美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
展覧会の搬入
d0134629_2347401.jpg
展覧会の搬入はとても時間のかかる作業です。今日は優秀なスタッフが入ったにも関わらず6時間ほど掛かりました。今回の会場には、普通の人が見たこともないような、大きなスピーカーがあります。画廊というより、プライベートシアターと言った方がいいのかもしれません。そんな会場にぴったりと作品を展示するのは結構難しいものです。

几帳面な作家の方は、会場の寸法からマケットを作ってイメージを掴んだりする方もいますが、僕は図面から割り出してほとんど会場で迷わない図面を引いて展覧会の準備をします。

d0134629_23475730.jpg

今回もそうやって作業をしましたが、今回は天井が予想より高かったり、大きなスピーカーがあったりしたので、予定より少し時間が掛かったなあと感じています。でも結果的には春らしい軽やかな展覧会になったなあと思います。

d0134629_23474778.jpg


会場の周りの運河の桜もほんのり咲き始めそうな感じでした。このまま温かくなると一気に桜も開花してくる気配を感じました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
d0134629_23475472.jpg

個展の詳細はこちら
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-03-31 23:51 | 制作日記 | Comments(0)
東北地方太平洋沖地震義援金収集ボランティア活動に参加します
東北地方太平洋沖地震義援金収集ボランティア活動
多摩美術大学版画 一律1,000円チャリティー販売について

 3月11日の東北地方太平洋沖地震に於きましては、被災された皆様、また関係者の皆様に対しまして、謹んでお見舞い申し上げます。そして、一早い震災からの復興を信じ、我々も皆さんと共に協力して参りたいと存じます。

 多摩美術大学版画科では、様々なイベントに於いて小品版画を販売し、その売上の一部を各福祉活動団体へ寄附させて頂いている活動を10数年間行っております。

 昨年秋に多摩美術大学美術館で開催されました「PRINT COMPOSITION 2010 - 多摩美術大学版画の40年」関連事業に於きましても、出品者、学生の作品のチャリティー販売を行い、皆様のご協力のもと、多摩市の福祉団体へ支援金を納めさせて頂きました。

 そしてこの度の東北地方太平洋沖地震の義援金活動と致しまして、世田谷美術館で行われる友の会主催の「さくら祭」に於いて、同様のチャリティー販売を急遽行うはこびとなりましたのでご案内申し上げます。
 この度のチャリティー活動は、多摩美術大学版画卒業生OBが中心となり、学生・卒業生の版画作品などを一律1,000円で販売を行い、チャリティーの売上の一部は震災支援団体(各地方社会福祉協議会、日本赤十字社、国境なき医師団)を通して被災された皆様のために寄付させて頂きます。

 今回のチャリティーでは未来の作家である学生作品、そして協力頂いた卒業生の多くは、コンクール受賞者や個展・グループ展などで現在活躍中の新人からベテラン作家たちの作品を販売致します。
 今週末、世田谷美術館の「さくら祭」にお出かけの皆様に、ぜひ多摩美術大学のチャリティー版画販売のブースへお立ち寄り頂けましたら幸いです。

日 時:2011年 4月2日(土)、4月3日(日)
    
    10:00〜16:00

会 場:世田谷美術館さくら祭
    世田谷美術館エントランス広場〜くぬぎ広場
   (雨天の場合は美術館創作室に変更)
※当日の車両入構はお控え頂き、公的交通機関をご利用下さい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
上記のイベントに作品を出品しています。お近くの方にお出かけ頂けら幸いです。上記の文章は企画者の方の文章を転載させて頂いています。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-03-31 23:10 | お知らせ | Comments(0)
言い伝えを守って
ウェブ上のニュースの中に気になるものを見つける。震災のニュースも3週間を超えて来て、現地の様子を伝えるものから、どうやって生き延びたり、被害に遭わずにすんだのかを伝えるものが多くなってきたように思う。

石碑というものは、どこにでもあるけれど、わざわざ石に書いて伝えるような重要なことなのに、よくよく読んで見たこともないが、今回の被災地では大昔の言い伝えを守って、その石碑の文章に従って被害を間逃れた人が多いと聞く。先人の知恵を聞く耳を持っていることは、時代が変わっても大事なことだと考えさせられる。

僕の住む町にもなにかあるかと訪ねて見ると、戦争の時に作った防空壕が沢山あるので、その上に家を建ててはいけないと言う。僕も子供の頃に、その防空壕には絶対に入ってはいけないとなんでも言われた記憶がある。記憶にある範囲で、その防空壕が一度、甚大な水害を起こしてから結構埋められたが、実はまだまだ沢山あったりする。

先人に聞いておくことはいつでも出来そうで出来ないこと。聞いておけるときに聞いておきたいと、今回の震災を経て強く思う出来事となった。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-03-31 00:05 | ちょっと気になること | Comments(2)
飲みにケーション
d0134629_1431982.jpg午前3時にかわぐじかいじ作の太陽の黙示録を読みながら、ゼータガンダムを漫画喫茶で見た。これこそ平穏な日常の中の特上の時間。そして始発に乗って帰宅。こんなイレギュラーな生活は規則正しい生活がモットーな僕のには滅多に縁のない話。

どうしてそんなことになってしまったかというと、遡ること、前日。仕事先で友人と久しぶりの夕食を約束していたら、聞きつけた上司がそれなら、さあ今日はみんなで久しぶりに宴会だ!と3時からそわそわして仕事も早々に切り上げて、夕方5時から宴会に。

久しぶりの愉快なメンバーで、気をよくした上司が一升瓶を机の上にどどーんとのせて、今日は沢山飲もう!と本当に気のおけないメンバーで上司、友人、後輩と、お店が閉まるまで楽しい時間を過ごしました。

まあ当然、5時からの宴会なので、計画停電の影響でお店が閉まると言っても早い時間で、二次会、三次会とあともう少し、もう少しまで電車は大丈夫と言っていたら、僕もすっかり話しに夢中になってしまって。最終電車は行った後。

でも、電車が無ければないなりに、またまた話は盛り上がり、三次会のお店でも「閉店なので・・・」気がつくともう誰もいなくて会計まで締めてあって・・・。

帰りを心配する友人に、今日は道路で寝れば良いしと言って見ると、エーということで、タクシーに家までいくらと聞いてみると1万円以上かなって言われてしまい、結局朝まで漫画喫茶に滞在。

なんだか喉ががらがらするなあとよくよく考えると、昼12時から深夜2時までお喋りをしてしまった。その間、ずーと版画の話。いやいやよくよく仕事人間です。でも誰も個展の前で忙しいじゃないかなんて気にもしていないところが気のおけない人達です。

先日お会いした年輩の方が、飲みにケーションが大事です。と言っていました。そういうのってだんだん流行らない世の中になってきたのかもしれませんが、僕の周りはたばこをスパスパ吸って、気の済むまでお酒を飲んで、あーでもない、こーでもないとフリートークに花が咲く素敵な飲みにケーションが普通にあります。すぐ飲みに行くっていうと、昔の人なんて言われますが、ピコピコと電話に向かっているよりも、面と向かってなんでも話すことが仲良しへの近道だと思うのです。

最近は自宅の仕事が多いのですが、たまには飲みきれないくらいのお酒を囲んで時間も気にせず愉快にお喋りするのもいいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個展情報!
明後日(金)から個展が始まります。門前仲町から画廊への道は沢山のお店があり、また運河にはこれから桜が沢山咲いてきます。まだまだ情勢が落ち着きませんが、是非お出かけください。初日は11時から終日画廊に在廊します。4月1日なので、嘘ばっかりぺらぺらと話して一日を過ごそうかと今から楽しみです。

展覧会詳細はこちら。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-03-30 14:40 | 交友録 | Comments(2)
朗読を聴く
d0134629_10121652.jpg


4月1日より開催予定の大矢雅章X詩人 版画と詩による本の表現展では、詩画集星の詩韻のみ、詩人の朗読を聴くことが出来るように準備中です。

この詩は韻を踏んで書かれていることもあり、本当は自分で読むことが出来ればよいのですが、難しいフランス語の為に多くの方が読むことが出来ません。

また、フランス人でさえ、この難解な詩を理解することは難しいのではないかと、制作協力をしてくれたエクトールは言います。

そこで、まあ音の感じだけでも聞くことができると随分、詩から受ける印象が違うのではと、昨冬にパリで朗読をお願いしてきました。
d0134629_10221538.jpg

写真は左、エクトールソニエ、右、ロベールマルトー

現在編集も終わり、写真のように原詩と翻訳、朗読と併せて見聞きすることが出来る展示を検討しています。ロベールの声はとても落ち着いていてほっとします。この詩はもともと詩というより歌に近いそうです。是非多くの人にこの歌を聴いてもらいたいと思います。

あとは開催まで大きな災害がおきないように願うばかりです。

-------------------------------------------------------------------------
大矢雅章の在廊予定が決まりました。曜日によって時間が異なります。なお配布したご案内に最終日の曜日に間違いがありました。この場を借りて訂正させて頂きます。

1日(金)11:00-19:00
2日(土)14:00-19:00(オープニングパーティー16:00〜19:00)
9日(土)14:00-19:00
10日(日)14:00-19:00
16日(土)14:00-19:00
22日(金)11:00-19:00
24日(日)11:00-17:00(最終日)
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-03-28 10:24 | 制作日記 | Comments(4)
カメきち
カメラという機械が好きなのか、写真を撮るのが好きなのか、写真というものが大好きだった。過去形になったのは、以前より興味がないから。デジタルカメラというものが発売されて急に興味が無くなったと思う。上手く撮れているか失敗しているのか、そんな不安定な要素があって初めて現像したものを手にとって感動があったように思う。出来上がってくるまでの時間がとても楽しくもありドキドキした思いが残る。

そんなことなので、写真を撮るということにある種絶対的な自信があるのに、先日久しぶりに作品撮影をしてみると、ほとんど全てが失敗していた。我ながらビックリで、久しぶりにやることは腕が落ちるなあとガックリしたが、よくよく写真をパソコンで見て見ると、なにかおかしい。長年のキャリアから自分の腕を信じたい気持ちもあるので、久しぶりに銀座ニコンのカスタマーズショップで点検をして見た。
d0134629_14323858.jpg

(現在愛用のD2Xとジッオのカーボン三脚)

カメきちなんで、機材はプロ用のものを使っています。普段使いにこんなものを使っている人がいたら、それはフェラーリを公道でチンタラ走らせているのと同じようなものです。

最近の頻度から考えるとまさか壊れているとは思わないので、やんわり症状を話してみて預けてみると、ボディーではなくレンズが壊れていると診断された。やっぱりね。壊れていることもハッキリしてこれでやっとスッキリ。以前は使用頻度が高かったのでしょっしゅう点検なんかをしていたけれど、カメラは使っても使わなくても点検が必要です。

カメラのことで言えば、僕はI love nikon党なので、一眼はニコン以外使ったことがありませんが、ニコンのプロ用F一桁機は本当に使い易い。そしてニコンはなにしろシャッター音がいい。僕はF3、F4、F5と買い換えて来ましたが、特にF5は使い易かったなあ。これを使ってしまうと他のはちょっと考えられません。最初はFE、FE2と始まりましたけどね。学生時代にアルバイトをしまくって中古でいろいろ買いそろえたものです。大学6年間本当によく写真のバイトをしたなあと懐かしいですね。その頃、写真を撮った人って結構みんな各業種で有名人になりました。やはり早いうちから意識の高い人は成功しますね。

現行機のD3なんかはオートフォーカスの使い勝手や撮影画像の確認方法がD2Xから極端に良くなっているので、買える物ならすぐに買い換えたいのですが、仕事で使わない人が使うようなものでは価格でも性能でもありませんね。前みたいにいつも使っていたらすぐに欲しいのですが・・・。

最近はデジカメとパソコンでの簡単撮影時代になったけれど、暗室に籠もってなんどもなんども気に入るまで現像をしていた頃のほうが写真が楽しかったなあとつくづく思います。結局、良いカメラには良いパソコンが必要で、とんでもない金額を投資しなくてはならないのが今の現状です。

版画も写真もどこか手の届きそうで、手の届かないもどかしい所が、僕の好きなものの共通点かもしれません。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-03-27 14:52 | ちょっと気になること | Comments(2)
美術の日
例年なら版画協会の審査なんかで、丁度上野にゆく頃だけど、今年も京都で開催なので上野には用事がないが、26日から再開した国立西洋美術館で開催中のレンブラント版画展と上野の森美術館で開催中のVOCA展、他を見るために都内に出向く。

他にも沢山用事があって朝から順番に都内をぐるぐる回ることになったけれど、人が本当に少ない。電車の中では年齢関係なく女性達があーでもない、こーでもないと地震や世情のことを話していたけれど、どれもこれも首をすくめて自宅にいたけれど・・・という話が多い。せめても明るい話題は今日は青学の卒業式だったようで、綺麗に飾った人達が楽しそうにしていたことかなあと思う。やはり卒業式は華やかでいい。

さてそんな中でも免震構造をうたっている国立西洋美術館には黒山の人だかり。やはり人気の展覧会は見るのが大変です。なんだかパンダを見に行ったことを思い出します。
d0134629_20582664.jpg


今更レンブラントの版画でもないのですが、これも最近興味を持って研究対象にしています。特に今回の展覧会は研究色が強く、和紙を使った作品や、ステート刷りに焦点を当てています。またカタログも非常に立派で研究資料として非常に有効だと思います。今回はこの立派なカタログを会場に持参して一つ一つゆっくりと見て来ました。
d0134629_20522631.jpg

いろいろな美術館から作品を集めての展覧会ですが、やはりコンディションとして、大英博物館の所蔵のものが一番程度がいいのではないかと思います。しかし残念ながら大英博物館からのものは、作品があまりにも綺麗に保存されていて、もともとの状態を想像しにくい点が残念です。この場で上手に説明ができませんが、和紙に刷られているのの余白がすべて綺麗にカットされていて、最高に上手に台紙に張り込んであるようにみせているので、最初から雁皮刷りをしてあるように見えるのです。あまり詳しく知らない人が見ると、上手な雁皮刷りだなあなんて思ってしまうかもしれません。唯一余白まで当時の和紙が残っていたのはメトロポリタン美術館からのものでした。これは当時のコンディションがよく分かります。

ある意味非常にマニアックな部分まで追求された素晴らしい展覧会です。銅版画をやっている人は是非見て欲しい展覧会ですね。でもやっぱり壁に掛かった小さな版画をみるのは疲れます。

しかしレンブラントの銅版画、特にエッチングにドライポイントで加筆した作品はしっとりとした表情があって本当に素晴らしいものです。これは素描を忠実に再現したいという思いが感じられます。当時から人気があり他の作家の油彩画と同じくらいの価格がしたものがあったというのも分かります。

同じ上野で開催の若手作家の登竜門のVOCA展もトークショーがあったので人だかりが凄かったのですが、毎年見ている感想を言えば、絵画とイラスト、漫画の区分がますますなくなってきたなあと感じました。僕のイメージする絵画はこの中にはありませんでしたね。この先の絵画の方向がどこに向かっていくのか、これから10年の動向が気になります。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-03-26 20:55 | 散歩 | Comments(0)
ルオーの銅版画
ジョルジュ・ルオーという宗教画を沢山残した作家がいる。油彩画が有名で東京のブリジストン美術館なんかにも作品が収蔵されているパリで活躍したフォービズムの作家だ。

特にこれといって今まで興味はなかったのだけど、銅版画のシュガーアクアチント(リフトグランド)という技法について研究していたらこの作家のことが急に気になってきた。

昨冬、パリのポンピドウーセンターでルオーの銅版画の原版と作品が展示されていたのでちょうど良い機会だったので写真を撮ってきた。この作家はまず最初に当時の写真製版の方法を使って製版したものに加筆をしてこのようなコンテで描いたような絵肌になっているらしい。
d0134629_20221832.jpg


d0134629_2022351.jpg



細い線で描くものがエッチングと呼ばれていた時代に、一人こんなマチェールの絵肌の版画を作っていたらさぞ奇人変人呼ばわりされただろうと思うが、後生に残る作家とはそのような人達なのかもしれない。銅版画の連作が有名なゴヤも当時発明されたばかりのアクアチントを多用して、当時としては珍しい銅版画を作りあげて現在へと作品が残っている。

銅版画作家にとって自身のトレードマークになるようなマチェールを見つけるのは時間が掛かるし、会得するのには大変な時間が掛かる。これまで古典の作品を詳しく研究したことはあまりなかったけれど、最近は歴史と共に古典の作品を研究することが多くなってきた。

僕もまた少し変革期に差し掛かって来たのかもしれない。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-03-25 21:43 | 制作日記 | Comments(0)
見える怖さと見えない怖さ
見える怖さと見えない怖さ。見る驚き、知らない間に忍び寄る驚き。どちらも今日の出来事としてある。

乳幼児のある我が家では、すこしづつ生活圏内に忍び寄る見えない怖さに真綿で首を絞められる思いでニュースを聞く。

またまた東京消防庁の科学処理班が都内に急行し、事なきを得たと聞く。不審物は調べると大量の花粉だという。さぞ隊員の方々はホットしてヘルメットを脱いだことだろう。

まるで硫黄のように積もっていた花粉は、原子力発電所の事故と無関係に思えと言う方が不自然である。みんな見えない恐怖におののいているのだ。放射能は見えないと言われていても、見える不審物に怖くなるのも当然だろう。

当然我が家にもうっすらどころではなく黄色く積もっていた。これを見ただけで具合が悪くなるのは、花粉症故の拒否反応だろう。

どちらも大変に気分の悪い出来事である。電話口の声がひどく具合が悪そうなので、たびたび心配されるが本当につらい。やる気いつもの二分の一くらいと言ったところだろうか。

毎年春の訪れとともに絶望的な具合の悪さと戦うことになっているが、大抵そんな時期には青い空に咲き誇るピンクが見える。今日はそんな桃の花がいつもより綺麗にみえるのは、うっすら杉花粉の黄色が掛かっているからかもしれない。

d0134629_16435186.jpg

[PR]
by guruguru-kobo | 2011-03-24 16:49 | ちょっと気になること | Comments(0)
右向け左
毎日あちらこちらから今回の震災に関連したご連絡を頂く。なかにはとてもナーバスになっている人もいたりするが、直接的な被害にあっていない東京近辺の大多数の人は、メディアに耳を貸さずに節電と無用な買い物や出歩きをしないことが、今現在出来る大多数の人にかせられた義務であるように思う。

大根が一本800円だなんてニュースが流れたが、近所のスーパーでは198円で販売されていた。電池は九州のヨドバシカメラでも完売らしいが、幸い我が家はまだ停電が一度もないが停電もたかが3時間の問題で乾電池の必要もさほど感じない。あまりピンポイントの情報をさも全国一律のように情報を流してもらっては困る。

僕は大晦日もみんながサッカーを見るために自宅に引きこもっている時も、全く見向きもせず、いつも通り、アトリエで同じだけ制作をしているので、今日も一人マイペースに制作を続けている。そんな態度が非情だと言われることも多いが、噂に右往左往されて世間を混乱に巻き込むことに荷担するほうが余程たちが悪い。
d0134629_1225338.jpg

そんなことを考えつつ、シルクスクリーンの刷りをせっせとしている。シルクスクリーンは自宅では刷りしかできないので、他の作業を何回か町田国際版画美術館の工房で制作を行って作業を続けているが、町田の工房は版画美術館だけあって実に快適でいい。それとスタッフの皆さんがとてもいい。

今回の詩画集では直筆の文字をシルクスクリーンにするための製版を業者に委託して制作したり、版画美術館で制作をしたりと、シルクスクリーンの比重が結構多かった。普段やり慣れないので大変な作業だけど、またこれまで関わりのなかった人達と出会えたりと楽しい制作となっている。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-03-23 12:07 | 制作日記 | Comments(0)