美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「色を使って遊ぶ」 社会福祉法人寿会ワークショップ
d0134629_14565116.jpg
保育園の年長組を対象にしたワークショップ開催も4年目となった。5つの保育園関係者のみなさまのご理解もあって、年々内容を発展させることが出来ている。今年はこれから20回、延べ110人の子ども達に、僕の遊びを提案していく。まず、新しいチャレンジとして、2つの園の子ども達、約50人を一堂に集め、「色で遊ぶ」ワークショップを開催した。

沢山の子ども達が集まると、それはそれなりに進行なども難しくなるが、それ以上に相乗効果によって生まれるものが制作のエネルギーとなって現れる。これはやってみなければ分からないが、今回はとてもいい形で生まれたように感じている。

園ごとに10メートルの画用紙に、テーマに合わせて色を塗る。各チーム20人以上いるので、10分もせずに完成する。天気に恵まれたので、絵の具は気持ちよく乾燥し、次々に子ども達が思い思いの色を重ねていく。変わっていく色はまるで空模様を見ているようだ。

鮮やかなで塗りやすいアクリル絵の具は、子ども達にとっては格好の遊び道具となった。絵の具の上で転げ回る、混ぜ合わせる、そして塗り替える。目にも鮮やかな赤の中で転げ回ると世界はどんな風に見えるだろうか。

5.6歳になると、描くことに抵抗が生まれはじめる。上手い下手を気にして、恥ずかしい思いで筆を握る子もいる。このワークショップでは、最終的にはテーマに沿って形を描くが、大人は一切干渉しない。子ども達が思い描く思い思いの形を描く。大きな蛇もいるし、カブトムシもいる。言われてみないとよく分からないが、それでいい。きっとここでは描いているのではなく、塗ることを楽しんでいるのだから。

たっぷりと色を塗り、色水をつくり遊ぶ。鮮やかな色彩は、気持ちを高揚させたようだ。子ども達の様子を見ているとよく分かる。記憶のどこかに、色を使って遊ぶと楽しいなあという思い出が残ってくれるといい。今年はまだ始まったばかり、どんどん面白い遊びを提案して行きたい。

d0134629_19464081.jpg

[PR]
by guruguru-kobo | 2016-05-23 20:01 | ワークショップ | Comments(0)
ハイブリッドの可能性 多摩美術大学生涯学習講座「コンピュータと銅版画」
d0134629_23434712.jpg
生涯学習講座「コンピュータと銅版画」の第2クールが始まった。昨年から多摩美術大学情報デザイン学科の久保田教授と一緒にこの講座を担当させていただいている。

さて、この講座だが、コンピュータを使用して描画し、自製の部品を取り付けたプロッターで銅板や塩ビ版に版刻して、プレス機を使用して刷るというものだ。描画は写真から取り込むことも、またタブレットなどで描くことも出来る。上級者は描画プログラムで機械を動かすことも出来る。実際の版刻は、もともと薄手の紙などをカットするためのマシーンに、銅を彫るためのニードルを付けることで行うが、この部品、3Dプリンターを使用して、人数分製作し配布した。このようなことが簡単に出来てしまう時代になったので、考え方次第では面白い作品が生み出されると感じている。

日本の芸術分野では専門分野が横に繋がることがないので、自分の領域で突き詰めることを要求されがちである。もちろん、その方が突き詰めたものが出来る良さもあるが、瓢箪から駒のような出来事は起こりにくい。僕は自分がアナログで制作することは大好きだが、その半面、いろいろなジャンルの方とお付き合いすることもまた好きなので、このような講座に参加出来ることはとても有り難い。アナログが好きな人は、コンピュータなんて。と否定しがちであるが、実は制作のプロセスや時間の掛かり方は大して変わりがない。物質に向かうのか、そうでないのかの違いだけではないだろうか。コンピュータを使用した描画は、慣れている人が描くと、まるで手品を見ているように見えるが、自分がやってみるとなんとも難しいものである。結局、突き詰めないとどちらも簡単にはいかない。機械は簡単だ。それこそがすり込まれた妄想の産物だと思う。

今回の講座では、僕の方からはどちらの分野にも共通するレイヤーの使用で制作することの面白さをお話しさせて頂いた。これは僕の最近の興味でもある。僕の興味もこのところ、非常に大きく変化している。この考えを軸にデジタルとアナログの組み合わせ考えると、複製技術を使いつつ、複製以外の面白さが生み出させるのではないかと考えている。

銅版画とコンピュータ。創作技術として、どちらも大きく欠けている部分がある。上手く補えるとハイブリッドならではの面白いものが出来てくるに違いないと感じている。


[PR]
by guruguru-kobo | 2016-05-22 23:51 | ワークショップ | Comments(0)
勝手に造園
d0134629_16345812.jpg

先日全滅してしまった金魚の水槽に、蓮鉢で飼っていたメダカを入れることになった。メダカだけでは寂しいし、水槽内の環境が良くないので、貝やエビを入れることにした。買ってくれば簡単だが、子供の遊びの一環として、近所の河川に探しに出かけた。

子供の頃から慣れ親しんだ川なので、生き物がいそうな場所に当たりをつけ河原におりる。いろいろ探してみると茂みの中に綺麗な風景を発見した。他の場所とは明らかに異なる景色で、ゴミもないし、他の場所に生えていない植物などが、まるで作られたように配置してあった。

水の中に入ると、明らかに誰かの手によって島が作られ、景色が作られたことが分かる。そして小さな生き物が生息しやすい環境になっていた。これ幸いとエビやザリガニを採取して、楽しく遊ぶことができた。子供の頃、近所にこんな水辺のある庭を持った家があった。「遊ばせてください」と声を掛けよく遊ばせてもらったものだった。ここは、誰の庭でもないが、きっと心ある誰かの庭なのだろう。他の人が荒らさないで欲しいなあと思いつつ、その場を後にした。


[PR]
by guruguru-kobo | 2016-05-14 16:59 | ちょっと気になること | Comments(0)
出前ワークショップ in 前橋
d0134629_20345630.jpg
日曜日に個展開催中の画廊(ギャラリー・スペースM)でワークショップを行うことになっている。会期中にワークショップをするようになって、もう何回目だろうか。

銅版画というのは、一般的に大変マイナーなジャンルなので、説明するより体験してもらいたい。技法を知ると、作品の見え方が変わり版画をもっと身近に見れると思う。

さて、今回はドライポイント技法で制作する。この技法は鉄針とルーレット(細かい傷を付けることが出来る器具)を使って、銅に直接描いていく方法だ。初心者の方にも簡単に出来るが、凝り性な方はひたすら何時間も描いていることが多い。簡単にも出来るが、難しくも出来る。この技法は奥深い。印刷には小型プレス機を持参して、フランス製の水性インクを使うことで、換気設備のない画廊でも快適な制作が出来るようになった。銅版画の技術というのも、少しずつではあるが進化して便利になってきている。

今回はどんな作品が生まれるのか、出張ワークショップをとても楽しみにしている。



[PR]
by guruguru-kobo | 2016-05-13 20:48 | ちょっと気になること | Comments(0)
彫刻への興味

d0134629_07483731.jpg

ある彫刻家から案内状を受け取った。初めて見る作品だが、一目でオリジナルを見てみたいという気持ちになった。今回に限らず、沢山頂く案内状のなかに、時々そんな思いにさせるものがある。

早速出かけてみると、案内状よりはるかにオリジナルが素晴らしい。ジャンルとしては、陶による彫刻になるのだが、ブロンズのような表面をしているので金属かと見間違う。いろいろ聞いて見ると、魅力的な表面の表情は、長年の経験から苦労して作りあげた手法によるだということが分かった。

他にも、角材を組み合わせて彫りあげる作品や、乾漆を使った作品で注目してみているものがある。それらは、作家毎の独創的な手法によって作られ、ゆったりとした有機的な形をしていることが、自分の好みの共通項となっている。

版画を中心にした仕事をしているので、本来彫刻は門外漢だが、このように、ここ最近強く惹かれるものは彫刻が多い。本来、空間における塊のようなものに興味があるのもしれない。その中で最近特に興味があるのは、彫刻家の素描というものだ。彼らがなにに焦点を置いて描いているのか。マッスなのか、形態、はたまた動きなのか。絵画系の素描とは明らかに異なる彫刻家の素描に興味が尽きない。

いろいろ考えてみると、僕の作る版画というのも、絵画の延長ではなく、創るという形づくることに繋がっているので、本質的には、塊を創り出すことに興味があるのだろう。違う観点から自分の取り組んでいることを見てみると、思いもよらない発見があるはずだ。彫刻への興味の追求は、自分にとって版画への視点をより強固にするために必要な探究なのだと感じている。




[PR]
by guruguru-kobo | 2016-05-12 07:53 | Comments(0)
描く
d0134629_07495928.jpg
今春から関わっている小学生対象のワークショップの下準備に参加した。ワークショップで制作する作品を、サンプルとしてアシスタントが事前制作することになっている。

今の学生さん達はいろいろな機会に恵まれて、学校の仕組みも随分変わったなあと感じる。主に大学院生がアシスタントを担当するが、描くということに慣れていて、どの学生さんも非常に上手い。

今回は水墨画だが、最初からカンというか、コツをつかんでいるように思う。どのような濃さの墨を使って描き始めるかで随分出来上がりが異なる。学生さん達のやっているのを見ていると、最初の感覚で素材をコントロール出来ているように見える。さすが美大の大学院生である。

シンプルな素材を使うと描き手の個性というものが、よく表れているようにも見える。僕は、濃い墨でいきなり形を描きはじめる。基本的に躊躇がない。何回も塗り重ねる人もいる。一筆書きもいる。実に面白い。

描くということを見ていると、気質というものがよく分かるように思う。子ども達の作品は、きっと本当に千差万別となるだろう。描くというとはそれでいいと感じている。

d0134629_07502036.jpg


[PR]
by guruguru-kobo | 2016-05-11 07:54 | ちょっと気になること | Comments(0)
新作銅版画の制作
d0134629_16050761.jpg
前橋の個展がはじまったばかりだが、常に制作は続く。今年は嬉しいことに、あと2回、6月と10月と都内で個展が続く。出来るだけ新作を展示したいので、せっせと制作が続く。頭の中には、全く異なるプランが沢山あるのだけど、なにせ手が追いつかない。

今制作中の作品は、2月の養清堂画廊で発表した、Correspondances とAPriori Towane。APriori Towaneは、2月の展示をもって制作を終了しようかと思っていたのだけど、もう少しだけ発展ののりしろがありそうなので、サイズを変えて探究することにした。たぶん、3等分したイメージの作品は、もう少しサイズが大きいだけで、印象が随分違いイメージを変化させることが出来ると思う。まあ出来てみないと分からない。

新しい試みのCorrespondancesはこれからなので、こちらはもう少しイメージを整理して、サイズを変えて取り組んでいる。前回の個展で多くの改善点が見つかった。まずそれを試してみる。これから暖かくなるので良い腐蝕が出来て、制作のリズムが良くなってくる。やはりこの季節は僕の銅版画制作に丁度良い。

それと今回から、これまでてんでばらばらだったサイズを少し統一して、制作してみることにした。これは、僕にとって初めての経験で、それがプラスになるのか、マイナスになるのか分からない。なんとなく不自由な気もするが、なんでも最初はそんなものだろう。











[PR]
by guruguru-kobo | 2016-05-09 16:20 | お知らせ | Comments(0)
エングレーヴィング技法を学ぶ 町田市立国際版画美術館

d0134629_10492147.jpg

尾﨑ユタカ氏によるエングレーヴィング技法の講座に参加した。尾﨑氏は、小さな画面に精密な美しい表現で日常の風景を刻む作家としてよく知られている。

講座は大変分かり易く、高度な技術(例えば研ぎや道具の扱い)などをデモンストレーションによって学べる内容で、このレベルの講座に無料で参加することが出来るとは何とも有り難い。尾﨑氏はこの技法の数少ない本物のスペシャリストなので、ビュランに興味のある方には必聴の講演会だったのではないかと思う。丁寧な解説とよく準備された講座は、非常に勉強になった。

特に、刃物の研ぎは、技法そのものに直結するので、作家の話にも熱が入る。教える側にとって、刃物の研ぎの感覚は、経験のない方に伝えるにはもっとも難しい部分だ。今回は、作家の感覚的な経験論ではなく、模型を使用した視覚的な説明だった。これは本当に分かり易く、こんな話の仕方もあるのだなあと勉強になった。

また、通常45度に研磨する刃先の角度を60度から80度にされているらしいと聞くことが出来た。実際見てみると、ほとんど直角に近いものがある。しかし刃先がとても綺麗で触れただけで切れそうな感じだ。これなら少し押すだけでも彫れる訳だ。彫り方によって研ぎ方も、また大きく異なる理由も詳しく話されていた。これはなるほどと言った感じだ。

日本人の銅版画技法は、作家毎に研究され構築されたものが多い。そのため道具の使い方が異なり、技法というより手法にちかい。いろいろな作家の道具を見て、考え方を聞くことは、自身の表現の幅を広げる切欠になるだろう。エングレーヴィング技法と一口で言っても、実際はさまざまな方法があることが分かる。一般的に技法にイメージを合わせて制作しやすい銅版画への取り組みは、技法の本質を知ることで、表現に合わせて的確な技法を使うことができるようになるのではないだろうか。

今回の講座は、短い時間で技法の本質を学ぶことが出来る貴重な機会だったように思う。


◎写真は、尾崎氏の使用していたものと同型のものを制作している所。(講座とは関係ありません。)


[PR]
by guruguru-kobo | 2016-05-08 10:58 | ちょっと気になること | Comments(0)
そして誰もいなくなった
d0134629_07583002.jpg
大変ショックなことがあった。数年前から水質を作り上げて大切に育てて来た金魚たちが、一晩にして全員いなくなった。ここ最近暖かくなったので、元気よく泳ぎ回るのを毎日楽しみに見ていたので、大変残念。他にも、蓮鉢のオタマジャクシや、メダカなども全滅は逃れたが、可哀想なことになった。

足跡からして、狸、アライグマ、ハクビシンなどだろう。自然の摂理と言ってしまえばそれまでだが、なんとも残念だ。

ある日突然こんなことが起きたのは、次男のお願いを聞いて庭先でバーベキューをしたことが原因だろうということになった。臭いに誘われて出てきたのだろう。

その次男と言えば、大してかまいもしなかったのに、「俺が大切に育てていた金魚を食いやがって!!」とカンカンで、「探し出して食ってやる!!」と息巻いていた。たいしてかまいもしないで良く言ったもんだと思いつつも、自分の子どもの頃も両親がせっせと餌やりや水替えをしていたことを誰もいなくなった水槽見て思い出した。

もうしばらく金魚を飼うのはやめておこう。なんだかすっかりがっかりしてしまった。


[PR]
by guruguru-kobo | 2016-05-07 07:59 | ちょっと気になること | Comments(0)
家族の肖像
d0134629_21572841.jpg
何とも可愛い張り子のダルマ。大学時代の同級生、松崎大祐作。今回は張り子作品の初個展。他にも沢山可愛い作品があったが、これは家族の肖像のようで、気に入って連れて帰ってきた。これからどんどん面白い作品が出来てくると思う。とても楽しみ。展覧会は5月8日まで。雑司ヶ谷、旅猫雑貨店

d0134629_22023131.jpg
母の日のプレゼントに長男が描いた絵。


d0134629_22095984.jpg


[PR]
by guruguru-kobo | 2016-05-06 22:18 | ちょっと気になること | Comments(0)