人気ブログランキング |

美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2019年 07月
2019年 05月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
本屋さんは面白い
d0134629_18483286.jpg
先日雪の中、陶で作られた大きな彫刻のような作品展を見た。帰りに立ち寄った「LIXILブックギャラリー」で、工芸の領分という本が目に留る。陶芸は工芸の領分に入ることが多いと思うのだが、現代ではコンテンポラリーアートというジャンルに区分されるようなものもある。それがどんな点で線引きされるのか急に気になったからだ。

というのも、同じようなことが版画でも言えるからだ。どこまでがアートで、どこまでが工芸の領分に入るのか。よくよく工芸の問題から考えてみたいと思う。そんなことで随分と長いこと立ち読みしただけど、あんまり面白いので購入することにした。最近どんどん本が多くなり、これは危険だなあと思っているのだけど、やっぱり面白い本は持っていたい。買ってしまったので「工芸の領分」から、版画のことをゆっくり考えるとしよう。

「LIXILブックギャラリー」は、幅広いジャンルで面白い本が多い。ブラブラ見ていると、「ドングリの謎」という本に出会った。読んでみると、僕が興味を持っていることについて詳しく書いてある。かわいらしい絵と、対象に対しての愛情溢れる文章は、ドングリに興味がなくてもきっと楽しめる。理科の先生だと書いてあったが、こんな先生の授業は、いつまでも記憶に残るだろうと思う。

本屋さんはいつ行っても楽しいが、気持ちの余裕がないといい本との出会いはない。いつも銀座では足早だが、雪が降る中、雨宿りついでに入ったのがよかった。店員以外だれもいない店内は自分だけの図書館のようだった。いつもと少し違う行動は、新しい発見との出会いに満ちあふれている。



by guruguru-kobo | 2015-02-11 00:01 | 散歩
<< ぼくもぼくも 銅版画 「子供と作る」 >>