美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
紫陽花の咲く頃に
d0134629_07395364.jpg

不思議と6月に展覧会をしていることが多い。今日もこれから画廊に行く。十数年前の今頃も、銀座の画廊での展覧会後、みんなで打ち上げに行った。宴席で、後輩たちからそういえば、お子さんはいつ頃生まれるの、予定日は?と尋ねられ、来週。と答えると、聡明な後輩たちは今すぐ終わりにして帰りましょう。と僕を急き立て帰宅させた。不思議なことに帰宅すると、すぐに破水があり、慌てて病院に連れて行った。翌朝、無事に元気なお子の子が生まれた。カシワバアジサイが咲いているのを見ると、不思議とその時のことを思い出す。

大矢雅章銅版画展 - The Days -

会場:湘南台MYギャラリー

会期:6月14日(水)~21日(水)12:00~19:00 最終日17:00迄。

在廊予定日:19/21日 14:00~


[PR]
by guruguru-kobo | 2017-06-19 07:42 | ちょっと気になること | Comments(0)
写真のこと
d0134629_08125270.jpg
僕の創作は今では銅版画が中心だが、はじまりの頃は写真家になろうか随分と迷ったものだ。その位写真が好きだった。当時、知り合った写真家の作品がとても気に入っていて、銅版画と交換していただいたことがある。その作品はいまでもリビングに掛けてあり毎日眺める。もう十数年以上経つが、いつみても自分の中で色褪せない気持ちの良さがある。

今朝、その作者からFacebookのリクエストをいただいた。随分長いこと疎遠になってしまったが、再開の切欠が出来たことは本当に嬉しい。不思議なことに、この4月から昔写真の関係で知り合った人たちと急に再会し、また繋がりができた。

しかし、あれだけ好きだった写真に、急に興味がなくなったしまった訳は、当時は自分でもさっぱり理解出来なかった。しかし版画の論文を書くことで理由をはっきり認識できた。ひとつの要因として撮影がデジタルに移行して、現像を待つ期待と不安の入り交じる時間や、ケミカルな現像過程がなくなったこと、あとは、写す、切り取るという創作のスタンスに明快なテーマを見つけることが出来なったことにある。

写真を作る楽しみをどこかで捕まえることができたら、もう一度、写真での創作に取り組んでみたい気持ちが、今でも心の何処かにある。もしかしたら、そのチャンスが不意に近づいてきたのもしれない。やりたいこと、作りたいものが沢山あって、本当に悩ましい。





[PR]
by guruguru-kobo | 2017-06-15 08:21 | 制作日記 | Comments(0)
銅版画 インクを練る
d0134629_07344796.jpg
今回の個展ではいろいろ思う所あって、作り方から使用する材料まで、いつもと違うものを多用した。最終的には自分のアトリエの道具とレイアウトまで変更することになった。

いつもと違うアプローチでの制作は、当然困難が伴う。作品の刷りが気に入らず、インクの種類や色を変えて見る。市販のものも使うが、今回は顔料と焼き亜麻仁油を練って作る。粘性の都合と色調の関係で、こちらの方がいいようだ。

結構時間が掛かる作業になるが、このように練り上げるインクは市販のものとくらべてサラッとしていて刷りやすい。もちろんそれは油の粘度にもよるけれど、今回の製版には丁度いい加減だ。

出品作の半分は、このようにして作ったインクを使った。そのように作ったインクは顔料の個性で少し茶系に偏っている。黒という名前で販売している顔料でも、いろいろ使って見ると、その幅はとても広いが分かる。

いろいろ簡単にできることが求めているけれど、古典的な方法で制作するのがやはり僕にはおもしろい。

[PR]
by guruguru-kobo | 2017-06-09 07:38 | 制作日記 | Comments(0)
新作銅版画展  - The Days -

d0134629_20090028.jpg


会場:湘南台MYギャラリー

会期:6月14日(水)~21日(水)12:00~19:00 最終日17:00迄。

在廊予定日:14/15/18/19/21日 14:00~

展覧会名:The Days

コンセプト:本展「The Days」では、自身が慣れ親しむ庭に生息する多種多様な植物をモチーフとして、生命がもつ普遍的なかたちをテーマにした銅版画(エッチング)による約15点を展示します。The Daysシリーズは、植物が生きる短い命の間にみせてくれるユーモラスであり力強いフォルムに、すべての生命に通じる生の営みのイメージを重ね合わせ造形したものです。日々変化する植物の形を観察していると、そのかたちの中に人の営みを重ねみることがあります。それは時に若く、また、たおやかであり、そして老いていくかたち。そのように感じるのは、すべての生命が響き合い生きているからでしょう。生命に共通する形は、人の心理により問いかけさまざまな感情を喚起させることができると考えています。題名のThe Daysは、移りゆく時間の中での「日々」を指しています。腐蝕銅版画によるイメージの具現化によるそのかたちは、まるで化石のような表現となります。ある日常で見た一瞬は、銅版画となることで普遍的なものとなり、生への問いかけとなって欲しいと考えています。


[PR]
by guruguru-kobo | 2017-06-07 20:18 | お知らせ | Comments(0)
共に創る喜び
d0134629_18470037.jpg
社会福祉法人寿会の保育園で開催しているアートワークショップが、この春5年目を迎えた。はじめはみんな不安だったワークショップも、今では子供達、保護者、関係者のみなさんの理解を得て、みんなで作り上げる園の一大イベントになってきた。

これは願ってもないことで、だんだん理想の形に近づいてきた。これからは平常の保育ともっと関連し、創ることの喜びが子供たちと保育士のみなさんの中に育まれる切欠になればいい。

ワークショップでは、僕は場を提案し、タクトを振る。どこに進むのか、なにを楽しむかは、参加する子供達、園の先生達にお任せしている。どんなものができるのかは、その時々のみんなの判断によって決まってくる。ベースラインを同じ内容で行っても、答えはいつも違ってくる。これは僕にとっても毎回タクトを振る楽しみとなる。そして最後はいつも新しい発見がある。

子供たちも先生も、いつも発見があったと知らせてくれる。僕らは創ることを通じて発見する喜びを共有している訳だ。みんなで何かを創り上げる。それは1人での創作では得られない喜びを見つけることができる良い機会だと思う。


[PR]
by guruguru-kobo | 2017-06-04 19:39 | ワークショップ | Comments(0)