美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
桃の木を切って
d0134629_18220403.jpg
朝から高いハシゴに登って、枯れた桃の木の枝を切った。簡単なことではなくて、結構高い場所に昇ってのこぎりで何本も太い枝を切った。この桃の木、実家にあるアトリエの上にあって、この時期ピンク色の綺麗な花を沢山みせてくれる。近所の人たちも楽しみにしていて、ご近所に春を知らせる花だったりする。

あまりの勢いで木を切り始めたので、近所の人たちもこれから花咲くシーズンを前に切ってしまうかと、次々に現れたが、枯れた枝の剪定だと聞いて帰っていった。この桃の木は、父が大切にしているもので、なかなか切ろうとしなかったが、さすがに折れて通行人にケガをさせてしまっては。ということで切ることにしたらしい。

古い桃の木には、むくろがあったり、枯れていたり、新しい芽が出ていたり、同じ木の中でもさまざまな様子を見せている。それは、まるでひとつの人間の家族のようだ。老いていく人あり、元気に育っていく子供達ありといった感じもする。これまで、高い木に登って剪定を自分で行っていた父が、これまでさせなかったような剪定をさせるようになったことが気になって、どこかこの大きな桃の木の様子に我が家の様子を重ね見た。

自作のオブジェ「星霜への考察」は以前、杉の木の伐採に立ち会ったことから「時間」に目をむけてその制作がスタートした。今日の桃の木の伐採は、なにか老いゆくものとの別れを強烈にイメージさせた。ものをつくる発想の原点は人それぞれだが、僕の場合いつも誰も気にならないような小さな身近な出来事からのことが多い。木を切るというのはいつも僕になにかをイメージさせる創造の原点になりやすい。



[PR]
by guruguru-kobo | 2014-03-17 18:28 | ちょっと気になること | Comments(0)
<< 知的好奇心 魅惑のニッポン木版画展を見て >>