美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いろいろなことが一段落
d0134629_07574164.jpg
この二週間ばかりとても忙しい日が続いた。相模原の誠文堂ギャラリーでのグループ展、多摩美の油画技法集中講座、座間アートの今展、生涯学習版画講座の2講座の最終日、版画協会の会報製作、それと関わっている仕事の印刷物や広報の発表。加えて外国人作家に対しての作品評の執筆。すべてが同じ時期に重なったので、慌ただしかったが、ようやくすべてが終了し一段落。長男を一週間の北海道合宿のために駅で見送って、次男の相手がやっと出来る。

忙しいと、あれこれ手落ちになりがちだが、反面得るものも多い。二週間の銅版画集中講座では学生さん達から随分学ぶことが多かったように思う。なにしろ、朝9時から夕方5時近くまで、毎日講座をするのだから当然だろう。18歳から20歳前後の学生さん達には、それぞれ不安や、わき上がる強い気持ちがある。講座を通じて話を聞くと、教える側に問われているのは聞く力であり、落ち着きと幅広い教養を求められているなあと感じる。

講座にはまだ1.2年生ながら自分なりの方向性をはっきりもった学生もいて、これまでの講座では作られなかった自由な銅版画が生まれたことは嬉しい。一方で、触れると壊れてしまうようなデリケートな感性の持ち主も多く、その感性が反映された美しい銅版画を見せてくれた人もいた。銅版画ならではの美しい作品は、版画を専門に学んだ学生とは違った性質を見て取れることが面白い。銅版画に興味のある教授や助手、他の先生なども学生と一緒に制作する機会もあって、学生は先生が仕事をしている所を見る機会も出来た。大学というのは、先生と生徒が刺激し合って学ぶ場だと捉えると、とてもいい環境だったと思う。

年を重ねると、仕事以外ではあまり自分と違う価値観や性質の人とは密に接する機会はない。仕事を通じて、年の離れた価値観の異なる人達と密に接したことで、また新しい環世界が広がりとても充実した時間になった。任期はあと1年なので、来年はもっと充実した内容の講座を考えよう。お世話になったみなさん、どうもありがとうございました。

(写真は座間アートの今展の会場風景)

[PR]
by guruguru-kobo | 2015-07-21 07:58 | ちょっと気になること | Comments(0)
<< 行列に並んでから考える プロボラ >>