美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
d0134629_1438561.jpg


最近よく夢を見る。先日、同窓会に参加した帰り道に一緒にいた友人が突然河に飛び込んで自殺する夢を見て飛び起きた。この寒い中、飛び込んで助けなくてはと呆然と思っている内に目が覚めたことは幸いである。

先日、この夢をテーマにした映画「インセプション」を見た。映画としては、話題になったCGよりは、シナリオというか、物語の定義や夢を構築するという発想などが、SFとして非常に面白いなあと感じた。特に劇中で夢を構築する若い設計士に対して、主人公が夢の構築方法を指導するシーンが特に印象的だった。

先日、このブログでも紹介したデジタルプリントの展覧会を見てから、デジタルによる二次元作品(平面)について、自分ではいったいどのようにして考えたらいいのかと、暫く頭にあったのだけど、この映画でCGによって描かれた、「夢を限りなく現実に忠実に再現すると共に非現実であること」と、いうことがぴったりだなあと、やっと腑に落ちた。超リアリズムの中にあるほんの少しの歪み。これ面白いなと思う。デジタルプリントにちょっと挑戦してみたあなあと、ピンとひらめくものが、この映画にはあった。
by guruguru-kobo | 2010-12-27 11:45 | ちょっと気になること | Comments(2)
Commented by 鈴木朝潮 at 2010-12-27 18:27 x
デジタルプリントの最大の魅力はその未完成な部分です。銅板、木版は長い歴史の中で枯れた技術、小作青史先生ほどの知識と発想がなければ新しい刷りなど簡単に出来るものではありません。

しかしデシタルはまった未知の産物です、私ごときがちょっと考えれば新しいアイディアがドンドン出で来るのです。「こんなの版画じゃない」と良く言われますが、そんな時は「新しい事への挑戦を忘れたら芸術ではありません」と言い返す事にしています。先日、大矢氏も良くご存知のW先生に「お前は春陽会にデシタルなんか出しやがって」とまた首を絞められました・・・・
Commented by 真木欣一 at 2010-12-28 18:37 x
この写真は夢を表す一場面でしょうか?水のイメージは明白ですが、細部はわざとぼかしてはっきりしていない・・・。デジタルプリントをやっていますが、作品は「夢的な心象風景」を描いたつもりが「現実を忠実に再現しただけのように見えて、非現実であることを表現していない」ことが多いようで、反省点です。(インセプションは見ていませんが地面が捲り上がるような画像ではなく)「ほんの少しの歪み」でインパクトのある非現実性を表現する作品を作ってみたいものです。大矢さんのデジタルプリント作品を期待しています。
<< ブログの書き込みにコメントします。 タダの一日 >>