人気ブログランキング |

美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2019年 07月
2019年 05月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
彼岸の入りに
d0134629_10185626.jpg


所属している公募団体の搬入に出かけようと準備していると、今日は彼岸の入りだから留守番をして欲しいと実家の母に頼まれた。どういうわけか、僕の所属している団体は、お盆だったり、お彼岸だったり、そういったときに、展覧会が重なるのだろうか。芸術家にはそういったことに無縁な人がおおいののよ。と母は皮肉めいて言うが、きっとそこしか場所が取れなかったのだろう。そう思いたい。

そんな彼岸の入りの早朝にお墓参りに行って来た。僕が子どもの頃は、お墓は杉林に囲まれていて、いかにもお化けが出そうな雰囲気を醸し出していた。そこでお線香に火をを付けるとき、たき火にする杉の枯れ葉を集めてくるのが僕の仕事だった。なにかと不器用なので、お線香に火を付けるときに必ず熱い思いをするので、どうにか良い方法はないかといつも思っていた。チャッカマンというライターが出回った頃、これはいいとそんなもので、線香に火をつけてみたが、なんて罰当たりだとえらく年寄りに怒られたので、またたき火になった。

しかし最近は、そんなうるさい年寄りもいなくなってきたので、雨の日でも簡単に火をつけることが出来る、仕事用の高圧バナーを使い始めた。これがなんとも簡単に線香の束に火がつくので、すっかり熱い思いをすることがなくなった。

これはいいと一人喜ぶ僕をみて、両親はきっとなんて罰当たりな奴だと思っていると思っていたが、先日それを貸して欲しいと言われた。時代は進化して、たき火は禁止になったのだ。なんとも世知がない世の中になってきたが、本来は家族が揃ってお参りに行くという儀式が重要で、線香の火の付け方が問題ではないということになってきたのは、僕としては嬉しい。

儀式の本質として、彼岸は仏教としては仏様を岸の向こうに行けるよう願う儀式となっている。しかし僕はお彼岸は家族を本当の死者にしないために行う、連綿と続く一族の儀式としてあるのだと感じている。本当の死は、誰からも忘れ去れた時にはじめて訪れるからだ。

僕の次男はこのお墓参りが大好きだ。喜んでお墓に出かけて行く。そんな姿をきっとご先祖様もさぞ喜んでいるに違いない。そんなことで、今年もお墓参りをして、おはぎを食べて彼岸がはじまった。
by guruguru-kobo | 2013-09-20 10:25 | ちょっと気になること
<< 季節外れの卒業式 流れる季節 >>