美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 08月 26日 ( 1 )
自分史
以前、後輩がある国際版画展で入選した記事が新聞に大きく掲載されたことがあった。それをみた父が、「同じコンクールでグランプリを受賞したのに、なんでおまえは掲載されないのだ。」と、起き抜けに文句を言われたことを思い出し、この度の台湾での受賞記事を新聞社などに送ってみた。

しかしそんなことはどこからも返事もなくすっかり忘れていたが、タウンニュースという地域誌に掲載して頂けることになった。取材に来たライターの方は根掘り葉掘り聞いてくれるのだが、版画のことは当然全く知らなくて、一から十まで説明をしてみた。

「では早速記事にしますね。」と、帰ると、また電話が来た。いろいろ考えて見た結果人物風土記という人物の紹介ページに掲載したいとのことで、再度取材に来てくれた。

ノートを広げると、なにやら話したことを順序立てて図にしているのだが、それが実に面白い。まるで自分史である。

しかし話せば話すほど、僕はなんの趣味もないし、愉快な話が全くない。どうも整理するとこれまでの人生は、何度かの挫折の末、なんとなくこの場所に落ちついているようだ。と、いうことが、僕の証言で分かった。

あーあーなんて面白くない半生だと、ちょっと反省した。

しかし、インタビュアーの人は僕の半生があまりに偏った人生で、逆に物珍しいようでもう本当にそんなことまで必要なのかというくらい、根掘り葉掘り聞いてくれた。

最近、忘れた頃にインタビューを受けることがあるが、その時々に活字になった自分を客観的にみると、ほんとに平凡な人生だなあと笑ってしまいます。
[PR]
by guruguru-kobo | 2008-08-26 21:42 | ちょっと気になること | Comments(2)