美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イメージが呼ぶ
d0134629_21445770.jpg


数年前、パリに行くまでワインが体に合わなかった。でも短いながら住んでいるうちに、自然と体になじんでしまったようで今ではなんでもない。それよりも時々その味が恋しくなる時があるくらいだ。しかしなんでもいい訳ではなく、自分が覚えている、これだっていうものを口にしたい。

そんなワインを必ずと言って飲みたくさせるのは、「神の雫」というワイン漫画だ。これを読むと、必ずワインを無性に飲みたくなる。僕にとってはこの漫画はパブロフの犬のようなもので、ちょっと読んでしまうと、必ずワインを一杯という具合になってしまう。

そんなことで、久しぶりにこの物語を読んでみたら、懐かしのラングドック地方のワインを急に口にしたくなった。別にワインにことさら詳しい訳でもないので、えらそうなことは言えないが、たくさん口にした感覚からすると、この地方のワインには太陽の恵みを感じる、温かい芳醇な味が共通してあるように感じている。

この漫画によると、さまざまな地方で作られるワインはそれぞれに大きく個性あるようで、そのワインからイメージ出来る世界観は飲むものに無限の世界をイメージさせてくれるようだ。漫画はいささか大げさだが、僕にとってこのラングドック地方のワインは、艶やかな赤色を通して、南仏の強い太陽の下で過ごした夏の 日のシエスタを思い出させる記憶の付箋のようなものになっているのかもしれない。
by guruguru-kobo | 2011-01-19 00:01 | 好物この一品 | Comments(0)
<< 海は青く、山はどこまでも深い 無頓着にもほどがある >>