美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
メゾチントのこと ベルソーの種類
d0134629_08560372.jpg
このブログに銅版画制作に関係することを書くと、アクセス数がぐっとあがる。それだけ銅版画に興味のある人が読んでくれているということで嬉しい。

そんなことで、反響の大きいメゾチントのこと少し書きたい。昨日書いた目立てのことだが、ベルソーという専用の道具を使って、銅板の上に細かい傷を付けることで、銅板の表面をヤスリ目のようにすることを目立てという。

このブログを読んでいる人には、そんなことは・・・。と思われそうだが、ではベルソーという道具にどんな種類があるのか正確に知っている人は少ないと思う。僕もすべてを知っている訳ではないけれど、知っていることを少し書いておこうと思う。

現在では、ニューヨークのEC LYONS社のものを使っている人がほとんどで、45番・65番・85番・100番という番目のものを使ってる人が多いと思う。幅は6.3cmを中心に通常は10cm程度までが多いだろう。幅の広い方が効率的だと思いがちだが、手で掛けるのには6.3cmが丁度良いし、それ以上は何かしらの器具が必要になると思うし手首に負担が大きい。ベルソーに穴が開いてるもそんなに昔のことでなくて、ここ20年位のことらしい。その穴に重りをつけて目立てすることが出来るが、国内で販売されていないし、重ければいいというものではないので、これも使用にあったっては用心が必要だと思う。

現在普通に購入できるものは上記のものだが、少し前の時代はこの番数と形が現在のものと異なっていたものもあり、会社も異なるメーカのものもあった。まあ現在でも日本にも独自のものがあり、スペインなどでも購入出来るものもある。メゾチントの作品で有名な浜口陽三は80番を愛用していたと書籍には書かれているし美術館に展示もしてある。この道具は日本で購入すると高価なもので、そんなことで普通は1本の道具で全面に目立てして彫りはじめるのがスタンダードな方法だが、本来その考え方より多くの番数の異なる道具を使いこなして、作品中のマチエールをコントロールする方がいいのだろうと感じている。

僕は基本65番が好きだが、50番・65番・85番・100番・133番という順でもっていて使い分けている。もっぱら65番と85番が好きだが、場合によりけりである。また、それとほとんどの人は購入時の角度で使っていると思うが、先端部を電動工具を使って鋭角に研ぎ直すと目の立ち方がぐっと良くなる。ベルソーも刃物の一種なので、こまめに研ぐと目の立ち方が全く違ってくる。また、この角度によっても目立ての感じが変わってくるので、好みの感じを探す必要があるだろう。

またベルソーの使い方だが、日本ではベルソーは前に進めて行く場合が多いが、フランスでは手前に進めて行く人もいる。この方法で掛けると刃物が大きく湾曲して動くのでベルソーの目立ての模様が弓形に出てくる。これも好みだが、僕は手前に掛ける方が合理的で綺麗に掛かると思う。まあフランスで繊細なメゾチントを作る作家は手前に掛けているでこれも好き好きだろう。

ベルソーの使い方としてはメゾチントで有名な長谷川潔は、16本のベルソーを持ち、使い分けていたという証言もあるし、浜口はベルソーで描きながら製版を進めていたという。浜口は元々東京芸大(現)の彫刻科に入学してから中退して、フランスでこの技法に取り組んだが、この製版の方法は、どこか彫刻的でもあるように思う。

現在多くの作家が技法書にあるスタンダードな方法として、最初に決めたベルソーを使って、出来るだけ均等に目立てをしてからはじめるが、あまりその方法にとらわれずに、いろいろな番数の組みあわせやかけ方で、目立てに工夫をしてもいいのではないかと思う。

現存作家として、本人にお会いしたことはないが、ベルソーで描くように作品をつくる竹田和子さんや、ふんわりとした柔らかい黒が美しい丹阿弥丹波子さんの目立ては個性的でとてもマチエールが魅力的に見える。

昨日も書いたが、メゾチント作品の個性はベルソーで目立てした状態が最終的なマチエールとして大きく影響してくるので、最初から丁寧に作業を進めていくことが大切だと思う。

まあこれは僕の経験論なので、作家によっては全く違うこと言いますね。今日は簡単に書いたので、また詳しく書いてみたいと思います。

◎写真はEC LYONS社の10㎝。手作りのためにそれぞれ形状が違います。中にはアルファベットの記号が刻印してあって、きっと制作者のものだと思います。Mのマークが出来がいいように思います。

[PR]
by guruguru-kobo | 2014-02-16 09:11 | 制作日記 | Comments(0)
<< 展覧会のプレビュー メゾチントの目立て >>