美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
写真のこと
d0134629_08125270.jpg
僕の創作は今では銅版画が中心だが、はじまりの頃は写真家になろうか随分と迷ったものだ。その位写真が好きだった。当時、知り合った写真家の作品がとても気に入っていて、銅版画と交換していただいたことがある。その作品はいまでもリビングに掛けてあり毎日眺める。もう十数年以上経つが、いつみても自分の中で色褪せない気持ちの良さがある。

今朝、その作者からFacebookのリクエストをいただいた。随分長いこと疎遠になってしまったが、再開の切欠が出来たことは本当に嬉しい。不思議なことに、この4月から昔写真の関係で知り合った人たちと急に再会し、また繋がりができた。

しかし、あれだけ好きだった写真に、急に興味がなくなったしまった訳は、当時は自分でもさっぱり理解出来なかった。しかし版画の論文を書くことで理由をはっきり認識できた。ひとつの要因として撮影がデジタルに移行して、現像を待つ期待と不安の入り交じる時間や、ケミカルな現像過程がなくなったこと、あとは、写す、切り取るという創作のスタンスに明快なテーマを見つけることが出来なったことにある。

写真を作る楽しみをどこかで捕まえることができたら、もう一度、写真での創作に取り組んでみたい気持ちが、今でも心の何処かにある。もしかしたら、そのチャンスが不意に近づいてきたのもしれない。やりたいこと、作りたいものが沢山あって、本当に悩ましい。





[PR]
by guruguru-kobo | 2017-06-15 08:21 | 制作日記 | Comments(0)
<< 紫陽花の咲く頃に 銅版画 インクを練る >>