美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
銅版画による超絶表現の世界
d0134629_18290297.jpg

明日から町田市立国際版画美術館において、「森羅万象を刻む デューラーから柄澤齋へ」展が開催される。一足早く内覧会で作品を見せて頂いた。

デューラーの三大作品が一堂に並ぶことだけでも注目だが、展示作品が素晴らしい。さすが版画美術館だけあって、エングレーヴィングに特化した展示内容は、他では真似出来ないだろう。

順を追って見ていくと、大昔の作り手達が版刻方法を苦心して改良して来たことが良くわかる。単純に細かく彫られたイメージを見ることを離れて、その線の彫り方だけに注目してみると、少しの時代の違いや地域によって、同じ技法でも随分と異なる版刻になっていることに気づく。そこに注目してみると、細かく描かれた絵に見えるエングレーヴィングによる作品の中にも、さまざな工夫や違いを見ることができ、専門家には面白いだろう。

古典的な作品の合間に、金工師の技法であるエングレーヴィングを紹介するために、町田市在住の金工師の作品が展示してあることも、技法への理解を深めるアクセントとなっている。展示作品の中には、いつみてもあまりの技巧のすごさに驚いてしまうクロード・メランの《聖顔》、エドアルド・キョッソーネの《明治天皇御軍装像》が出品されていて嬉しい。

一方、もう一つの軸となっている木口木版画についても、時代を追った展示内容で、トマス・ビューイックの作品から柄澤齊氏まで、歴史を追った展覧会内容となっている。今回の展覧会は、版や道具などの展示品もあり、個人的には非常に面白い内容だ。カタログに柄澤齊氏のオリジナルが添付されていることも特筆すべき試みだろう。5月7日には尾﨑ユタカ氏のエングレーヴィングの公開制作もあり、総合的にエングレーヴィングを見ることができる貴重な機会となっている。銅版画家と木口木版画家には必見の展覧会としてお勧めできる。僕も西洋銅版画史の本を携え、もう一度か二度見に行きたいと思っている。

○写真は展覧会カタログと横浜美術館で開催中の展覧会カタログ。




[PR]
by guruguru-kobo | 2016-04-28 19:49 | ちょっと気になること | Comments(0)
なんじゃもんじゃに込めた思い
d0134629_20062745.jpg
どんな風に育つか分からないので、なんじゃもんじゃの木を植えよう。と父は初孫誕生の記念にこの木を植えた。あれから9年。随分大きな木に育って、今年は沢山の花を付けた。道行く人達には珍しい花のようで、度々名前を尋ねられる。

両親にとって、この木は初孫の記念樹として、沢山ある樹木の中でも特別思い入れの深いものとなっている。はじめて花を咲かせた時に、とても嬉しそうにしていたことを思い出す。今年は2年ぶりに花が咲き、彼らをとても喜ばせている。

長男は、まだ9歳。これからどんな風に成長するのか。まさになんじゃもんじゃの心境だろう。本人が心から満足出来る生き方が出来れば、どんな職業に就いてもいいと思う。だが、父は、きっと珍しい木に込められた花言葉を知って植樹に選んだだろうから、花言葉にちなんで「清廉」の士としての生き方をしてくれたらと願ってやまない。

[PR]
by guruguru-kobo | 2016-04-23 20:14 | ちょっと気になること | Comments(0)
大矢雅章展 ギャラリー・スペースM
d0134629_20311405.jpg
d0134629_20311739.jpg

3年ぶりに前橋で個展を行います。今回は2014〜16年に制作した銅版画作品約40点を展示、また恒例の画廊での版画ワークショップを行います。はじめての方でも気軽に参加出来る講座となっています。ご高覧、ご参加いただけますようお願い申し上げます。

会期:2016年5月7日(土)〜15日(日) 11日休廊
時間:10時〜6時 最終日は4時迄
ワークショップ:5月15日(日)午後1時30分〜
会費:1500円(材料費込み)
在廊日:15日

[PR]
by guruguru-kobo | 2016-04-21 20:44 | お知らせ | Comments(0)
なんでも自作
d0134629_15102636.jpg
ここ数日無線LANの具合が悪く四苦八苦した。なんでもワイヤレスで繋がっているので、これが具合が悪いと困る。基本的になんでも自作するが、高度な機械はそうもいかない。

一方、銅版画というのは、発明されて600年位経っているのに、相変わらずにアナログな機械?器具を使うので、なんでも自作出来ていい。少し前に小さなプレス機を購入したが、ベットプレートがなかったので、樹脂板を購入してストッパーを取り付けて自作する。

プレートは薄くても反ってしまい具合が悪く、厚いと重く移動に困る。いろいろ考えて12mmとした。これがなかなか具合がいい。今後の移動ワークショップでは、このプレス機が活躍してくれるだろう。今度はエッチングの腐蝕をどこでも簡単に出来る器具を作りたいと思案中している。

[PR]
by guruguru-kobo | 2016-04-21 15:11 | ちょっと気になること | Comments(0)
予兆を形に
d0134629_08244103.jpg
これまで2回、色彩銅版画の制作に真剣に取り組んだことがある。これ以上ない作家のもとで勉強させて頂いたが、その後自身の作品に、色鮮やかな色彩を使うことはなかった。出来なかったと言った方がいい。

それは、自身の中で色というものの位置づけ、イメージのありようが曖昧だったためだと、文章を書くことを通じてやっと理解出来た。僕の場合、感覚で捉えるというより、理解出来たか出来ないかが問題なのだ。

いろいろ考えて見た結果、3版から4版重ねること、イメージを形に出来そうな気がしている。この結論に達したということは、自身の中で、もの凄い大きな変化だと思う。多版を用いたレイヤーの概念は、今までと真逆の制作方法を取るということだからだ。

一度、工房で制作してみたいと考えていたので、良い形で出会えた職人さんとのコラボレーションを通じ、この予兆を形にしてみることを考えている。あと、2年後、3年後に数点形に出来ればいい。もしかしたら、今回も挫折するかもしれない。まあそれもいい。そしたらまた違ったアプローチを考えることが出来る。

版画を始めたころ、この工房の前を偶然通り掛かかり、ガラスの外から覗いたことがあった。その時、中に招き入れていろいろ見せてくれた人が、予兆を形にするためのkeyになるかもしれない。なんとも不思議な縁を感じている。また、全く新しいことへのチャレンジの扉が開き始めた。


[PR]
by guruguru-kobo | 2016-04-14 20:38 | ちょっと気になること | Comments(0)
湧き上がるイメージ
d0134629_10572216.jpg

電車に揺られ、いろいろ考えていると、作品についていろいろなイメージが浮かんでは消える。そのまま消えてなくなってしまうものも多いけれど、描き留めておきたいと思うものもある。

そんなイメージを長らくいろいろなものに描き散らしていたけれど、画家小林裕児さんのスケッチの仕事を見て、描き散らかさないことの大切さを知った。

この3月からその事を固く決めて今後の目標とした。何でも同じスケッチブックに貼ったり書いたりしておくことでいろいろなイメージを横断しながらまとめていくことができる。

今は便利な電子機器はたくさんあるが、僕はやはりスケッチブックに色鉛筆や鉛筆で描くことが好きだ。

今日は電車に揺られる中で、今制作中の立体作品の新しいアイディアがまとまって頭の中に降りてきた。ここで逃してはいけないと湧き上がるイメージをお気に入りの喫茶店で描き留めた。




[PR]
by guruguru-kobo | 2016-04-13 10:45 | ちょっと気になること | Comments(0)
学期始め ソフトグランドとエッチング
d0134629_20092677.jpg
2016年春期多摩美術大学生涯学習版画講座の授業がはじまった。熱心な受講生が多く、質疑応答でかなり高度な質問を受ける。事前準備を念入り行うが、それでもそのすべてにすぐに答えることはなかなか難しい。それだけ、受講生の方々が熟達してきたという裏返しでもあり、手ほどきした側としてはなんとも嬉しい。

担当している銅版画基礎講座Bは、線と面を組み合わせた表現を探究することをテーマに掲げ、毎回異なる技法を提案している。前回はサンドペーパーによるエッチング技法だったが、今回はソフトグランドとエッチングを組み合わせて制作する。最近に気に止めている恩地孝四郎の木版画と山本容子さんの80年代の銅版画を参考作品として挙げ、1枚の版の中に複数レイヤーを作りながら、端的な抽象表現を制作することを提案した。

ソフトグランド技法は、さまざまな使い方があるので、他にも具象的、線描と幅広く提案してみた。さて受講生の方々が最終的にどのような作品を作りあげるのか楽しみだ。

○写真は転写用の材料。僕の素材をみなさんに使ってもらうことにした。

[PR]
by guruguru-kobo | 2016-04-12 20:43 | ワークショップ | Comments(0)
脱皮
d0134629_20215166.jpg
身近な人に言わせると、何年かに一度、人が変わったように変化することがあるらしい。理由は分からないが、たぶん今の自分に飽きてしまうのかもしれない。どんな風に変化するのかというと、例えば食べ物の好みや興味が大きく変わり断捨離を始める。

この3月まで、自分の能力を遙かに超える経験をした。それは周囲の温かい助力を受けて大変充実した時間となったが、それでも、あまりに無理をしすぎたのか、すべてが終了したら、なにかすっかり自分のなかのリズムが狂ってしまった。そんなことでここしばらく自分のペースを掴めないなあと思っていた。

そんななんとも悶々とした気持ちになったら、急にこれまで捨てずにいたものをすべて処分して、身軽になりたいなあと思いはじめた。そう思うと、いつか使うだろうと大切にとってあったものに急に興味がなくなって、どんどん手放すことに躊躇がなくなり、あっという間に部屋がスッキリした。部屋中にあった不必要なものが、一つずつ片付くと、その分ひとつひとつ気持ちが整理されてきたように感じて、なんだか晴れ晴れした気持ちになってきた。

今回も、また何年に一度訪れる脱皮がはじまったらしい。今回は自分の中でなにかが大きく変化したような自覚症状がある。それがどんな風に変化するのか、自分では全く予測出来ないけれど、春らしく、余計なものから脱皮して、新しい生活に颯爽と向かいたい。



[PR]
by guruguru-kobo | 2016-04-09 20:34 | ちょっと気になること | Comments(0)
ギアはいつも1速なので
d0134629_19455489.jpg
新しい機械が好きで何でも買ってみるのだけど、たいていは高性能を使いこなせずにいつも単純な使い方で終わってしまう。最近は自覚があるのであまり高いものを買わなくなった。年をとって少し勉強したのだと思う。

しかし、スマートフォンにしても電子レンジにしても、身近にある製品は適当なものを買ってもかなり高性能な機能が備わっている。ここ数日、多くの牛乳が冷蔵庫の場所を占めていて、これは何とかしなくてはいけないとグラタンを作る。いろいろ探してみても以前使っていた小さな耐熱皿が見つからず、仕方なく大きなグラタン皿を使うことになった。しかし気軽に使えるオーブントースターには入らずに困ったなぁと、もしや電子レンジで出来ないかと思いつつ、電子レンジの取扱説明書を読んでみると、なんとグラタンの作り方と言う項目がある。

よくよく読んでみるとほとんど全ての料理が電子レンジでできることがわかった。僕にとって電子レンジと言うのはボタン1つしか使わない機械だったが、よくよく説明書を見てみるとボタン3つぐらい使うとかなり高度な料理が簡単にできる事はわかる。最近の機械は、車のギアで言うところの1速位でかなり便利に使えるが、頑張って3速ぐらいまで入れてみると、ものすごい時間短縮になったり、思いもかけない位なレベルのものが簡単に出来上がるようだ。最初に我慢して少し取り扱い説明書を読んでみると機械と言うのはもっともっと便利に使えるのだと改めて考えることになった。

[PR]
by guruguru-kobo | 2016-04-08 00:01 | ちょっと気になること | Comments(0)
3Dペン

d0134629_19000557.jpg

なんでも新しいものが好きなので、ここ最近発売される夢のような機械を見るとすぐに欲しくなる。その中で発売後すぐに欲しいと思ったのは3Dペンだ。だが欲しいと思っても、取り急いで使う目的もないので、いつの間にか気持ちが冷めていき、すっかり忘れていた。

だが、思いがけず、長男がテレビ広告を見て、絶対に買って欲しいと言い出した。母親といろいろ約束があるようで、それが突然我が家に届いた。

これ幸いと試して見る。夢は膨らむが、形を膨らませるのは難しい。テレビの宣伝のようには上手く行かないものだ。しかし、このようなものを上手に使っていくことで、これまでになかったものが出来上がることは間違いない。そんな手応えはあるが何しろ扱いが難しい。

子ども達が自由に遊ぶながら作りあげる造形は、未見の形と空間を作り出すことだろう。次々に現れる新しい素材や機器は、自分たちが育った時代の観念をすべてぶち壊していく。それがいいのか悪いのか、今は分からないが。だが新しいものに目をつむるより、大きく見開き、協力して成り行きを見守りたい。


[PR]
by guruguru-kobo | 2016-04-07 19:03 | ちょっと気になること | Comments(0)