美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
銅版画の多色刷りを考える
d0134629_22101026.jpg
毎週開講している多摩美術大学生涯学習講座「銅版画のきほん」(担当講師:渡辺達正教授と僕)が、今期の最終回を迎えた。今週は、先週から続く2回連続講座で、リフトグランド、ソフトグランドそれぞれの技法で制作した版を重ねて作品作りをした。

銅版画における色刷りは、一版に色を詰め分ける一版多色刷りといくつかの版を重ねる方法がある。版を重ねる方法は、製版時に主版と補助版の関係を考えておく必要がある。先週はそんな話をしてみんなで制作をしたが、刷ってみるとなかなか難しい。

版画における色の仕事は、自作の中で色をどのようにとらえているのかが重要だと思う。形なのか、空間なのか、イメージに沿ったものなのか。イメージが明快でない場合、色を決めていくのは試行錯誤の賜になってしまう。

トライアルによって色の組み合わせを探すことは出来ても、やはり最初のイメージが明快でないと、腐蝕の深さを決めることが出来ず色を最大限に活かすことが難しい。やはり最初の製版に掛かっているということになる。やはりやりながらではいい作品は出来ないということになる。今回は、そんな製版のハンデをカバーするために、色インクの油膜を少し残すことで、2版重ねた時に3色に見えるような刷りを試してみた。これはこれでなかなかいい感じになった。

短い時間で作りあげる方法講座には、技法の紹介という意味があるが、多色刷りとなってくるとやはりかなり長い時間を掛けて取り組んでもいいように思う。毎回いろいろ考えているが、プログラムを組みあげるのは本当に難しい。今度時間を掛けてゆっくり取り組む色彩版画講座を考えてみたい。




[PR]
by guruguru-kobo | 2015-11-27 22:21 | ちょっと気になること | Comments(0)
<< 大矢雅章銅版画展 開催します。 “AuRevoir”展がはじま... >>