美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
凹版画 紙版画でマティエール作り
d0134629_17392709.jpg
厚紙にいろいろな素材を貼り付け版を作る。このような方法は概ねコラグラフとも呼ばれ木版画の領域に入ることが多いが、銅版画で作り出せるような表現方法を編み出し、作品作りを行っている作家もいる。

先日、版画協会会員の大沼正昭氏の個展を拝見した。大沼さんはもともと銅版画で作品作りをしていたが、最近は紙版画での制作が多いらしい。作品をみると銅版画のアクアチントやソフトグランドで制作された表現のようなものもあり、ベテラン作家の創意工夫に驚くばかりだった。

会場には版も展示されていて、また作家本人からも丁寧に解説を伺うことができた。この方法で美術家連盟会館で講座を開催したばかりだという。惜しみなく自身の技法を教えていただいたので早速試してみることに。いろいろな方法があるが、僕はとりあえず紙の台紙にシールをひたすら貼る。微細な凹凸が出来たらスプレー糊を散布し、アルミホイルを貼る。その後軽くプレスする。

圧着した後、見事にアクアチントを施したような凹凸のあるマティエールができた。プレス圧やスプレー糊を散布する量で仕上がりは変化してくると思うが、あえて銅版画ではなくてはならない場合は、凹凸による表現を作り出すのに効果的な方法だと思う。出来上がった感じは感覚的に好きな感じ。これはちょっと面白い方法かも。大沼先生ありがとうございました。

d0134629_17392499.jpg



[PR]
by guruguru-kobo | 2017-11-02 19:04 | 制作日記 | Comments(0)
<< 国際版画展情報 The 6th... 銅版画 スピットバイト技法とエ... >>