人気ブログランキング |

美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2019年 05月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
右向け左
毎日あちらこちらから今回の震災に関連したご連絡を頂く。なかにはとてもナーバスになっている人もいたりするが、直接的な被害にあっていない東京近辺の大多数の人は、メディアに耳を貸さずに節電と無用な買い物や出歩きをしないことが、今現在出来る大多数の人にかせられた義務であるように思う。

大根が一本800円だなんてニュースが流れたが、近所のスーパーでは198円で販売されていた。電池は九州のヨドバシカメラでも完売らしいが、幸い我が家はまだ停電が一度もないが停電もたかが3時間の問題で乾電池の必要もさほど感じない。あまりピンポイントの情報をさも全国一律のように情報を流してもらっては困る。

僕は大晦日もみんながサッカーを見るために自宅に引きこもっている時も、全く見向きもせず、いつも通り、アトリエで同じだけ制作をしているので、今日も一人マイペースに制作を続けている。そんな態度が非情だと言われることも多いが、噂に右往左往されて世間を混乱に巻き込むことに荷担するほうが余程たちが悪い。
d0134629_1225338.jpg

そんなことを考えつつ、シルクスクリーンの刷りをせっせとしている。シルクスクリーンは自宅では刷りしかできないので、他の作業を何回か町田国際版画美術館の工房で制作を行って作業を続けているが、町田の工房は版画美術館だけあって実に快適でいい。それとスタッフの皆さんがとてもいい。

今回の詩画集では直筆の文字をシルクスクリーンにするための製版を業者に委託して制作したり、版画美術館で制作をしたりと、シルクスクリーンの比重が結構多かった。普段やり慣れないので大変な作業だけど、またこれまで関わりのなかった人達と出会えたりと楽しい制作となっている。
by guruguru-kobo | 2011-03-23 12:07 | 制作日記
<< 見える怖さと見えない怖さ 「たまはん震災募金」をおこないます >>