。僕はその写真を一目見て、最初目を疑った。と、いうのは新婦が新郎の肩に腕をまわしているのである。まあたとえるならばこれはヤンキー的に、「やあやあ」と互いに肩を組んでいるような、その一人版の写真で、新郎新婦がお披露目の写真として送ってくるようなものではないと思ったからだ。これは普通男性が「俺の女」的に女性にまわす手のまわし方で、その逆を初めてみた。「これ普通逆だろ!」絶対に奥さんが全主導権を握っていると思わせる印象的な写真だった。まあきっとそうだと思う。

誤解があると困るのだが、それに別に悪い印象があるわけではない。女性上位がはっきりと宣言されているのだ。実に分かり易い。実際に家庭は女性上位が平和なのだ。それを見て何度もこの女性は気の強い女性かと妻に聞いてみたが、まあ笑うばかりだ。そしてこの女性の顔は妻によく似ている。息子も間違たようだ。やはり血縁というのは色濃い。うちの息子は父に似てよく人を間違える。親まで間違えるおおうつけものである。

そんな女性から頂いたイニシアチブの効いたメッセージカードとこのパンチの効いたチョコ。なんとも印象的な組み合わせで、この女性のことは僕の中でパンチの効いた女性とインプットされた。送りものにはその人の気持ちが現れる。頂き物を開けるのは実に楽しい。この贈り物には「私ががんばります」というメッセージが込められているように思う。

二人が末永く幸せであって欲しいと、今度は甘いチョコを食べながら思うのである。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-12-29 20:16 | ちょっと気になること | Comments(0)
すこし早いクリスマスプレゼント
d0134629_04149.jpg


僕の身の上には、時々自他を驚かせる「えっ!」ていう出来事がおこります。まあ例えば今回の失語だったりとまあいろいろあります。それはたいてい体調が極度に悪かったり、極端にマイナスな出来事が起こるときは、その出来事を打ち消すくらいに楽しい出来事が起こるのです。時に順番が逆な場合もあります。これが不思議といつもそうなのです。でもいつその騒ぎが起きるかは本人も分からないのです。

未だに回復の兆しをみせない今回体調不良の等価交換には、いったいどんなことが降ってくるのか、じつは最近密かに楽しみにしていたのですが、おもっても見ない封書が届きました。

2010年5月末ー8月まで国立台湾美術館(台湾)で開催される「日本版画主題館」展に作品が招待展示されることになりました。これは同美術館で開催されている台湾国際版画ビエンナーレの過去13回分の日本人の受賞者28名の受賞作品と近作を展示するものです。この展覧会は14回台湾国際版画ビエンナーレの特別展覧会としてカタログも制作される展覧会になります。

自分の作品が外国の国立美術館の企画展示に選ばれ、また過去の受賞作品と近作のアベック展示。こんな嬉しいことはそうそうありません。そしてこれは作家としてとっても栄誉なことです。すこし早いですが、どうやら我が家にはサンタさんが知らないうちにやってきたようです。今回は払っている代償が大きいので、喜びも一入です。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-12-24 00:15 | 展覧会情報 | Comments(5)
仕事しすぎというけれど
「僕は馬鹿のなので病気になって初めて制作(仕事)しすぎたなあと分かるのです。」これは銅版画の巨匠深沢幸雄先生のOB会での挨拶。作るのが好きな人はそれ自体が傍目からみたほど、そんなに負担のかかるものだと認識していないと思う。針の穴に糸を通すような作業を何時間も集中してするのだから、本当は体に負担がかかっているのだと認識しなくてはいけないのかも。

まだまだ回復の見込めない体調をかかりつけ医に見てもらうと「仕事しすぎでではないですか。仕事のペースを少し落として」と、言う。父も思い出したようにそう言うのだが、本人はもっとやったほうがいいと思っているのだけど。昔から何事にも凝り性なもので、さらに負けず嫌いと完璧症が加わって、やめずにはいられないのです。

今はだいぶ制作する時間も以前より少なくって一日10時間程度になっているので本当はもっと長く作りたいんだけど、まあそんなものかとこのあたりが落としどころかもなあ、と、病気になって初めて思う僕もまた馬鹿の一種なのかもしれません。

病気というのは最初に本人の一番弱い部分からなっていくものだから、しらずしらずの内にリミッターが利くように信号を送るのかもしれません。

今は年始の阿波紙ファクトリーの企画展の新作銅版画を制作中です。ここ一年くらい前から少し作り方を変えてより美しい絵はだを作ることを目標にしています。これにはものすごい長い時間と根気が必要なので仕事しすぎは当分なおりそうもありません。

馬鹿は死ななきゃ治らないとは良く言ったものです。でもあと30年くらいは同じペースで仕事したいので、馬鹿も時々休み休みにしなくてはと少し反省が必要です。これは来年の目標にすることにしましょう。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-12-21 11:54 | ちょっと気になること | Comments(0)
原作を超える
漫画でも本でも映像化されるときに、原作とのギャップに苦しむことが多い。特に失敗した作品は09年で言えば「神の雫」だろう。原作がすばらしいのに、あのギャップときたら、目を覆うものがあった。

昨日、浅田次郎の「椿原課長の七日間」がドラマ化されたが、これは原作も面白かったが、キャスティングが良かったのか、とても面白いドラマになっていた。ひさしぶりに登場の田中美佐子もさることながら、さすが二時間ドラマの帝王の演技に安定感がある。やはり脚本もそうだけど、安定した役者の演技あって初めて演出の良さが引きだされるなあと感じてならない。

いろいろなことがチームの作業から個人のスキルに頼る仕組みになって久しいが、映画やドラマなどはチームで時間をかけて作るものには、さまざまなハーモニーが合間見合って素敵なものを生み出せ環境がまだまだ残っているのだと痛感させられるものがある。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-12-20 10:57 | ちょっと気になること | Comments(3)
牛乳パックのふた
最近紙の入れ物に入ったウーロン茶を良く飲む。俗にいう牛乳パックというもの。でも昔からこれがどうしても上手く開かない。左右に強く引くとあるが、何回やっても開かない。そして少しこぼれる。これがまたイライラっとさせる。日常の些細なつまずきである。

最近テレビ番組の特集で、高齢化社会に向けてペットボトルのふたに入っている縦線の番数をコントロールすることで、蓋を開けやすくする研究が進んでいるとこと。この紙の入れ物は大昔からズーとこの形。これって使い易いものなのかと、毎日思いながら開けている。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-12-20 10:45 | ちょっと気になること | Comments(0)
泥棒にご用心
僕が住んでいる所も、最近は人口が増えてきてなんだか物騒になってきたようだ。いろいろな国の人たちも増えたし。まあそれは偏見だけど、昔からこの地域は異人の悪さに手を焼いているのだ。

今朝、僕の住んでいるマンションの一階に空き巣が入って窓ガラスが割られたという。この寒いのに窓ガラスが割られていたという事実を見たときに、どんなにショックか想像に易しい。とても若い夫婦でほんとに可愛そう。

たぶん僕だったら赤い顔から血の気が引いて青くなりそうだ。

身近にそういうことがあると、まず自分にもと思う人と、自分には関係ないと思う2種類に分かれるが、僕は前者の方なので、今日は買い物に行くために家を空けるのがなんとも不安だった。

昨晩の深夜にコンプレッサーのホースが裂けてしまって、今朝は一番で買い物に行こうって思って。さすがに10年過ぎるものも大夫いかれてくる。もし泥棒が入ってもそんなものだけ持って帰ってくれるといい。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-12-16 18:00 | ちょっと気になること | Comments(0)
お仕事なんですか?
お仕事なんですか?って聞かれました。耳鼻咽喉科で。
声が出なくなって早いもので一週間近くが経って、そろそろ心配になっていて、病院に行ってみると、「あーこれは声は出ませんね。お仕事なんですか?」って。カメラを飲んで、先生「これ見えますか?かさぶたです。」はっ?体の中にもかさぶたって出来るの?新発見。先生「まあ1週間では治りません。まあ2週間って感じでしょう。とにかく声を出してはいけませんよ。」地獄に落とされた坊さんの昔話のようなシチュエーションです。

それって今年は無口で終わりってこと。宴会もなし。打ち合わせも全キャンセル。あー予定が狂うー!

そんなことで、これをご覧になってくれている皆様、そういうことで電話には出れません。無口が美徳なのは多分日本だけでが、たまには無口でミステリアスな人に変身中です。別に素っ気なくなっている訳ではありませんから。あしからず、ご容赦ください。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-12-15 16:25 | ちょっと気になること | Comments(2)
失語
早いものでもう一週間近く声がでない。ああ困った。仕事関係で頂く電話もままならず。会う人会う人に小声で説明するのも疲れる。

でも不思議とあんまり本人は深刻さはないようで、みんなぷっと笑ってお大事にと早々に電話を切る。

いつまで続くかこの失語。

そのうちこの体験を元にエッセイを書こうかな。
[PR]
by guruguru-kobo | 2009-12-14 20:08 | ちょっと気になること | Comments(0)