人気ブログランキング |

美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2019年 05月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
パリ・ルーマニア旅行記2
d0134629_1614490.jpg

夜遅くにパリに到着後、ロワシーバス(市バス空港便)をつかって、オペラに帰る。オペラには日本食と韓国料理のお店が多く、何不自由ない日本の生活が送れる地域になっている。このバスでも地下鉄の駅でも日本語で、「スリに遭わないように貴重品にはご注意を」とアナウンスが流れる。いかに日本人がパリで被害にあう人種がこれだけでもよくわかる。

d0134629_1604358.jpg

世界の美味しいものを食べ尽くしたいという願望の持ち主で、行き先々の名物料理を食べて歩いている僕だが、今回のルーマニア料理は珍しく少しだけ、胃に重い料理だった。もしかしたら少し年をとって、これまでの暴飲暴食が出来なくなってきたのかもしれないと、ふと頭をよぎる。(写真はルーマニアのロールキャベツ)もしそうだとしたら、寂しいなあと思う。

それでもどうしても韓国料理が食べたいので、歩き回っている内に、閉店の時間になってしまって、久しぶりのラーメン屋で焼きそばを頂く。ここでも、フランスに来て焼きそばって、ということになるが、やはりくたびれているときは、食べ慣れたものがいいと思う。


今回の旅では前回の研修で知り合った人たちの家を借りたり、また会ったりと350日しかいなかった割に沢山の会いたい人がいるのがいい。ちょうど日本に短期帰国している方の家を借りているだけど、とっても広くて、プレス機なんかもおいてあって快適そのものです。2008年に来たときも2区に最初に滞在したけど、今回も2区。二区はポンピドゥーセンターやオペラにも近くてとても便利。

ちょうど帰国して一年半ぶりのパリは細かいお店が結構変わっていて、無くなってしまって残念なお店もあるけれど、ほとんどが同じで、東京にいるのと同じような気持ちでいれるのがいい。

d0134629_1634033.jpg

アポなしでアトリエにふらりと行ってみると、ディレクターのフォアンがいた。滞在していたアトリエはディレクターのエクトール・ソニエが日本ではおなじみだが、実はもう一人フォアン・ヴァヤダレスがいる。僕はこの人と一緒に金曜日のクスクス(宗教の関係でクスクスは金曜日の食べ物)を食べるのが大好きだったので、行きつけだったレストランにお昼を食べに行ってきた。


08年に滞在したときに、初めてこのクスクスという料理を食べて感激した。フランスで食べた一番美味しいと思う料理の一つである。このクスクスは本当はアルジェリアやモロッコで、金曜日のお昼に家族で食べる風習がある料理である。大きなお皿からみんなで、まるで砂場の山を崩しながら砂をスプーンで採るようにして食べるこの料理をごちそうしてくれるというのは、ファミリーに入れてくたかどうかという証明でもあるように思う。

d0134629_165220.jpg

帰国する際になんどもパリに残れないのかと声を買えてくれた人なので、すっかり昼間から宴会が弾んでしまった。行きつけだったレストランのマスターも再会をとっても喜んでくれて、おまえはクスクスブロシュエット(写真)だろとおきまりの大好きメニューを覚えていてくれて嬉しかった。

d0134629_1663268.jpg

でもこのマスターは一言も英語が出来ないので、本当にフィーリングで仲良しなのである。まあマスターはもともと肉やで肉を愛しているので、肉友達言うべき人かもしれない。肉のうまさはお互いの顔を見れば充分に伝わるのである。

続きはまた明日。
by guruguru-kobo | 2010-11-23 16:09 | 旅行記
<< パリ・ルーマニア旅行記3 パリ・ルーマニア旅行記1 >>