美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
レッスン
d0134629_76472.jpg

体力を持てあましている長男をテニススクールに行かせることにした。種目は消去法でテニスになった訳だが、行ってみると、初回はボロボロで、空を切るラケットを見て笑いが止まらない。まあ最初はそんなもので、誰もが通る道だ。

バツゲームで、腕立て伏せの間に拍手する運動したりと僕が中学の部活で体験したこととなんら変わりない。しかし曜日によって変わる先生によって、随分とやる気が左右されることが分かった。やはり習い事というのは相性がある。2回目にはすっかりやる気になってくれた様子をみて安心した。

大きなコートを見ていると、ここで格好良く走り回る姿を早く見て見たいなあと思う。中学の時にテニスを強く進めて始めさせた自分の父もそんな気持ちだったと今は思う。

よく行き届いた環境で、こういう所で始めるとテニスをすることだけに集中出来て良い。部活は大変だった。砂埃のコートを直してみたり、ケツを叩かれたりとテニスからは程遠いことが多すぎた。

やはり、行き届いた環境でなにかはじめるというのは、やるべきことに集中できていい。秋からまた自分の銅版画講座がスタートするが、開講から1年経ったので、ここで細かい所を改善して、受講者のみなさんにもっとストレスなく銅版画に向かって貰いたいなあと思っている。先生との相性はどうにもならないが、環境の善し悪しは誰にでも反映できる要素だと快適な環境でテニスに取り組む息子を見て思う。
[PR]
by guruguru-kobo | 2014-07-30 07:02 | Comments(0)
ぷにゅっと
d0134629_18100293.jpg
はじめてトカゲの卵に触った。大きさは2センチほど。触るとぷにゅっとした感触で堅いと思っていたので驚いた。小さな卵からもう2匹孵っていて小さいながらもトカゲだった。そう考えると人間は人間らしくなるのに随分と時間が掛かるといつも思う。

このぷにゅっとした感覚はどこか赤ちゃんのおしりを触ったような感触だ。この世界は人間だけのものではないと、昆虫展で伺ったばかりだが、足下にいる生き物のことももっとよく知るべきだなあと改めて思う。

[PR]
by guruguru-kobo | 2014-07-29 18:14 | ちょっと気になること | Comments(0)
人生は二兎を追え
d0134629_14191633.jpg
座間ハーモニーホールで開催中の相笠昌義デッサン・昆虫コレクション展に伺った。噂では聞いていたが、大変な昆虫標本のコレクションで感激した。ちょうどトークショーだったが、昆虫愛がひしひしと伝わるトークで多くの鑑賞者がいた。

昆虫の話にあわせて、自分の考えなどをさりげなく織り交ぜながらの話は非常に感慨深い。人間だけの世界ではないのです。とさらり。そして壁面には多くのデッサンが展示してあるが、ゆったりとした素描は画家の有り余る画力を見せていた。
d0134629_14191592.jpg
画家と昆虫採集、この二兎を追ってどちらも傑出した内容を見せているこの展覧会。子供も大人も楽しめる良い展示だと思う。もう一度見に行きたい。
d0134629_14191767.jpg

[PR]
by guruguru-kobo | 2014-07-27 14:20 | ちょっと気になること | Comments(0)
腐蝕技法とわたし
d0134629_15531930.jpg
時々、いつも旅の途中なのですね。と言われることがある。現実的な旅ではなく、制作論のことである。私にとって銅版画の制作はいつも未知なるものを探すことで、それはぼんやり頭の中にある自分の夢に向かってふらふらと旅をすることに似ている。腐蝕による表現はそんな感覚に合っていて、ふらふらとした旅の合間にする発見が今でも多い。
[PR]
by guruguru-kobo | 2014-07-26 15:55 | エッセイ | Comments(0)
朝練
d0134629_08240234.jpg
中学生の時、テニス部の朝練って嫌だった思い出がある。だいたい朝早くからなんか一所懸命取り組むなんてうんざりだ。実は美術系の人は体育系の出身の人が多いけれど、僕は根っからインドアなので心からそう思う。早起きも、痛いのも、大変のも嫌い。だけどまあそうもいってらないときもある。先日、朝8時30分から大学院工房でビュランの使い方を生涯学習版画講座で一緒に仕事をしているキムさんに教えることになった。まさか早朝から真剣にビュランなんてやっている人がいるとは思わず、オープンキャンパスの準備に駆り出され、その光景を見た学生達は目を丸くして驚いていた。まさか、銅版画の朝練している人がいると知ってびっくりしたのだ。まあ当然な反応だが、今忙しいのでそんな時間しか彼女に手ほどきをしてあげることが出来なかったのだが。

彼女はもう立派な作家なのに朝早くから新しいことにチャレンジするなんてその気持ちがすごいと思う。余談になるが、もう随分前になるけれど、僕が大学の助手時代担当した学生の中に、批評会が終わったあとすぐに材料店で新しい材料を買って準備している学生がいた。彼らはその後活躍する作家達になったけれど、やはりそういった情熱がものごとを向上させることになるのだろうと感じる。

僕はビュランで作品を作っている訳ではないけれど、初心者の人が何の抵抗もなくビュランという技法に取り組めるのかいろいろ考えている。ビュランを中心とした技法書を出版した藤原久太郎さんとの交友によって彼の開発するアイテムが我が家に送られてくることが大きな理由の一つでもあるが、その多くが初心者の取り組み向上に繋がるからだ。そんなこともあって彼女に手ほどきすることになった。もちろん僕自身もあれこれ考えて作っている。彼女は僕がつくった持ち方矯正ビュランがとても使いやすいと言っていた。やはり僕が思う所の方向性は間違っていないようだと感じている。

銅版画の技術は、長い間習練のたまものとして身につくものとしてあるが、初めてのハードルを少し下げることが出来ればもっと多くの人が銅版画に触れる機会が増えると思う。開発した器具や道具を使って始めた人が、銅版画ってそんなに難しいものではないと思ってもらえたら大成功なのだけど。今回の朝練は少し成果があったみたいで嬉しい。

●写真は僕のビュランを片っ端から使ってみて、どれが自分の手に合うか見ている所。




[PR]
by guruguru-kobo | 2014-07-25 08:31 | ちょっと気になること | Comments(0)
軌跡をまとめる
d0134629_20262867.jpg
自作の記録写真を撮影するのに大学写真センターでカメラを借りた。最近はカメラのバージョンアップが激しいので新しいものは買わずに借りるように考えを変えた。借りたカメラはニコンのエントリー機の一種だったが、とても使いやすく驚いた。少し前なら自作の撮影にこの程度のカメラを使うことはなかったが、デジタルカメラになってカメラは下限の性能が大分上がったように思う。こんなものでもう十分なのだと思うと、カメラへの熱は全く上がらない。

簡単で便利なカメラを使って久しぶりに一人で黙々と作品の撮影をする。ファインダー越しに見る作品は、出来た当初はいい物が出来たといつも思うが、少し経って写真を取るとなんだこんなものかとがっかりすることが多い。

作品の写真を撮ったり、ファイルをまとめたりするとあんなに大変な思いして作ったのにこんなものばかり・・・。と残念な気持ちになる。しかしそうやって過去のデータをまとめておくことも大切なことだと思う。

どういうわけか、タイミングを合わせてイタリアと日本の雑誌で自作と自作への思いが掲載されることになった。国を変えても同じような質問を受けることになった。いろいろな意味でちょうど今までやってきたことの整理をする時期に来ているのかもしれないと感じている。


[PR]
by guruguru-kobo | 2014-07-24 20:30 | ちょっと気になること | Comments(0)
良いものを普段使いに

d0134629_07154829.jpg


先日、お世話になっている社会福祉法人が川崎に新しく建設した保育園の竣工披露会に出席した。理事長の方針でできる限りいいものを子供達に与えてあげたい。と、そろえた園舎や備品は多くの参列者の保育園というものの認識を大きく変えるものだったと思う。


なかでもピアノ。スタンウェイという大変立派なものを導入したと聞いていたが、見た感じはフェラリーを見たような印象を受ける。とにかく外観と内部の作りが美しい。僕はまず音よりも作りの素晴らしさに感動した。


竣工披露会ではプロの演奏を聴いたが、普段は平常保育でお遊戯などに使われる。初めて聴く音が良質の音。子供達のピアノの音の基準がこれになって欲しいのだろう。とても素敵なことだ。


僕のワークショップも出来るだけ素材の良い物を使って行う。大人の方がはっきり分かるようで、粘土のさわり心地や絵具の発色が違って楽しいようだ。


本当にいい素材や道具は、きっと誰が触っても、聴いても感覚的に受け入れられるものなのだろうと保育園での経験を通じて感じている。同じようなものなら安いもので。となりがちだが、小さい時の価値観で一生の基準が決まるのだから、与えることが出来なくても触れることの機会は大切にしてあげたいなあと保育園での経験を通じて感じている。


[PR]
by guruguru-kobo | 2014-07-22 07:18 | ちょっと気になること | Comments(0)
自由に作ってみて
d0134629_20302809.jpg
多摩美術大学油絵科での銅版画技法講座の講評会準備が出来た。朝から夕方まで毎日開講で2週間は大変だったが長いような短いような充実した二週間だった。そんなことで今週展覧会のご案内頂いた方失礼してしまってすみません。この仕事は日曜日まで続きます。

今回の講座は基本的な説明以外は自由にやってもらった。最終的に沢山の色絵具と4種類の異なる色の紙を使って思い思いの版画が出来たように思う。製版で苦戦した学生が色を使いはじめたらびっくりするような色彩版画を作り出した。これには僕も驚いた。

なるほど、普段色彩を使い慣れているだけあって、彼らにとって色を使うことは自然なことなのだ。基礎講座なので、プログラムは描画に重点をおいているが、色彩で作ることを踏まえてプログラムをあたらに組み直してみてもいいかなあと思うことになった。

教えるとき、いつもついつい細かいことを言いたくなってしまうが、今回は出来るだけ遠巻きに彼らが自由に楽しむことを見守った。高いモチベーションをもって集まってきた学生達の思い思いの実験は、いったいどんなものができるのか見てみたいと思ったからだ。

明日の朝9時からの講評会は、まず学生達に自分の思っていることを出来るだけ論理的に話してもらうことになっている。初めて作った作品はみんなとってもいいと思う。今度はどんな面白い話を聞かせてくれるのか明日は楽しみにしたい。

講評会は公開講座となっています。一年生は朝9時から12時10分まで、二年生は午後1時から4時10分までとなっています。多摩美オープンキャンパスにお越しの際は是非お立ち寄りください。



[PR]
by guruguru-kobo | 2014-07-18 20:40 | ちょっと気になること | Comments(0)
多摩美術大学オープンキャンパス 公開批評会
d0134629_17182960.jpg

多摩美術大学では19日、20日にオープンキャンパスを開催します。先週からはじまった多摩美術大学での私が担当する銅版画集中講座は19日、20日まで続き、19日は公開批評会、20日は作品展示を行います。

オープンキャンパスは、どなたでも大学の中を自由に見学出来るようになっています。私も19、20日と1日教室にいて、見学者の方々に説明を行うことになっています。多くの方々に学生たちの日常を見て頂けたらと思っております。

20日は展示のみなので、私も見学者の方々とゆっくりお話出来る時間が持てますので来場の際は是非お立ち寄り頂けたらと思います。

詳しくは多摩美術大学ウェブサイトでご覧ください。






[PR]
by guruguru-kobo | 2014-07-14 00:01 | お知らせ | Comments(0)
銅版画の道具 「同じだけど違う」

d0134629_20411087.jpg


同じ道具を並べてみた。写真にみえるのは、アメリカのECライオン製のツイストニードルとドイツのDICK製バニッシャー・スクレーパー。どれも同じように見えるが、個体差があってだいぶ作りが違っている。きっと職人が異なるだろう。同じ道具を毎年買うという作家によれば、時代によって同じ道具が大きく変化していることがわかるという。沢山の道具を買って使い比べてみると、おなじような道具でも個体差があることがわかる。


油絵を学んでいたときに、木炭デッサンをよく描かされた。自然素材の木炭は同じように見えるが軽く机に落としてみると堅さが異なることがわかるのだということをそのとき学んだ。高い音がすると硬質できれいな色が出る。逆に鈍い音がするとしっとりとした鈍い色になる。僕は硬いものが好きだった。


銅版画の工具もこのように同じ道具でも金属の堅さが大きく異なるものがある。それは金属の焼き入れだったり素材の違いだったりする。木炭と同じように机に落としてみるとやはり高い音がするものは硬い。銅版画家の深沢幸雄さんは技法書かなにかに、購入した道具が硬すぎる場合は焼き戻して・・・なんて書いているが、沢山の道具を触ってみると、金属の感じが微妙に異なることがわかる。僕は銅版画に使う道具は微妙に柔らかめの金属で粘りがあるようなものが良いように思う。なんかぱさぱさしているものはどうもいけないなあと直感的に思う。まあ人それぞれだけど。


この沢山ある道具を手で研いでみるとそんな硬さの違いがよくわかる。そうすると、これはいい感じだ。これはだめだ。と感覚的にわかってくる。銅版画の制作はこの刃物の研ぎが出来ないとだめだと制作者の多くは言う。これだけ沢山の道具があると、そんな違いがよくわかって面白い。


[PR]
by guruguru-kobo | 2014-07-13 00:01 | 制作日記 | Comments(0)