美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ステイタスシンボル
宇宙空間での使用に耐えた時計。深海300メーターでも壊れない時計。こんなものが、都市での使用になんの得になるのか分からないが、一生モノだということで、スイス製の時計メーカーは人気を二分する時計らしい。でも高い金額で買ったとしても一生持つわけはないように思うが。一生モノという売り言葉は売る時、買うときのただの方便にすぎない。

このスイス製の時計は若いビジネスマンに人気というが、都会にあって機能はあってないような時計ではあるが、価格だけははっきり高級だということは誰でも知っているので、若者が見栄を張るには十分なアイテムとして都市では機能しているようだ。

僕は今現在そんなものにまったく興味がないのだが、ひょんなことからそんな時計についていくつか調べることになって、いろいろ調べてみると、想像していたようりもずっと高価なものである。もしかしたら車や家が買えるようなものもある。

人さまの財布の具合は分からないが、何十万円もする時計をしているということは、本当はそのくらいの金額はなんでもないですよっていう、無言のシグナルのようなきがするが、実のところは清水の舞台から飛び降りた気持ちで買う人が多いのではないだろうか。

たかが時計、されど時計だが分かりやすいハイクラスのブランド時計は女性にはさておき、装飾品の少ない男性には清水の舞台から飛び降りても、ひとつは身につけたいステイタスシンボルなのかもしれない。そう言ってしまうと身も蓋もない話になるが、都会の砂漠で冒険するのには無理しても持っておきたい羨望のアイテムなのだろう。

本来本当の冒険に使う高級時計が、都会では違う形で狩りの道具して役立ってくるようで実に面白い。馬鹿とはさみは使いよう。良く言ったものである。
by guruguru-kobo | 2011-02-19 22:34 | ちょっと気になること | Comments(2)
Commented by けいちー at 2011-02-20 22:11 x
きゃー辛辣ぅー。
確かに海中にもぐったりしないしね。
でも自己満足って素敵☆
Commented by guruguru-kobo at 2011-02-21 13:13
よくよく考えてみると、広告に惑わされて必要ないものを買わされているなあって思ってね。自分で買う訳でもないけど、よくよく考えてみると、アホみたいだなあって思ったもんで。
<< 母性と父性 電波妨害 >>