美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
デットラインの内側で
友人の作家から電話があった。明日の消印が有効の国際コンクールの要項について簡単な質問だったが、僕はすっかり出す気もなく、もう応募期間が過ぎているのではないかと言うと、明日の消印が有効だという。

間近に迫った応募期間ギリギリにまた新しい作品を制作しているらしい。いつもながら応募期間のその時間まで制作する姿勢に感心する。僕は諦めが少し早い過ぎるので、何事もいつもかなり早い内から撤退してしまう。この点は少し反省点なので、最近は勤めて意識改革しているだけど、やはりギリギリまでなにかしているには精神的によろしくない。

これは気質の問題でどうにもなるものではないのだけど、友人は何かにつけて、デットラインの内側で戦う猛者で、いつもながらその旺盛な意欲に驚く。

僕が今いろいろ思案していることは、いつも二次領域(やってもやらなくてもいこと)のことだけど、友人は指が触れたか触れないところにきたことを必死に回避したり、消火したりしているように見える。その様子は、例えるならまるで、城の城壁の中まで、攻めてきた敵をやりで追い払うような光景だ。普通はそこまで来ると絶望的なことが多いが、結局はいつもその槍で迫り来る諸問題を追いはらうことが出来ることが凄い。

一見そういうやり方は少しかっこ悪い感じもするけれど、なにも早く準備出来ていれば良い訳でなく、やはり作品はどれだけ完成度の高いものが出来たかが問われる。作品はいつ出来たかは問題ではなく、また制作の段取りを評価されるものではないからだ。

間際までじたばたする友人をいつも横目に見ていたが、いつもぎりぎりまで追い込んでつくられた作品が多くのコンクールで受賞する姿をみると、ギリギリまで追い込んで作る姿勢をいうものはものづくりのある姿勢として学ぶべき姿勢なのかもしれないと感じる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新作個展のお知らせ
9月20日から10月2日まで、小田原市に移転したすどう美術館で個展を行います。タイトルは大矢雅章 新作銅版画展 「眺めてみる漆黒の大きな銅版画と素描としての小さな銅版画」となります。なお会期中、ドライポイントとメゾチントのワークショップを行います。
詳しいお知らせは追って記載して行きます。
[PR]
by guruguru-kobo | 2011-08-20 00:01 | 交友録 | Comments(0)
<< 大矢雅章新作銅版画展 20日より 漫画のようなご飯の山 >>