美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
特別な刃
d0134629_21203217.jpg
いいなあと思う作品を作る人に、いろいろ聞いて見ると、たいてい特別な道具を持っている。メゾチント技法の場合、ベルソーという版に細かいまくれを作る道具が必須になるのだけど、この道具にはいろいろ種類がある。現在となっては、手軽に手に入る主要なメーカーは一つだけど、同じ会社でも時代によって形状が随分異なる。

僕の先生は、たいそうな道具マニアなので、いろいろな道具を毎年購入しているらしいが、先生曰く毎年形状が異なっているので毎年買うとのこと。これは使い手の要望に応えているいる内に形が変わっていくらしい。確かに10年もすると随分形が変わっていることが分かる。

現在アメリカ製で購入出来る刃の番数は45.65.85.100だ。これは1インチの中に何本線が入っているかで分かれているだけど、メゾチントで有名な浜口陽三なんかは80番を愛用していたらしい。刃を高倍率のルーペで見てみると、その間隔によって随分刃の形状が変わるので、きっと浜口の作品には80番が良かったのだと思う。あのザクッとした感じは80番の生み出す感じなのだろう。そう思うと欲しいなあ。80番。

僕は65番が好きなだのだけど、今回は85番、65番、100番、最後に133番と変則的にかけてみる。133番は超レアなので、見たことがある人は少ないだろうと思う。たぶん80年代以前に作られたものだと思う。これには理由があって、聞くところによれば、刃の形状で年代がある年代から大きく変化したらしい。

まだ刷っていないので、感じが分からないが、たぶんデリケートな印象に仕上がるのではないかと思う。メゾチントは目立てが全てなので、イメージにあった目立てが出来るように、いい所を探ってみたいと思っている。

[PR]
by guruguru-kobo | 2015-01-03 00:01 | ちょっと気になること | Comments(2)
Commented at 2015-01-07 08:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-01-07 21:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 最近の制作のこと 初夢 >>