美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
いまを見る
d0134629_08343562.jpg

10代の終わりから銀座の画廊巡りをはじめた。美大受験の最中だったが、当時活躍していた作家が先生だったので、個展準備の方法や設置の仕方などを含めて、画廊巡りも勉強の一環として当たり前のこととして教わった。

その画廊巡りは、かつてほどではないが今でも定期的に続けている。世間話はあちこちで尽きないが、ただ見て回ることが多い。銅版画を専門としているが、見て回るものは幅広い。日本画から彫刻、インスタレーションとなんでも見て回る。琴線に止まるものは実際に見て感じたい。

画廊巡りをはじめた頃は、作品のことを尋ねることができるような雰囲気はなく、気軽に尋ねると、勉強不足だ、帰れ!なんて言われたが、今はどこに行っても親切丁寧にあれこれ説明してくれるようになった。作品の風潮も画廊のスタイルも時代を経てどんどん変わっていると感じる。

しかし、たったひとつ変わらないことがあるとすれば、画廊では同時代を生きている作家の今を見ることが出来ることだろうか。過去の名作から学ぶことも大きいが、同時代の作家の呼吸を生で感じることで、自分のいまを客観的に鑑みることができるように思う。

[PR]
by guruguru-kobo | 2017-03-14 08:38 | ちょっと気になること | Comments(0)
二つの展覧会が終了して
d0134629_07193875.jpg
個展とお雛様のグループ展の二つが土曜日に同時に終了しました。お忙しい中ご来場下さったみなさまありがとうございました。今回の個展では、いつもご来場くださる方に加えて、かねてからお話しして見たいと思っていた方や、思っても見なかったような方のご来場をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。展覧会を開催してみるといろいろな発見があります。

在住市の座間神社で開催されたお雛様とアートのイベントも盛況で、沢山のご来場を頂きました。1000体の鎮座したお雛様も綺麗でしたが、つるし雛も素敵でした。来年はロボットが登場するとかしないとか、さらにパワーアップして開催される予定だと聞いています。地域のイベントとして定着して欲しいと思っています。

次回の展覧会は、新作銅版画展"The Power form of Life" を、6月14日〜21日まで六本木湘南台MYギャラリーで開催予定です。本展は植物が持つ、力強い生命のフォルムを、重厚なマティエールのエッチングにより表現した新シリーズ約15点による銅版画の展覧会となります。

[PR]
by guruguru-kobo | 2017-03-05 07:42 | ちょっと気になること | Comments(0)
サインを見逃してはいけない

d0134629_22273174.jpg

6歳の次男が、保育園で描いた絵を得意げに持って帰ってきた。面白い絵だが、良く聞いてみると、友達が描いたものに色を塗らせてもらっただけらしい。そんなことが2日続いた。


そんな様子を見ていて、本当は自分で描きたいのだが、たぶん友達よりも上手には描くことが出来ないので、仕方なく色を塗らせてもらったのだと思った。描きたい気持ちはあるのだけど、突破する方法が見つからないのだろう。


わざわざ絵を持ってきたのは、そんな助けてサインだと思った。早速、やんわり絵を描くことを誘ってみた。小さな子供は、手の力を上手く使えない。だから線を思ったように描くことが難しい。長く柔らかい鉛筆を与え、手を添えてゆっくりと話しを聞く。呼吸に合わせて、人差し指に力を入れ思い切って描くことを伝えた。


少しコツが掴めてきたら急に楽しくなったようだ。しばらく目を離したすきに、お絵かき帳ほとんど全てのページに力一杯怪獣を描いて見せてくれた。そこには、元気の良い次男の声のような、自身に満ち溢れる気持ちのいい線が踊っていた。これでいい。


ちょっとしたことで、進むべき道は大きく変化する。些細なサインを見逃してはいけないと今日は強く感じた。




[PR]
by guruguru-kobo | 2017-03-02 22:31 | ちょっと気になること | Comments(0)
「日本創作版画展」に出品しています
d0134629_10081654.jpg

「日本創作版画展」が松坂屋・名古屋ではじまりました。3月1日〜7日まで。8階イベントスペース。

本展は日本版画協会第84回版画展受賞作家作品特集として、4日14時〜準会員優秀賞を受賞した岡田育美さんの講演会「木版画とわたし」、5日14時〜理事長の磯見輝夫先生講演会「現代版画と日本版画協会」が開催されます。

私の作品も1点会場に展示されております。ご高覧いただけますようお願い申し上げます。http://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/

d0134629_10081526.jpg
d0134629_10081578.jpg
d0134629_10082089.jpg
d0134629_10081835.jpg
d0134629_10082230.jpg
d0134629_10082457.jpg

[PR]
by guruguru-kobo | 2017-03-02 10:09 | お知らせ | Comments(0)