美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧
カーボランダムのこと
d0134629_11485735.jpg


先日、版画協会会員のキャリアのある銅版画作家の方と技法のことについていろいろと話す機会があった。直接法で制作している方なので、ドライポイントやカーボランダムの方法についてに話の焦点があたった。

その方がカーボランダムについて研究しようと思っていて・・・。とカーボランダム技法のことを聞かれたが、僕もあまり使う技法ではないので、あまり良く知らず、そうなんですか。と聞くばかりだった。そんなことで、少し調べてみると、思っていたこととは違うもので、なるほど物事はよくよく調べてみる必要があるなあと思うことになった。

カーボランダム技法はコラグラフ技法の一種にあたるのだろうと思うが、銅版画や塩ビ板の上に、金剛砂やカーボランダムと呼ばれる研磨材を接着材で定着させて、紙ヤスリのような表面を版面上に作る技法だが、その語源になっているカーボランダムは僕はずっと金剛砂のことだと思っていた。

しかし金剛砂(こんごうしゃ)とカーボランダムは異なるもので、前者はもともと天然石のことを指していて、ガーネット(ざくろ石)やコランダムを砕いたものとあり、カーボランダムは炭化ケイ素(Silicon Carbide、化学式SiC)で、炭素(C)とケイ素(Si)の1:1 の化合物で、天然では、隕石中にわずかに存在が確認される。鉱物学上「モアッサン石」(Moissanite)と呼ばれ、また、19世紀末に工業化した会社の商品名から「カーボランダム」と呼ばれることもある。とあり、工業に開発された研磨剤で、工業的製造法で作られているとウェブ上にはある。

僕が混同して覚えていた理由のひとつに、現在では別物の工業用の炭化ケイ素を金剛砂と言っている業者もあり、金剛砂=カーボランダム、と現在はなっている場合もあるということも分かった。

そしてこの二つはリトグラフでの石の研磨材として使われているが、ムサビ通信教育のテキストによるとリトグラフの石の研磨の欄には「金剛砂の代わりとして人造研削材であるカーボランダム(炭化珪素)を用いることが多くなっています。カーボランダムは、黒色で金剛砂よりも硬度が高いのと切れ味が良いのが特徴です。金剛砂は、版画画材専門店や工業製品の資材店などで購入することが可能です。」ともあり同じような用途で使われていることが多い。そんなことが混同していた理由になるかと、改めて理解した。

このカーボランダム技法は、製版の際に銅板にカーボランダムを接着する方法が作家によってことなる。接着するものの種類は実はどちらでもいいのだが、問題は接着にある。多くの作家に聞くと、ニスがいい。木工用ボンドがいい。樹脂がいい。と様々な答えを聞くことが出来る。僕はG17ボンドがいいと思っているが、乾燥が遅く製版に時間がかかり自分でもあまり好きではない。今回話した方はまた今まで聞いたことのないものを言っていたが、ひとそれぞれだろう。まあこれを失敗すると、紙は破れるし、版はだめになるし大変なことになるだから用心にはこしたことはない。

この技法はスペインのタピエスの作品に使われているので、見たことがある方も多いと思うが、カーボランダムの番数(研磨材の大きさ)や接着剤の種類など組み合わせは、作家によって方法論が沢山あり研究してみるのには面白い方法論だなあと、少し調べてみて思うことになった。

(写真はイギリスの画材メーカーの4種類の番数のカーボランダム)
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-10-30 12:24 | 制作日記 | Comments(0)
本末転倒
d0134629_1147691.jpg


銀行のATMの長い列に並んでいると、時々、というかかなりの頻度で、係員が呼ばれて操作を教えている姿を見る。誰でも簡単に入金出来るようにしているはずが、実は窓口へ行った方が早いし、簡単だったりするように思う。この様子を眺めていて、いつも本末転倒なことだなあと思う。
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-10-29 11:47 | ちょっと気になること | Comments(0)
第12回版画展今日からスタートです。
d0134629_21111277.jpg


毎週版画教室の先生をしている多摩美術大学生涯学習の版画講座の有志展として、毎年この時期に版画展を開催している。今年は参加者90名148点と大変な数で事務は大変。

そんなことを一手にやっていますが、年中行事のようになっていて、また今年もか。という感じです。今年は初めて会場でワークショップ開催します。31日と1日に一日3回凹版画メディウム雁皮刷りという技法のワークショップを渡辺達正先生が開催します。

沢山の版画が一堂に集まります。趣味のレベルを超えた作品も多数あり、充実の展覧会になると思います。是非ご覧下さい。

会期:10月28日午後3時から11月3日午後5時まで
会場:文房堂ギャラリー
レセプション:10月28日午後5時ー
写真は昨年のものです。
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-10-28 00:01 | お知らせ | Comments(0)
学校の勉強
学校の勉強は役立たないとよく言うが、最近20年ぶりに勉強したことが役立った。僕は美術大学で版画の勉強を主にしたが、大学というのは、どんな大学でも一般教養というものがある。簡単に言えば、学科の勉強だ。

僕はあわよくば学校の教員にでも思っていたので、沢山の科目を受講していた。その教員免許を取得するのには、結構面倒な科目が沢山あって、その中でも僕は製図の勉強が苦手だった。平面から三次元に図面をおこす作業は、毎回苦痛だったことを今でもはっきり覚えている。

ここ毎日とても忙しい日々を送っているのだが、年の離れた友人の一生に一度みたいな急なお願いで20年ぶりにパースの図面を描くことになった。頼まれたのは良いが、いつまで?今すぐ3時間以内。という。

あまりのむちゃぶりにそれはムリ。言ってみたが、どうもムリは聞いてもらえそうもない、のっぴきならない雰囲気で、あとにも引けないので、結局すこしオーバーしたが、本気で約4時間集中して描いてみる。

関係者が固唾をのんで見守るなか進める作業は、まるで入稿待ちをさせている人気作家のようだったが、20年ぶりの苦手な作業を失敗できないプレッシャーは、想像を絶するもので、とてもくたびれた。

しかし、習ったことがここまで体にしっかり残っていて、途中からすらすら描けるようになったのは、僕自身も驚きで、やはり勉学に無駄はないなあと、友人の俺の目に狂いはなかった!という豪語と、関係者の安堵の表情をみて思うことになった。
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-10-27 11:22 | 交友録 | Comments(0)
凹版画の研究 ビュラン
フランスに留学するまで、ビュランというものに全く興味がなかった。それは、自分の見識の狭さから、ビュランで作ることのできる作品は、精密な描画のばかりだと思っていたからだ。

しかしそれは、一年間の留学を経て随分と見識も変わり、ビュランというものに興味を持って制作し、また研究することとなった。そんな折、京都在住の銅版画を研究している方、仮にAさんという方と知り合うことになった。

そのAさんの研究熱心さといったら、そんじょそこら人ではかなわない情熱と研究心をもっていて、自身で書かれた技法書はとても内容の濃いものになっている。僕も随分とその技法書から勉強させていただいている。ハイアマチュアや若い作家にはとても勉強になる書籍だろう。以前はウッドライク松村のウェブサイトからダウンロード出来たらしいが、今はやめてしまったらしく残念である。

そんなAさんがビュランの研ぎ器を考案されて送ってくれた。いつもなにかと研究しているものを送ってくれるが、今回のものはとても素晴らしい。著作権があるので写真掲載ができないのが残念だが、とてもシンプルな器具で、45度の角度に刃をぴったり簡単に研ぐことができる。

このような器具はアメリカ製ものや、スイス製のものがすでにあるが、どれも一長一短でこれが!というものがなかったが、この器具は銅版画用としてはとても安定して研ぐことができる。どこかで商品化して、アルミ削り出しで作ればより完成度の高い器具となって、ロングセラーになると思う。

ビュランは研ぎに何年、彫りに何年なんて言うけれど、僕は器具を使って誰でも簡単に彫ることを楽しめた方がいいと思っているので、このような新しい器具はどんどん興味がある人が改良して発表して欲しいと思う。

頂いた器具をテストするために研ぎだすと、すぐに綺麗に45度に研磨できた。最初に根性論ありきだと銅版画ってとても大変なもので、すぐにやになってしまうと思う。

なんだ。こんな簡単なものか。と入口を簡単にする器具がどの技法にもあると、作る人ってもっと増えて行ってくれるだろうなあと、この考案されたプロトタイプのテストをしながら思うのである。僕もなにか極めつけの器具を考案したいと思っている。

補足記事

このページについてですが、この記事に書いてある技法書の販売が2013年9月にはじまりましたのでご紹介します。
https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=237495
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-10-26 20:53 | 制作日記 | Comments(0)
凹版画の研究
d0134629_7532997.jpg


多摩美術大学の渡辺達正教授がまた新しい研究をはじめて、その研究成果を見せてくれることになり、八王子校舎にある研究室に伺いました。

なにかといつも新しいことに目を向けて研究されている方ですが、今回は版画協会展などでも見ることの出来る、メディウムはがし刷りをさらに進化させて安定して作品として応用できる方法を考えて、その方法論を教えてくれました。

このメディウムはがし刷りは現在は版画協会会員で作家の三瓶氏が自作の技術として研究展開していますが、もともとは、木版リトグラフを開発した多摩美の名誉教授小作青史先生の着案研究によるものです。僕も大昔、小作青史先生からマチエールの深い銅版画に使ったらどうかと勧められたことがあり、2点ほどそれで制作したものがありますが、僕はその当時はプレス機で刷る方が好きで、結局それを研究する方向には行きませんでした。

さて、この方法論ですが、その後いろいろ研究されたので当時と比べるとだいぶ行程が簡単ですが、出来上がったものはなかなかいい感じに仕上がりました。僕もこの新しい方法論で制作をして見ましたが、プレス機のない環境でしっかりとした凹版画を楽しむのにはとてもいい技法のように思います。

この技法で制作されたものは、10月28日から11月3日まで文房堂ギャラリーで開催予定の多摩美術大学生涯学習講座有志第12回版画展で一点だけですが見ることが出来ます。

(写真は制作中の凹版画メデゥム雁皮刷り技法。ボールペンで製版します。)
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-10-23 08:28 | ワークショップ | Comments(0)
フィールドワーク
d0134629_1813960.jpg


昨日に引き続き山歩きをする。今日は一人で大きな自然公園内にあるクヌギの木を探して散策する。コナラはたくさん落ちているが、クヌギのどんぐりはなかなか見つからない。

人が立ち入らない腐葉土の上はふかふかとまるで布団のように柔らかい。どんな生き物も育まれるときは柔らかい場所が必要なのだと、腐葉土をかき分けながら思う。どんぐりを拾いながら上を見る。大きな木はまるで大きく両手を広げるように広い範囲に枝を伸ばしている。そんな様子や地形を見ていくと、どんぐりがたくさん落ちている場所がある。子孫を絶やさぬように自然の植物も出来るだけ遠くに種を飛ばしている様子がわかる。

僕の作品はどのシリーズも自然の様子を観察して生まれた。特にオブジェのシリーズの「星霜への考察」は里山の自然を観察しその考察を形にした作品でもある。もそもそと連日の山歩きはまるで作品作りとかけ離れているように見えるが、自分にとっては新しい切り口を見つける探索なのだ。

そんな考察対象のどんぐりはなかなか見つからず、場所を変えてを探すことに・・・。自然公園からワークショップを開催する神社に隣接する公園にゆくと、そこにはたくさんのクヌギのどんぐりが落ちていた。そのどんぐりを一つ一つ拾っているうちにあることに気がついた。たくさんのどんぐり以外は落ち葉も落ちていない。

きっと管理人の人が意図的に遊びにくる子供たちに残しているのでは・・・・。と思い始めた。そうは言ってもまあ落ちている分だけでも綺麗に拾って帰ろうとした矢先、管理人の人に声をかけられた。

事情を話すと、事務所にしまってあったどんぐりを全部くれると言う。それとあと3日するとまたたくさん落ちると言う。まさに渡りに船で、これでどんぐり拾いも一段落。

今日は一人で斜面の草むらのなかのどんぐりを探した。いろいろな植物や虫がいて、小さな世界には沢山の命で溢れていることが分かる。何事も自分の目で確かめ足で探す。地道なフィールドワークから生まれる作品は、いつも僕の等身大で、今見ている僕の視点を伝えるメッセージであって欲しいと思う。
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-10-22 18:13 | 制作日記 | Comments(0)
親子三代山歩き
d0134629_17421045.jpg


次回の個展で開催するワークショップに使う団栗を探しに近隣の自然公園に行く。自然のことに詳しい父も同行してくれるというので、親子三代で山歩きとなる。

今年は、熊が人里で捕まるくらいなので、やはり山には団栗が少ない。いっぱいとって帰るつもりが、大きなビニール袋にぱらぱらと集まっただけだった。

それでも、田んぼの中からタニシを取り出して、孫に「ごちそうだ」と言って捕まえてみせるところがやはり山育ちの父らしい。

団栗なんてバラバラと落ちている印象があるが、今探しているクヌギの大きな団栗はなかなかない。ワークショップまでまだ時間があるので、また団栗を探して山歩きしなくてはいけないが、自然の中を家族で連れ歩くのもたまにはいい。
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-10-21 17:42 | 散歩 | Comments(0)
ふーん。
d0134629_9391114.jpg


ここ最近外出が多い。仕事に関係したことなので、なにかと人に会いいろいろな話になる。なるほどなあと思うこともあり、びっくりすることも多々。

・出席を勧められていたレセプションにどうしてみんながこぞって参加するのか気になっていたが、そんなことが理由か。ふーん。と納得。そうは言ってもあんまり人が集まるところは好きではないしなあ・・・。実は僕はパーティーってちょっと苦手です。

・個人記念館に行ってその人の自宅兼アトリエを見る。作品も家も面白いけど、なにより本人のポートレイトがいい。とてもいい顔している。作品が面白い人はやっぱり人も魅力的。自然と腑に落ちる感想が浮かび、なるほどね。ふーんと納得して記念館を後にする。

・仕事を一緒にした作家の方との帰りのドライブであれやこれやと話す内に、ええーそれはびっくり初耳!と盛り上がりきったら、丁度高速の分岐点で道を間違ええらい遠回りに。運転中はやはりあまり驚くようなことを話していけません。

・美術館の狭いエレベータで、超有名作家と乗り合わせた。やっぱり実物は雰囲気があるなあとよくよく見ると一緒にいるのは随分前に銅版画を教えたことのある女性。お父さーん。と連呼している。ふーん。知らなかったけど、親子だったんだ。そういえば同じ名字。僕はその人の話すこと以上のことを聞かないので、後でびっくりするようなことが多々ある。聞きたがりの人がいますけど、僕は聞くのも聞かれるのも好きではありません。

同じ日の出来事。少し外出するとふーん。そうなんだ。という発見がいつもあり面白いけど外出はやっぱりくたびれるなあ。

(写真は昨日終了した第80回版画展の会場写真。大きな版画が沢山並びました。)
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-10-20 09:42 | ちょっと気になること | Comments(0)
岡本太郎記念館
d0134629_20121648.jpg


車に乗って上野に行く途中、高速道路が渋滞していたので渋谷で降りた。ふと一昨日頂いた岡本太郎記念館のチケットのことを思い出して寄り道してみた。

初めて行ってみたがこれがまたなかなか個性的な建物と、またおなじみの作品でこじんまりしているが、楽しめる記念館になっている。なかでも作品のミニチュアがガチャガチャと同じような原理で購入出来る遊びがあってが楽しい。思わず2回もやってしまった。なかなか欲しいものが当たらないのはガチャガチャならではだ。

こんなアトリエで制作していたのかあ。いいアトリエ兼住居だなあとまじまじ眺めて帰って来た。たまの寄り道も楽しい。
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-10-19 20:15 | 散歩 | Comments(0)