美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
凹版画の研究
d0134629_7532997.jpg


多摩美術大学の渡辺達正教授がまた新しい研究をはじめて、その研究成果を見せてくれることになり、八王子校舎にある研究室に伺いました。

なにかといつも新しいことに目を向けて研究されている方ですが、今回は版画協会展などでも見ることの出来る、メディウムはがし刷りをさらに進化させて安定して作品として応用できる方法を考えて、その方法論を教えてくれました。

このメディウムはがし刷りは現在は版画協会会員で作家の三瓶氏が自作の技術として研究展開していますが、もともとは、木版リトグラフを開発した多摩美の名誉教授小作青史先生の着案研究によるものです。僕も大昔、小作青史先生からマチエールの深い銅版画に使ったらどうかと勧められたことがあり、2点ほどそれで制作したものがありますが、僕はその当時はプレス機で刷る方が好きで、結局それを研究する方向には行きませんでした。

さて、この方法論ですが、その後いろいろ研究されたので当時と比べるとだいぶ行程が簡単ですが、出来上がったものはなかなかいい感じに仕上がりました。僕もこの新しい方法論で制作をして見ましたが、プレス機のない環境でしっかりとした凹版画を楽しむのにはとてもいい技法のように思います。

この技法で制作されたものは、10月28日から11月3日まで文房堂ギャラリーで開催予定の多摩美術大学生涯学習講座有志第12回版画展で一点だけですが見ることが出来ます。

(写真は制作中の凹版画メデゥム雁皮刷り技法。ボールペンで製版します。)
[PR]
by guruguru-kobo | 2012-10-23 08:28 | ワークショップ | Comments(0)
<< 凹版画の研究 ビュラン フィールドワーク >>