人気ブログランキング |

美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
パリ・ルーマニア旅行記14
d0134629_14524848.jpg

すっかり雪景色のパリです。雪がうっすら積もるくらいなので、寒さも厳しいはずです。
そんな中、ついにこの旅の真打ち、詩画集の共作者のロベール・マルトーと会う日がやってきました。まるで試験の当日を迎えたような気持ちでした。

d0134629_14534994.jpg

ロベールの自宅にエクトールと翻訳者の荒木さんと共に伺って、一つ一つみんなで作品をみながら、ロベールの詩の朗読を聞かせてもらいました。やはり本人の声で聞くと、意味は分かりませんが、とてもぐっとくるものがあります。次回、2011年4月開催の個展では詩人の朗読を会場で流したいと思っています。

d0134629_14543795.jpg

心配していた詩画集の出来も、そこに立ち会ったみんなが満足してもらえる結果となり、これで肩の荷が下りたように思います。緊張がとけてどっと疲れてしまいました。彼らはこれまで沢山のハイレベルの作家とのコラボレーションをしているので、その目にかなうのは大変なことですから。

彼らが僕の仕事に対する返礼として、彼らの共作詩画集にロベールが直筆で詩を書いてくれて手渡してくれました。その書き出しには年の離れた友 雅章へとありました。その先に書いてくれた内容を聞いて本当に震える気持ちを覚えました。

彼らとの出会いと共作の経験は僕にとって本当に大きな出会いになったように思います。まずこれが派遣の成果としてここに結実したことを喜びたいと思います。

ゆっくりと食事をしながら話会った結果、ロベールとエクトールはこの詩画集の展覧会をパリでしたいと本当に思ってくれているようで、この先にどんな展開があるのか、作品の本当の力がこれから試されるようです。僕にとっても楽しみがまた一つ増えたように思います。

d0134629_14551475.jpg

d0134629_14555119.jpg

楽しみと言えば、僕にとって食事は何よりも楽しみ。今日は締めということで、ちょっと高めのレストランで食事をしましたが、好みを知っているエクトールはいつも美味しいものだけ選んでくれます。ロベールは、エクトールは雅章の好みを良く知っていると、料理を食べながら嬉しそうに話していましたっけ。
by guruguru-kobo | 2010-12-03 09:10 | 旅行記
<< パリ・ルーマニア旅行記15 パリ・ルーマニア旅行記13 >>