美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
年賀状

このところ、一家揃って風邪を引いてしまって、僕も久しぶりに大風邪で、あれだけ頑張った掃除も結局頓挫してしまった。毎年必ず元旦に届くように出していた200枚ほどの年賀状も、今年はそんなことですっかりやる気なく毎日が過ぎる。

そんな中、長男は元気がありあまるほどなので、多少の熱や風邪では保育園に行きたがるが、さすがに毎日熱があったり咳が酷いとそうも行かない。そんなことで、家で子供の面倒をみることになるが、5才にもなると年賀状のやりとりをするらしいので、年賀状を書かせることに・・・。

長男は僕に似て完璧主義な気質を持っているので、ちょっと自分が思ったように描けないと怒り出すので、怒ったりなだめたりして描かせるのが一苦労。この先きっと苦労するだろうなあと、先が心配になる。僕も、ものすごい怒りっぽかったのが直ったのはつい数年前のことなのでまあ仕方がないだろう。

その年賀状、昨晩は一枚書くのに一時間も掛かったが、今朝は機嫌良く数枚の年賀状をさっと書いてみせた。最近の流行は迷路らしく、僕も毎日白い紙に迷路を描かされている。機嫌良く描いたこの絵は、もらった大人はなんの暗号かと首を傾げるだろうが、子供通しだとさっと理解しあえるのだろうと思う。毎年沢山の変わった年賀状を頂くが、一枚一枚丁寧に描かれた年賀状はどんなものでもとても嬉しい。そんな年賀状の届くのもあと数日後のこと。一年が経つのは本当に早いとつくづく思う。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-12-26 10:34 | ちょっと気になること | Comments(2)
子どもの日
d0134629_12593244.jpg


特にクリスチャンでもないので、クリスマスというのは、子どもの日であってそれ以上のことがない。5歳になる長男はおじいちゃんが家のどこかにおもちゃを隠していると数日前から屋探してして抜け目がない。そんなことでいつまでサンタクロースを引っ張れるかわからない。もしかしたら今年で終わりということもある。

そう考えると次男とうのは実に可哀そうな存在で、兄弟の年齢差に応じて兄の信じていた迷信も、兄が思っていたほどは長く信じていられないものである。がしかしその分成長もはやいという利点もあるが。

この子どもの日に子どもが願うおもちゃやその他を用意することは最近では本当に大変なことで、かなり早く予約するか、せっせとおもちゃ屋さんにでかけていつおもちゃが入荷するのか調べなくてはならなかったりする。写真のケーキも12月のはじめには完売だった。

12月に訪れる子どもの日の準備は年々難易度が高くなってきているようで、ほかのことも忙しい年の瀬に、さらなるハードルとして存在するクリスマスという子どもの日は親としては大変な日である。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-12-25 13:14 | ちょっと気になること | Comments(0)
ゴミは宝の山
この冬は珍しく個展の準備がないお正月となった。とも言っても、年末ギリギリまでグループ展や、個展の後始末に追われてはいるけれど。

そんなことで、約10年ほど開かずの倉庫にして来た部屋を掃除しようと、一念発起して大掃除に取りかかっている。長い間増えるままにしていた道具や不要品は目を覆うほどの大量のゴミになったが、最後の不要品ゴミの収集に間に合わせるために結構必死に掃除することとなった。

併せてアトリエの掃除を始めると、細々と銅の破片が出てくる。捨てるのもどうかと思って、近所にある金属回収業者におそるおそる持ち込むと、量からするとびっくりするような価格になった。あまりに本格的な大きな業者なので、ひとかたまりくらいは相手にしてくれないかと思っていたが、とても丁寧なスタッフが何でも持って来て欲しいと言う。

そんなことで、すっかり安心して、エアコンから始まって、ありとあらゆる金属関係のゴミを持って行くと、ゴミに出そうと思っていた全てのものがお金に替わった。家中のいらない金属がお金に変わってホッとした。道理で不要品のゴミの日はいつのまにかゴミがあっとう間に消えて無くなるわけだ。日本のゴミからはとんでもない量のレアメタルや金属が回収されていると聞くが、今回のことでその実態がよく分かった。工場地帯に住んでいるのでよくよく近所を調べてみるといろいろな会社があって実に面白い。

今はちょっとした面倒を惜しまずに機転を働かせればなんでもお金になる時代。捨てるものは実はなんにもないらしい。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-12-23 13:40 | ちょっと気になること | Comments(0)
最後のリトルクリマス展 ギャラリー東京ユマニテ
明日から28日まで京橋のギャラリー東京ユマニテにて、全国で開催されたリトルクリスマス展が開催されます。この展覧会をもって、今年度は終了となります。まだご覧になってない方は是非この機会にご覧いただければと思います。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-12-22 00:07 | お知らせ | Comments(0)
イメージをつくる
先日、横浜美術館で開催中の松井冬子展の開会式にご招待されたので、なにかと話題にのぼる日本画作家の素顔がどんなものか興味があって出かけてみた。

会場は黒山の人だかりで、彼女の注目度がよくわかる。近所で開催中だった人気歌手の米米クラブの石井竜也さんの公開録音の番組よりも沢山の人がいたことが、その尺度にもなるだろう。

びっくりしたのが、開会式のその挨拶。「・・・私の作品を心して見てほしい・・・(中略)」とまあ、緊張していたとしても、心して見ろとは。ビッシッと決めたトレードマークの着物とはっきりした美人の口から聞くと、あんまり違和感はないにしろ、随分と強気だとびっくりする。それもそのはず、若干37歳で横浜美術館の個展を開催できるというのはちょっと前例がない。

よくメディアに取り上げられる彼女だが、作品と両輪で作家のイメージを自分のキャラクターにあわせて作り上げていることが成功していると思う。やはりはっきりとした言動や目に留まる衣装は見る側の興味をそそる重要な要素で、現在の作家には必要なエッセンスの一つではないかと思う。

まあそればかりが目立つ作家も多々いるが、作品はおどろおどろしいものの、しっかりとした古典の勉強のなされた,とても上質な基本に忠実な作りの作品で、内容はグロテスクだが、絵としては非常に美しいマチェールを持っていると感じた。これは先に開催された同美術館での長谷川潔展に共通する感想として挙げられる。

日本画も新しい境地を開拓するために、多くの作家がさまざまなマチェールの表現を模索しているが、やはり長い歴史のある技術というものは、ベーシックな技術を上手に使って、現代に即した内容を提示するのが、非常に上品で落ち着いて鑑賞できる作品になっているように感じた。まあ新しい表現を模索することも大切だが、好みからすると、どうも僕にはそういったものがあまり美しいものに見えないものが多いように感じてならない。

そんなことで、本人の作家としてのイメージ作りと作品の高いクオリティに感心するとともに、同時代に生きている作家の今後にとても興味が持てる展覧会だった。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-12-22 00:03 | ちょっと気になること | Comments(0)
お父さんの味
ちょっとあまり・・・。という食べ物の中のトップに甘い卵焼きがある。これは僕の不動の一番で、二番目にいなり寿司がくる。この2点に共通するのが、食べ物なのに甘い。と、いうことである。

食事を作る立場にあるので、家族にご飯を作るとなると、自分の好き嫌いは別としてやはりなんでも食卓に並べなくてはならないので、自分の好きでもないものを作らなければならくて実に困る。

冬の遠足に長男が出かけるというので、夫婦で早起きしてお弁当を作ったが、どういう訳か、次男がおきてしまって、結局は食べたことない厚焼き卵をひとりレシピ書を片手に作ることに・・・。よく見参考にしている、インターネット上のクックパットというこのレシピ集は非常に分かり易くていいがさじ加減が難しい。


そんなことで、なんとなくテレビで見た作り方を思い出して、厚焼き卵制作の初挑戦。4つある卵を全て使ってしまったので、oneチャンス、oneミート。なかなか綺麗に撒くのが難しい。なんとくカメラのフィルムを暗室でロールに撒くような感覚に近いかなあと、くるくると巻いていくのが結構おもろい。
d0134629_0153239.jpg


お料理は制作ととても共通点があって、まあ素材がちょっと違うようなもの。と、いつも思う。定番の唐揚げもいつも通りに完成して、朝6時には完成。唐揚げは全日からの仕込みと、キッチンの上の準備が大事。これは版画の刷りの作業にそっくりです。
d0134629_0154797.jpg


長い間、何の気なしにお弁当って食べていたけど、用意する側は本当に大変。親になって初めてわかる親のありがたみ。そんなものかもしれませんね。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-12-15 00:21 | ちょっと気になること | Comments(0)
京都の美
先日友人の結婚式に招かれて久しぶりに京都を訪れた。ちょうど紅葉のピークとあってか観光地には黒山の人だかりだったが、たまたまタクシーで通りすがった真如寺に立ち寄ってみることにした。一人旅というのはこういう勝手がきくところがいい。燃えるような紅葉とはこういうことを言うんだと、オレンジから赤に染まるモミジの紅葉を見て思う。考え事をするのには一人でお寺を歩いて回るはとてもいい。

d0134629_2120099.jpg


その結婚式では、本物の舞子さん、芸子さんが踊りを披露して、そのあと、一人一人にお酌して記念撮影に回っていた。見ると聞くとでは大違いで、選りすぐりの舞子さんの美しさと言ったら、近くでみると本当に息をのむような完璧な美しさだった。同席した方々も男性でも着物の方がいたり、女性も華やかな着物姿が多かったのが印象的。
d0134629_2202155.jpg


でももっと印象的なのは、前日の夜に本当に偶然に京都の道端で新郎新婦とその家族と出会ってしまって、初対面の新郎新婦の家族と深夜まで宴会したのが思い出に残ります。初対面とは思えない盛り上がりのフリートークを繰り広げて、まさかの翌日になってしまうとは全くの失念ですが、これもまたいい思いでになるでしょう。(写真は、シャープのコマーシャルにも出演した舞子さん)

d0134629_21194941.jpg


披露宴は友人の人望なのか人柄なのか、たくさんの方々が遠方からも列席していて、僕がこれまで出席した中で一番華やかな結婚式でした。そしてとってもいいスピーチが連発していたのが印象的です。ちょっとスピーチに感激しました。やっぱり関西はしゃべりが命ですね。僕もみなさんと同じように末永く幸せになって欲しいと願っています。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-12-13 00:01 | ちょっと気になること | Comments(2)
各地のリトルクリスマス展
先週から今週にかけて、関西と関東で開催中のリトルクリスマス展の会場を見に行ってきました。各画廊それぞれに考えられた額装や展示方法は同じ作品にみえない、それぞれの面白さがありました。展覧会はやはり額縁をしっかり考えて展示する必要があるなあとよくよく思いました。

神戸の三宮駅前にあるギャラリーあじさいでは、アクリルによるすっきりとした展示。これは見やすいですね。額もかっこいいし。ショッピングモールの中にあるので、いろいろなお店があって観光にはぴったりな場所でした。
d0134629_20443197.jpg

d0134629_20443763.jpg

d0134629_20444187.jpg


大阪のギャラリープチボアでは、画廊に所属する他の作家のクリスマス関連の作品と一緒に展示してあり、会場全体でクリスマスのイベントを開催しているようで、立体作品と版画の対比でこれもまた見やすいものでした。こちらの額もこの展覧会に合わせて製作された白地の細いモダンなものでした。こちらは明日までの開催です。
d0134629_20482557.jpg

d0134629_20482812.jpg

d0134629_20483548.jpg


最後は現在開催中の群馬県前橋市にあるアートギャラリーミューズ
それぞれの作品に合わせたカラフルな額縁が印象的な展示です。この展覧会は24日まで開催中です。是非ご覧ください。
d0134629_2053094.jpg

d0134629_2052549.jpg


日帰りで群馬までドライブすると約300キロ近い道のりがあります。朝出かけて行って用事がすんだらもう夕方。関西へ新幹線で行くのも関東をドライブするのも時間的にはあまり変わりがありませんね。
d0134629_2053314.jpg


ここ最近は西へ東へ大忙しですが、行く先々でいろいろな人と出会い、日々新しい発見がありました。そして現在開催中の銀座 養清堂画廊1階での展覧会も会期を延長して17日まで展示してあります。こちらもご覧下さい。現在銀座界隈では、加納光於氏がギャラリーユマニテ、渡辺達正氏がギャラリー椿で現在個展を開催中です。こちらもお勧めの展覧会です。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-12-12 21:04 | お知らせ | Comments(0)