美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
画家の版画
d0134629_22273792.jpg
横浜美術館で開催中のホイッスラー展を見る。日本の版画史では、ホイッスラーは駒井哲郎が影響を受けた作家として、版画を中心にフォーカスされることが多いが、本来は画家として著名だ。画家として有名な作家の多くが銅版画を残しているが、ホイッスラーはその中でも秀逸な作品が多いのではないだろうか。

画家の銅版画は、言うまでもなく構図やデッサンがしっかりしていることが特徴だが、ホイッスラーの銅版画は線がとても綺麗で、作品の印象がクリアに伝わる。カラッとした感じ。これが僕の見た印象。銅版画の本質的な良さが伝わってくる。

一方、油彩画や水彩画は、乱視の人が普段見ているような輪郭がはっきりとしない柔らかい印象を持っている。銅版画の中にもヴェニスを描いたシリーズは油絵の印象が重なるが、銅版画の多くは油彩画の印象とは随分ギャップがある。この落差がとても興味深い。

僕は銅版画の硬質な感じが好きになれず、長い間素描のような柔らかい印象の版画をつくろうと頑張ってきたけれど、方法が違えば表現も変わるということを考えれば、あまり無理しないでその技法で素直に出来ることをやってみるのもいいかなあと思ったりもする。

画家の人が作る銅版画を多く見るが、物質に向かって作るというよりも、描くということの延長なのだなあと感じることが多い。描くことに素直なのだろう。ホイッスラーの作品からは特に描くことへの自然な姿勢を感じる。画家の版画というのはさらっとしたものが多く、技術的に凝っていないところがなんとも魅力的に見えることが多いように感じている。



[PR]
by guruguru-kobo | 2015-01-22 22:41 | ちょっと気になること | Comments(0)
すどう美術館「AQUA」40号に文章を少し・・・。
d0134629_19140786.jpg
年末、すどう美術館の館長さんからお電話を頂いた。昨秋にふと思い出したように立ち寄った際に話題にした話を、会報誌AQUAに書いて欲しいという。あまり考えもなしにした世間話を文章にするのは難しいのだけど短く纏めて書かせていただいた。

よくよく思い返してみるとお付き合いももう17年になる。会報誌には、館長のリクエストに応じて、すどう美術館との出会いから、在学している博士課程の授業ことを書いた。そういえば、フランス滞在中にも文章を寄せているので、今回は2回目となる。今回は奇しくも、同じ面に、すどう美術館との出会いを作ってくれた、仙仁司さんの文章も載っている。会報誌はウェブサイトでみることができるので、是非多くの人にご覧いただき、神奈川県小田原市富水にあるすどう美術館に足を運んで欲しいと思います。

[PR]
by guruguru-kobo | 2015-01-21 19:55 | お知らせ | Comments(0)
「わたしのEXLIBRIS:蔵書票展」に出品します
d0134629_21531823.jpg

はじめてEXLIBRIS(蔵書票)の展覧会参加することになりました。蔵書票とは、蔵書の後ろに貼る所蔵者の名前をいれた書票のことです。画面の中にEXLIBRISと文字が入っている小さな作品3点を出品致します。是非ご高覧頂けたら幸いです。(写真は原版にインクをのせたところ)

会期:2015年 1月26日(月)-2月6日(金)
会場:ギャルリーヴィヴァン
〒104-0061東京都中央区銀座2-11- 4 富善ビル1Fアクセス
※日曜日休み時間: 11:00-19:00 最終日:5:00迄
出品作家:赤星啓介、園城寺建治、大矢雅章、岡さなえ、鹿取武司、木嶋ちさ加、邱桂蘭、齋藤修、重藤裕子、庄漫、林まりこ他
15世紀にドイツで誕生した蔵書票は、今や書票というより、ミニ版画コレクションとして世界中 のコレクターに収集されています。小さな世界に自分の名前も記録される楽しみは特別です!

丸山 浩司展

[PR]
by guruguru-kobo | 2015-01-19 22:08 | お知らせ | Comments(0)
遊園地が怖い
d0134629_21191793.jpg
誰にでも苦手なものがあるが、僕は不安定な高い所と、回転する乗り物が苦手だ。だから遊園地のほとんどの乗り物が怖い。本当に怖いので、つきあいで渋々乗って真っ青になってしまうことがあり、そんな時に居合わせた人は大抵どん引きする。

1人で、2人の子ども達の子守りをすることになって、子ども達のリクエストであちこち出歩くことになり、みなとみらいの遊園地に行き着いた。あれもこれもと言われるが、高い所で、高速で回っているの乗り物を見るだけで具合が悪くなり、メリーゴーランドでもと一緒に乗ってみる。

いいおじさんが、エイッとかけ声をかけて馬に乗ると、周りの人達からなんだろうと言う目で見られたが、子ども達はそれでも楽しそうでなにより。遊園地ってあまり行かないけれど、いつも全く楽しくない。どちらかと言うと怖い。そんなことで一緒に乗ってあげることが出来なくて申し訳ないけど、人間向き不向き以前に、無理ってこともあるんだよね。遊園地が苦手って、あまり聞かないけど、ここに1人います。

[PR]
by guruguru-kobo | 2015-01-11 21:23 | ちょっと気になること | Comments(0)
言葉の壁
d0134629_13334329.jpg
現在制作中の連作に、グローバルに通用する題名を命名しようといろいろ考える。日本語でも、英語でも出来ればフランス語でも通じるいい言葉が欲しい。日本語でいいと思って、英訳してもあまり良い意味にならないものもあるし命名は難しい。

そんなこともあって、文学と絵画に精通する方に相談に行ってみると、英語でもフランス語でも日本語でもいい題名を教授してくれた。オブジェと版画に共通した題名が決まり、さすが!とすっきりした気持ちになったが、僕の英語の先生(フランス在住のアメリカ人)に作品を見せて題名の印象を聞くと、まあまあと。と拍子抜けした返事をくれた。

詳しく聞いて見ると、日本語の辞書に書いてある意味の順位と、フランスやアメリカで使われている順位が異なり、欧米では僕がイメージする意味とは随分異なるイメージを持たれることが分かった。

同じ言葉の中にも、さまざまな意味があるが、国によって優先的に使われる意味が随分違うことが分かる。生きている言葉を学ぶということはやはり大切なことで、いろいろな国の人とコミュニケーションをとるようになってくると、ちょっとした言葉の誤解が大変なことに繋がるということもよく理解出来る。

言葉に秘められた、さまざまな意味をよく知ること。単純な言葉にも沢山の意味が込められていて、そのことに注意して考えると言葉の迷路を歩くような気持ちになるが、最近は言葉を考えることで、自分の作品のイメージをより深く自覚出来るようになるような気がしている。





[PR]
by guruguru-kobo | 2015-01-10 00:01 | ちょっと気になること | Comments(0)
馬鹿の実
d0134629_00094756.jpg
一年を通じて担当している保育園のワークショップも終わりに向かってきた。最後は銅版画。はがきサイズの銅版に、鉄筆とルーレットをつかったドライポイントで自由に描き、プレス機で刷るというものだ。大人向けの講座の内容を未就学児が楽しく出来るように作業方法を考案して行った。

今回は、フランス製のインクとドイツ製の紙にデザイナーがデザインしたカレンダーをシルクで刷ったものを使った。いろいろ準備は大変だが、子ども達に考えられる最高の状態で銅版画を楽しんでもらうために考え用意することは楽しい。

カレンダーなので、刷り上がると周りに数字が書いてある絵が出来上がる。子ども達は、なんの数字か分からないらしく、いろいろ想像を働かせる。どの子どもも、大人同様に刷り上がると喜びが顔に出る。版画はやはり刷り上がりが面白いのだと思う。

ワークショップが終了して、園長先生に報告に行くと、毎回毎回これでもかってくらい子ども達のために真剣に考えて、あんたは馬鹿だね。と嬉しそうに声を掛けてくれた。子ども達へのワークショップも、個展同様に最善を尽くして取り組んでいるので、きちんと見て理解してくれている人がいてくれてありがたい。

来年度は、ゼロから全く新しく考案したワークショップをひとつ企画している。出来上がったらスケールの大きさに、またあんたは馬鹿だね。って言われそうだが、馬鹿ばかしいことを真剣に考えて形にするのがひとつアーティストの仕事だと思うので、新しいことが大きな馬鹿の実となって形になって欲しいと、はやくも次回を楽しみにしている。

[PR]
by guruguru-kobo | 2015-01-09 00:14 | ワークショップ | Comments(0)
最近の制作のこと
d0134629_19102655.jpg
年末からせっせとメゾチントの下地を作っている。大学の機械を調整しながらつきっきりで目立てられる銅版を見ている。これなら自分で掛けても一緒だと思うが、体への負担はかなり少ない。最初は随分とじゃじゃ馬だったが、すっかり手なずけて良い感じで目立てが進んでいる。刃が20センチ以上あるので、20センチ程度の版は、一回の動きでカバー出来る。動きはゆっくりだが効率はとてもいい。縦横全く切れ目のない目が立つので仕上がりに揺らぎがない。これが、機械で掛けると冷たい感じがする所以なのかもしれない。



[PR]
by guruguru-kobo | 2015-01-08 19:12 | ちょっと気になること | Comments(0)
特別な刃
d0134629_21203217.jpg
いいなあと思う作品を作る人に、いろいろ聞いて見ると、たいてい特別な道具を持っている。メゾチント技法の場合、ベルソーという版に細かいまくれを作る道具が必須になるのだけど、この道具にはいろいろ種類がある。現在となっては、手軽に手に入る主要なメーカーは一つだけど、同じ会社でも時代によって形状が随分異なる。

僕の先生は、たいそうな道具マニアなので、いろいろな道具を毎年購入しているらしいが、先生曰く毎年形状が異なっているので毎年買うとのこと。これは使い手の要望に応えているいる内に形が変わっていくらしい。確かに10年もすると随分形が変わっていることが分かる。

現在アメリカ製で購入出来る刃の番数は45.65.85.100だ。これは1インチの中に何本線が入っているかで分かれているだけど、メゾチントで有名な浜口陽三なんかは80番を愛用していたらしい。刃を高倍率のルーペで見てみると、その間隔によって随分刃の形状が変わるので、きっと浜口の作品には80番が良かったのだと思う。あのザクッとした感じは80番の生み出す感じなのだろう。そう思うと欲しいなあ。80番。

僕は65番が好きなだのだけど、今回は85番、65番、100番、最後に133番と変則的にかけてみる。133番は超レアなので、見たことがある人は少ないだろうと思う。たぶん80年代以前に作られたものだと思う。これには理由があって、聞くところによれば、刃の形状で年代がある年代から大きく変化したらしい。

まだ刷っていないので、感じが分からないが、たぶんデリケートな印象に仕上がるのではないかと思う。メゾチントは目立てが全てなので、イメージにあった目立てが出来るように、いい所を探ってみたいと思っている。

[PR]
by guruguru-kobo | 2015-01-03 00:01 | ちょっと気になること | Comments(2)
初夢
d0134629_14332305.jpg
銅版画の制作をしている夢を見た。たぶん、一年後に本当に沢山の作品が完成するのかと、今から心配になっているのでそんな夢をみたのだろう。今、一生懸命に取り組んでいる、メゾチントの目立ては恐ろしく時間が掛かるので、昼も夜も、どうしたら効率よく仕事ができるか思案している。

機械を買ってもいいのだけど、腕に自身ありの僕としては、既製品を使うというのはなんとなくしっくりこない。かと言って、忙しい今、新しい機械を作るのはどうかと、自分の中の綱引きの決着がつかない。そんなことで僕の頭の中はくるくると回転している。

夢と言えば、僕には人生でかなえたい、大きな夢が一つだけある。かなわないかもしれないから夢であって、達成することが当たり前の目標とはまた違う。時々人に話すと、簡単にかないそうだね。と言われるが、そんなに簡単にかなう訳がないと思っている。

目標と違うが、形にするには夢の達成も小さい積み重ねがやっぱり重要で、この10年くらいコツコツと積み重ね来た出来事が、かけらのように少し固まってきた。自分では、あと20年先くらいに考えていた夢への足がかりが、ここ1.2年で急に出来て来たように実感出来る出来事が起こるようになってきた。

1月2日に見る夢が、初夢ならば、2日に地球の裏側から届いた不意のメールは、自分が抱く大きな夢の断片が、初めて小さな形となって見えた初夢のように感じている。初めて現実となった夢のかけらは、僕になんとも言えない喜びを与えてくれた。

早急に達成すべき目標は沢山あるが、夢の具現化はいそがないで、気長に小さいかけらがいつか大きな固まりになったらいいと願っている。いつか大きな喜びの夢を見てみたい。


[PR]
by guruguru-kobo | 2015-01-02 14:36 | ちょっと気になること | Comments(0)
明けましておめでとうございます
d0134629_23410352.jpg
今年も紅白見ないで、仕事をしているうちに年が明けました。明けましておめでとうございます。文章を書き始めて、7時間位机に向かっているのですが、なかなか進まないのです。まあ、ちっとも進まないと言った方が良いかもしれません。

そうこうしているうちに、数日前に釣りにでかけた弟が帰宅して来ました。
そうか、あれから3日も経ったんだ。この寒い中、海に釣りに行くなんて馬鹿だなあと思っていましたが、なんだこいつはあれから3日間ほとんど椅子に座っていたんだなあと思われているだろうと思います。

僕も時間があれば、漫画喫茶で3日間くらいゆっくりと漫画を読みたいのですが、今年はたぶんいろいろと人生の天王山。そんな悠長なことは言ってられません。机の上には積み上がった書籍が山になっているのです。作品制作に、論文執筆に、外国での作品発表、ワークショップに講座、子守りに毎日全力で大忙しですが、元気に頑張ります。今年は、個展の予定はありませんが、ポツポツとグループ展に参加予定です。

そんなことで、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

[PR]
by guruguru-kobo | 2015-01-01 00:10 | ちょっと気になること | Comments(0)