美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
年の瀬に
d0134629_2022058.jpg


また今年も宝くじがはずれた。年の瀬に大変残念なお知らせを受け取るようで、いささか不愉快でもある。が、年末の一つの楽しみでもある。もし当たったら使い道は考えてあるので心配はいらないが、そんな人にはきっと当たらないのだろうと父は言う。

さて、そんな年の瀬に整体に出かけてみた。体がかっちかちなので整体を受けたいがなんだか割高だなあと思っていた所に、本日限定メール会員割引のメールが飛び込んで来た。

そんなことで早速出かけてみて、初めて90分コースを体験した。あまり経験のなさそうな担当者で、内心ちょっと心配だなあと思っていた。しかしこれがびっくり大当たりで、とても手が温かく、まるでホッカイロでも入っているような手だった。

いやいやそんなことでエッチングの仕事の途中にちょっと出かけた整体は今年最後の大当たり。

宝くじは外れたけれど、なんともゆっくりした気持ちになった。いろいろ忙しかった今年もこれで終わり。
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-12-31 20:07 | ちょっと気になること | Comments(0)
真冬のエッチング
d0134629_14494879.jpg


ここしばらく銅版画の制作を集中して行っている。薬品を使うエッチングの制作は、冬はなかなか腐蝕が進まずあまり適さないのだが、展覧会の予定は来年も目白押しでそんなことも言っていられないので、この冬は夏場のように腐蝕出来る便利な道具を新しく用意した。

水槽に見える黒い棒は、熱帯魚用のヒータで30度までコントロール出来る。大変高性能なもので、ここしばらくテストしているが、設定温度丁度を常にキープすることが出来る。

使ってみると便利なので、そのうち温度管理の出来る大きな縦型浴槽を今度作ってみたいなあと思っている。僕の新しい用具の実験は制作からいつも派生するので、制作は集中して行っている時間が長ければ長いほど、いろいろなアイディアが湧き出て、結局ひとつの作品はあまり進まないことが多い。

このお正月休みも僕にとっては超集中して制作出来る貴重な時間。しかし、この時間からまた新しいアイディアが生まれるといいなあと思っている。
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-12-30 15:15 | 制作日記 | Comments(0)
指折り数えるクリスマス
d0134629_10372415.jpg

クリスマスまであと数日となった。ほとんど無宗教の僕にとっては、クリスマスはおもちゃをもらえる日という認識で大人になったが、キリスト教の文化圏ではプレゼント以外にもいろいろな習慣があって、知ると面白いなあと思うことも多い。

その一つにシュトレン(独: Stollen)というドイツのお菓子がある。つい数年前まで知らなかったが、このお菓子をクリスマスまで少しずつ家族で食べてアドベントを待つらしい。ちなみにアドベントとは、「アドベントは人間世界へのキリストの到来、そして、キリストの再臨(ギリシア語のパルーシアに相当)を表現する語として用いられる。」とウィキペディアにはある。

僕の中では、キリストが来るぞー来るぞーと言い聞かせる、まじないの食べ物としてドイツでは毎日食べるらしいと簡単に理解することにした。まあそんな理解は人それぞれなのでいいのだが、このお菓子は中にドライフルーツやナッツが入っていて、日ごとにその風味がパンに移っていくので、日に日に味が変わる楽しい食べ物である。僕は乾燥フルーツが好きなので、なんて美味しい食べ物なのかと、毎日少しづつ食べることを楽しみにしている。

日本ではシュトーレンと言うことが多いが発音的にはシュトレンというのが正しいらしい。ドイツに行って、シュトーレン下さいというと、また違った食べ物が出てきそうなので、好物はきちんとした名前と発音で覚えておきたい。僕が音声認識のソフトに話しかけると、シュートーレンとなっていた。もともと滑舌が悪いので、日本製外国語にはここは自分の中に厳しいチェックを入れておきたい。

そんなことで、ここ数年のことだが、また今年も遠方から早いクリスマスプレゼントとして頂いたので、宗教には全く関係なく、コーヒーと共に毎朝頂くことにする。

いろいろな国の習慣や文化をいち早く取り入れて、本質は関係なく自分たちの物にしてしまう、日本人の素晴らしい気質。このドイツのお菓子をちゃっかりクリスマスまで食べるなんて、僕も日本人らしいなあとつくづく感じる。

宗教とは全く無関係に発達したクリスマスという日本独自の文化は、たぶん宗教とは関係なく、最初にクリスマス会を盛大にした裕福な家庭を見習って、我が家もそうなりたい。という願望から発展して行った右向け右の日本人思想の具現化した姿のように思う。

なんで、パーティーするの? なんでもみの木なの、なんでプレゼントもらうの。はたまたケーキなの?そんな根幹的なこと日本人には関係ないのです。みんなやってるからね。楽しそうだし。それよりも隣の家庭に遅れていけないのだ。

どうやら世界の終わりもまた来なかったし。今年も賑やかなクリスマスが日本に来るといいなあと、あれもこれもとサンタさんにお願いしている子供達の様子をみて、準備の大変なクリスマスを指折り数える日が続いている。
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-12-22 10:32 | ちょっと気になること | Comments(0)
家庭画報
d0134629_12335619.jpg


ここ最近、子供の歯医者の付き添いが忙しい。こまれで長い間イヤイヤしていたツケがたまってしまって、ついに我慢出来ない所まできたらしい。まあ本人の自業自得ということだが、それまで連れて行くことが出来なかった親の自業自得として、今週は週に3回も歯医者に連れて行くことになる。

さてそんな待合室での時間つぶしに雑誌を読んでみると、家庭画報という雑誌が面白い。非常にハイクオリティな雑誌で、貧乏な人にはまるで縁のないような世界が特集されていた。今まで見たことがなかったが、特集されている内容は非常に面白いものが多いし特に写真が美しい。

そんな中で、挿入写真の寄木細工の記事に目が止まる。この人は先日すどう美術館でのグループ展でご一緒させていただいた露木さんだとすぐに分かった。現物も素敵な作品だったが、写真に撮るとさらに際立って奇麗に見える。

作品は結構価格の高いものだったので、こういう雑誌を読んでいる人が買うんだなあとなるほど納得する。版画なんかもこういう雑誌で取り上げると、これまで見に来ないような人がきてくれるようになるのかあと、目線を少し変える必要性を感じることになった。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
ブログ読者の方々へ
更新もしていないのに、毎日多くの方々が読んでくださってありがとうございます。ここ最近ブログの更新をしませんが、とても元気にしています。しかしとても忙しいのです。3月に控えている個展の制作や、オブジェ制作の実験、新しい機材のテスト・実験など、集中して新作の制作に取り組んでいます。
そして病院三昧、年賀状書きと慌ただしいこと極まりません。そんなことで、なんだか文章を書く気持ちになれないのです。また時々思いついたら更新します。今年も残り少なくなりましたが、みなさま良いお年をお迎えください。
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-12-14 12:56 | ちょっと気になること | Comments(0)
森野眞弓展
d0134629_12395955.jpg

d0134629_12394771.jpg


大学時代からその後もながらく僕に美術の手ほどきをしてくださった、森野眞弓さんの個展が新宿の紀伊国屋書店内の画廊で開催されます。多摩美を定年で退職されて、今は作家活動に集中しているそうです。前回の個展は画廊がラスコーの洞窟のような印象になっていました。退職記念展をされなかったので退職後初の個展になります。是非多くの方に見て頂けたらと思います。

森野眞弓展
会場:新宿紀伊国屋書店内 紀伊国屋画廊
会期:12月13日-25日
時間:10:00−18:30 会期中無休 最終日17時終了
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-12-10 12:41 | 展覧会情報 | Comments(0)
最近のこと
d0134629_10471848.jpg

・11月25日に個展が終了したが、なんだかこまごま慌ただしい日々が続き、頭の中をうまく整理出来ない日々が続く。そんなことで文章を書こうにも全く手が進まない日が続いている。

d0134629_10452892.jpg

・個展に合わせて開催したワークショップは大変盛況で、日程的な余裕があれば、すぐにでも第2回3回と続けて開催したい所だが、これも今年はちょっと無理かなあと少し残念。このワークショップと個展の様子はウェブサイトに掲載しているので見て欲しいと思う。

・本当に久しぶりに銀座に行く。日本橋から銀座まで、いくつかの画廊を巡る。同性代の版画系の作家の中で特に動向を気にして見ている作家の展覧会がとても良かった。デビュー当時から現在まで一環した独自の制作方法とコンセプトが今回の作品で結実したように感じた。彼が版画協会を退会してしまったのは本当に残念だなあと密かに思っている。

d0134629_10491271.jpg

・最近とてもリアルな夢を見る。もう一人の自分が本当に体験しているかのような夢で、ここしばらく続いている。ときどきUFOに拉致されている。とうそぶくが、同じようなもうひとつの世界に、寝ている間に旅しているように感じていてとても疲れている。そんなことでこういうことがあると、村上春樹の世界感をふと思い出しどこか共感する。

d0134629_10483563.jpg

・冬の海に行く。僕は夏の海より寂しい冬の海がなぜか好き。子供と一緒にマクドナルドで昼食を取るが、本当は、海の見えるお店でピザを食べたい。といつも思う。いつか子供達が大きくなったら、ゆっくりと海のみえるレストランでピザを食べたいなあと、ハッピーセットを食べさせながら、冬の海を見る。
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-12-03 10:51 | ちょっと気になること | Comments(0)