美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
流行物を探す
d0134629_09250489.jpg
教育方針というのは、各家庭でそれぞれで、テレビも見せないなんて家庭も結構多い。僕は正反対の考え方で、興味のある時は無駄になってもなんでも与えてみて、子供が考えれば良いと思う。子供には子供の世界があって、親の方針で子供の輪に入れないのは残酷だと思う。僕は、他の家庭のお父さんより、子供に接している時間が長いので、子供達が遊んでいる様子をつぶさにみていることがある。まあそんな様子を見ていると、大人が流行物を持っていることで、話に入れるなんてことと同じような様子が見れる。こういうことは、個人主義の人にはあまりピンとこないことだと思うが、輪の中で生きるとそういうことが必要な場合があると思う。

まあ小学校なんて所は、社会縮図の原点のような所だと思う。さて、そんな様子を上手にアニメ化したのが、今爆発的に流行っている妖怪ウオッチという番組だ。これまでの人気アニメの良いところを上手に取り込んで、小学生の目線で描いている番組なので、心はわしづかみされているのだろう。現実と非現実の組みあわせがとても自然で面白い。

この番組に出てくるメダルが、全国で争奪戦でどこにいっても売ってない。それなのにどういうわけか、家内は上手に探して来ては餌付けするように子供にあげているが、今度はそれを兄弟間で奪い合いが続いている。写真のお菓子も、仮面ライダーのおもちゃも手に入れるが大変で、出かける度につぶさに見ているがなかなかない。

いつも思うのだが、大人ものでも子供ものでも、なにか流行ると本当にあっとう間に市場からなくなる。それだけ、そのことが話題になっているわけで、成長の過程ではその輪のなかに入れないということは、世の中の風潮上とても残酷なことでないかと思う。なんでも与えるのもどうかと思うが、成長に応じて、大人の価値観にあわないものでも、必要だと子供が欲しがるものは与えてみる必要があるのではないかと思っている。

[PR]
by guruguru-kobo | 2014-03-08 09:25 | ちょっと気になること | Comments(0)
<< 魅惑のニッポン木版画展を見て 保育園で本格銅版画 >>