美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ツイッター
d0134629_16515816.jpg


全く興味はないのだけど、情報を見るのにはとても便利だというのでちょっと覗いてみた。なるほど、みんな今体験していることを一言だけ言いたいらしいということがわかる。

昨日は待ちに待ったiPad2の発売日だと一昨日の晩に情報が流れた。いったい何時から並べば購入出来るかと、いろいろ考えていたらツイッターで世の中がどんな動きをしているか見てみようという気になった。

確かに便利だ。「今、何人並んでいます」なんて情報がリアルタイムに分かる。なるほど、これでは芸能人はたまったものではない。ブログも良いけれど、リアルタイムの情報が手に取るように分かるのは実にいい。でも自分で発信する気にはなれないけど。

ブログに自分の体験した出来事を日記のように書く人には実はそっちの方がいいのかとかも思うツールだ。まあ文書を長く書くのも慣れていないとなかなか出来ないし。

しかし次々と新しいものが出来てきて、ちょっと気を許すと全くついて行けないなあと感じる。

結局、その情報を素早くキャッチして早朝から購入まで約3時間並び、めでたく発売日に購入できた。しかしあんなに楽しみにして買って見たものの、簡単そうに見えて大変不自由な機械で、まだソフトもうまく対応していなくて僕にとっては使い勝手が悪いものに感じる。昨日はその後一日イライラしながら小さな画面に向き合うことになってしまった。やっぱり、マックブックエアーにすればよかったなあとはやくも少し後悔気味だけど便利に使いこなすまで頑張らなくては、今後新しいものに全くついていけなくなりそうで怖いので、ここは頑張りどころのように感じている。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
この新型は軽いのが売りの一つだけど、どうもそれが弱点みたいで、ぶつけるとすぐに壊れてしまうらしいので、結局しっかりしたケースに入れることに・・・。本末転倒とはまさにこのことです。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-04-29 16:37 | ちょっと気になること | Comments(0)
英語ノート「Drawing as Print」
現在制作中の素描としての銅版画について記載してあります。素描としての銅版画は96点全8冊を完成予定として制作中で、1冊のたとうに12点の銅版画と関連した書き下ろしのエッセイが入る作品として現在制作が進んでいます。


d0134629_214941100.jpg

Drawing as Print

I am making “Drawing as Print” and I am going to make 96 small print works from this April until next September because I want to show a new solo exhibition of the works. This exhibition will be different than previous exhibitions that I have done because the audience can handle original prints.

Generally, It takes a long time to make an intaglio work. But this time, I am going to work faster and make intaglio works quicker. It will look like drawing on paper. This time, I want to make prints of my artistic feelings. I haven’t finished my drawings yet, so I am going to looking forward to finishing my images in order to making prints. It is very sensuous so it isn’t perfect but it represents my feelings. I will change my images to translate my feelings into print. I want to make my new images from within my feelings.
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-04-28 00:01 | 語学 | Comments(0)
他人の目
d0134629_10382078.jpg


「はい、500円ね。」と何回か電車で目の前に座った女の子が隣の男の子に言っている。最初はなにかなあって思っていたら、男性がちょっと女性の手や体に触れると、500円の罰金らしいということがわかった。そう言われても、男の子はペタペタペタペタとちょっとだけ触れるように触っては笑う。たぶん感じからすると18.9才だろうが、お付き合いを初めて間もないお二人なのだろうと勝手に思う。きっと女の子には公共の場で恥ずかしいなあと思う気持ちがあるのだろう。

面白い約束事だと暫く二人のたわいないやりとりを眺めていたら、その内男の子だけが手を握ったままいつの間にか寝てしまった。女の子は困ったなあという感じで横を向いていたけれど、その手を離すこともなく、長い間電車に揺られていた。その困ったなあは、周りから見られている視線を自意識過剰に意識しているからだろうと勝手に考察する。

外国人は公共の場と自宅の中でも同じようにスキンシップを取るが日本では厳しい他人の目がそれを許さないように思う。最近はまあ人目も気にしない人達が増えたけれど、それでも日本人は日本人のアイデンティテーにそぐわないものに対する他人の行動を批判監視する目を持っている。

そういったことをきっと女性の方が敏感に感じるだろう。お構いなしですやすやと寝てしまった男の子には想像もつかないだろうが・・・。そうやって日本人は長い間、他人の目を気にすることで協調と調和の文化を創って来たのだろう。ふとした些細な出来事にはいろいろな多面性を持っている。たまには居場所を移して様々な出来事に触れることはさまざまな発見があり面白い。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-04-27 10:39 | ちょっと気になること | Comments(4)
個展が終わって
日曜日に個展が終了しました。時勢が不安定な中来場してくださった方々本当にありがとうございました。何事もなく無事に終わったことをこんなに嬉しく思った事はありません。

今回はいつも来場してくださる方とはちょっと違う顔ぶれが多くて、なんだか不思議な気持ちもしましたが、会いたかった人や、中には作品を見るために2回も会場に足を運んでくださった方、熱烈に高い評価を下さった方がいて、嬉しい気持ちと気恥ずかしい気持ちでいます。僕は褒められたことがあまりないので、面と向かって褒められると気恥ずかしいのです。

今回の詩画集2作品はある意味で、一年間の留学を挟んでのこの4年間の集大成になります。その中で新しい詩画集の「星の詩韻」を見て、僕が目指す方向性を僕が考えているように受け取ってくれた方が多くいたことがなによりも今後の制作の励みになります。今回はなぜ高い評価を自身がするのかということをはっきり論理的に説明してくださる優れた美術関係の方も数名いて、今までの流れの中での大きなターニングポイントになっていると実感出来ました。不安定な時勢の中でどういう結果になるか、少しばかり不安もありましたが、今回の個展の結果は自分の全く意図しない形で充実した答えを得たように思います。

前回、今回の個展と続けて自分の歩みの総括をしてみました。次回の新作個展は完全新作の約100点の銅版画の展覧会になります。「大矢雅章の銅版画の部屋 "手にとってみる素描としての銅版画と漆黒の大型銅版画"(予定)」2011年9月20日からすどう美術館で開催予定です。

いつもながら、このブログを読んでくださっている方々のご支援をこの場を借りてお礼申し上げます。次回の発表は、6月3日(金)に銀座の養清堂画廊で行われるイベントに、作品と共にメインキャストで参加予定です。またお知らせ致します。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-04-25 00:01 | ちょっと気になること | Comments(6)
とりとめのない話
d0134629_845219.jpg

先日一緒に食事をさせていただいたサラリーマンの方から、とりとめのない話ばかりで・・・。と翌日恐縮された。まあそれは社交辞令として受け取るべきだが、わざわざ会う約束をして、とりとめない話をして帰れることは、ある一定の良好な関係があってこそだと思う。

日本人はボクシングで言うジャブを会話の中になかなか出せない。本当はとりとめのない沢山のジャブの中から、その人の本心見抜くことで、お互いの距離をつかんでいくと思うだけど、どういう訳か多くの場合、相手をやり込めるストレートをすぐに打ちたがる人が多い。そうなってしまうと、当然話しをする気もおきないし顔をみるのも嫌ということになる。

そんなことで、僕はだらだらというわけではないが、振り幅広く、いろいろな話をするのが好きだ。別に僕の価値観を肯定されなくて結構だし、相手をやり込めたいとも思わないが、結果的に論客な方なので、やり込めてしまうことがおおく反省することがおおい。やはり純血日本人なのだ。

そう言っても話の中にそれぞれの価値観があり、それを見つけていくことが、人を知る上で楽しいと思っている。そういう地道な時間を経て、ストレートを沢山打っても、それはそれ。と、笑っていられる関係が出来るのだと思いたい。

最近、長く付き合いのある友人に役職がついた。役職というのはよさそうだけれど本当は、はたから見ているほど良いものではなく、名前の分だけ余計なことが多いようだ。そんな肩書きのある方は、仲間から、ちょっと食事に行こう。なんて誘われると、またなんか聞かなくてもいい話を持ちかけられるのではと内心びくびくとするだろうと心中を察する。

そんなこともあって、込み入った話はないけれど・・・。と前置きすると、僕らの長い友人関係にはそんな気遣いは不要なようで逆に恐縮させてしまう。気遣いというコミニュケーションも案配がなかなか難しい。

いつもとりとめない話を出来る関係をリベラルに作ることは、結局はお互いの努力の賜物なのだと、よくよく考えるとたどり着くが、賜物というだけあって、その成果にたどりつくだけのとりとめのない時間を共有出来た友人がいることを喜びたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日で個展も最終日です。11時から5時(閉廊)まで在廊しています。今日は抜群の散歩日よりです。是非深川の散歩にお出かけください。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-04-24 08:51 | ちょっと気になること | Comments(0)
芸術家の生活
d0134629_1037252.jpg

サラリーマンをしている方からすると、芸術家の生き方は摩訶不思議に見えるようだ。僕のまわりにはどういうわけかまっとうなサラリーマン生活をされている方、されていた方が多いので、その方達からは僕らは宇宙人のようにみえるかもしれない。

僕も当然その宇宙人の一種に入るのだけど、今回コラボレーションしている、俳人や詩人は僕とはまた違う宇宙人で、僕の生活とは全く異なる世界で生きている。だからこそ良いコラボレーションが出来たのかもしれない。

芸の肥やしに。とはよく言うけれど、美しいものを見て回るというのは大切で物を作る素地として目を養う大切な勉強方法である。どれだけ高いレベルの美に触れているかで、自分の作る美への追求基準が違ってくる。だから高品質な美に触れることが一番大事な勉強だと僕は思っている。研磨され、感覚が突き抜けているからこそ、いろいろなことを鋭くキャッチして、新しい形に生まれ変わらすことが出来る。

今回の展覧会には詩人はこないのですか。という質問を良くされる。大矢雅章X詩人とあるわけだから当然だ。フランス人詩人はともかくとして、詩画集糸遊の共作者、谷村秀格先生は、その芸を肥やす修行が忙しいらしく、今回は上京されませんと答えている。

この秀格先生のブログは、一日中狭いアトリエの中でじーと銅版と格闘している全く面白みのない僕の生活と比べると、サラリーマンの方がイメージする芸術家の生活かもしれない。

彼の生活を見ていると、僕も時々高品質な美に触れに、アトリエの外に繰り出さなくてはならないなあと思うのである。書を捨てて街に出よう。とはよく言ったものであるが、出不精の僕にとっては耳の痛い話である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんな個展の情報ですが、本日23日は大矢雅章は画廊に不在です。明日、24日は11時から17:00まで(最終日閉廊時間)まで在廊します。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-04-23 10:44 | 交友録 | Comments(2)
こんな日が来るなんて・・・・。
とうとう二人になってしまった。
こんな日が来るなんて思っても見なかった・・・・。と、父がしみじみと言った。

今日はこの言葉がとても印象的に残る。

両親にとって心配事の一つだった実弟の結婚が決まり、本日晴れて長く住み慣れた実家から新居に移った。もう毎日帰って来ないという現実は、家族はばらばらになって欲しくないといつも思っていた父にとっては、いつかはやってくる想像したくない現実だったに違いない。

いつかは自分が体験するであろう事柄を、父の姿に自分の未来を見たように今日は思う。
d0134629_20142879.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在開催中の個展に明日金曜日は11時から19時まで在廊します。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-04-21 20:17 | ちょっと気になること | Comments(0)
英語のこと
このブログで時々掲載する英語ノートは、英語の先生との授業をウェブに掲載するときにばらばらにならないようにここに纏めて掲載しています。掲載されている文章は、僕に必要なレベルで添削をしてもらったものを掲載しています。

今はだいたい毎日30分文法の勉強をして、週に1回、多い時に2回ほど、パリに住んでいるアメリカ人の先生とスカイプを使って会話と文章の制作の英語のレッスンをしています。その割にちっとも進歩していないのは、きっと語学の才能がないのです。これは非常に残念なことですが、才能があるなしに関わらず、語学は今やるべきこととして、語学は目の前に横たわっている大きな障害です。英語の習得が出来たらスペイン語をやってみたいと思っていますが・・。いつのことになるのやら。

d0134629_934427.jpg

d0134629_9375687.jpg


(先生とゴッホの描いたオーヴェル・シュル・オワーズの風景を訪ねた時の写真。)

そのレッスンは習い始めた当初は本当に大変でした。外国人がそうなのか、先生がレッスンの為にそうしているのか分からりませんが、兎に角なんでも説明させるのです。例えば、その白いまるはなんだ?、その線はどんな意味があるのか?などなど・・・。逐一聞いてきます。フィーリングで逃げるということが全く出来ないのです。そんなことで、そこまで説明することでない作品の話を短い文章で訓練させられています。そして一字一句間違いを指摘して再読させるのです。でも先生はとっても親切人のなので、困らせているのではないことは確かなのです。

僕にとって語学の勉強は本当に面倒ですが、もう数年続けているので、趣味になってきたように思います。まあ先生も友人に近い感じになりましたし。以前より苦にならなくなったことが救いですね。外国人とお喋りすると文化の違いでいろいろなことが分かって、世界にはいろいろな価値観があるということ知りました。それが分かっただけでも、語学の勉強してみてよかったと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在開催中の個展に明日金曜日は11時から19時まで在廊します。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-04-21 09:44 | 語学 | Comments(0)
英語ノート「The Star Rymes」
d0134629_2284719.jpg


About The Star Rymes

I made this work in Paris from 2009 until 2010 in Tokyo after I has returned from Paris. I collaborated with Robert Marteau in The Star Rhymes. The works consist of 12 poems and 12 prints. The theme is that all life a story lives under the sky. The 12 numbers represent time in Asia and Europe. I want to represent life from start to end. The poet made all of the poems from my pictures and he wrote all of the poems on the prints and the works have a Paris sky view on the back.

So, the works on one side represent each story.

About

No1: Represents the ultimate source of life.

No2: Represents cell fission and the nucleus of humans or stars.

No3: Represents that life has respective style and form.

No4: Represents that all incidents decide destiny.

No5: Represents that water bring is the source of all life.

No6: Represents chance in a chaotic universe.

No7: Represents that destiny is present in the universe.

No8: Represents that life shines.

No9: Represents that the life is finite.

No10: Represents that mother earth has new life.

No11: Represents the power of the sun.

No12: Represents heavenly bodies. All life turns around Polaris.
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-04-20 22:09 | 語学 | Comments(5)
英語ノート 「A Priori Towane 2011 serias」
I have used the same style and same theme in my works for a few years. Now, I am changing the representation of my works every year but many people don't see the difference. But, I need a long time to make a major change in my work style. So, I need high etching skill to represent my new imagery. Every time, I change my technique to my works I need to practice in using the new technique. I am making new works “A Priori Towane 2011” series. It represents the same theme as my previous works but it has another feature. I represent the flowers as a symbol of life. I use flowers in the work now because I communicate my image to other people and to help them understand my image.
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-04-20 21:48 | 語学 | Comments(2)