美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
多摩美術大学版画の40年展
d0134629_7114598.jpg

多摩美術大学では版画教室が設置され、1970年より40年目を迎えます。それを記念して10年おきに開催されてきた卒業生(約150名)の展覧会を開催します。関連企画(ワークショップ)やギャラリートークもあります。僕も11月7日(日)のギャラリートークに参加します。このトークは作品の解説になります。是非ワークショップも含めてご参加頂けたらと思います。この展覧会の詳しい内容は佐竹邦子さんのサイトに掲載してあります。


◆会 期  2010年10月23日(土)〜11月21日(日)
      10:00—18:00(入館は17:30まで)

◆展示内容 多摩美術大学版画教室の創立40周年を記念して、
      卒業生・教員の現代版画作品約160点を展示

◆関連URL http://www.tamabi.ac.jp/museum/exhibition/next_default.htm

◆会 場  多摩美術大学美術館 http://www.tamabi.ac.jp/museum/default.htm
      〒206-0033東京都多摩市落合1-33-1
      Tel. 042-357-1251 Fax. 042-357-1252
      休館日 火曜日
      入館料-無料

◆交通   京王線・小田急線・多摩モノレール 多摩センター駅下車徒歩5分
◆主 催  多摩美術大学
◆企 画  多摩美術大学版画研究室
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在募集中のワークショップ

★『こども石こうプリント講座』 

? 魔法の粉でタイル絵を作ろう!?

日 時 : 10月30日(土) 13:00〜15:00

版画といっても紙に摺る(する)だけじゃないぞ!
魔法の粉 「石こう(せっこう)」 をつかって、これにも絵が写しちゃおう!
まずは、いろんなものを切って貼って、小さな凸凹の版をつくりましょう。
そしてこの凸凹の版に絵の具をつけて、水でとかした白い石こうの液で固めちゃうと・・・
あら!ふしぎ! 自分の絵がタイルになっちゃった!!!

 講 師 : 白井信行 (40年展出品作家/新日本造形株式会社)
 対 象 : 小学生・中学生
 会 場 : 多摩美術大学美術館
 ※ 定員15名 参加料1000円 電話にて事前受付中

★『ソーラープレート講座』 ―光でつくる版画―
日時 : 11月6日(土) 13:00~17:00
講師 : 久保卓治(版画家)
対象 : 高校生以上
※ 定員20名 参加料2000円 電話にて事前受付

『版画ってなぁに?』 ―かんたん!すぐできる楽しい版画制作―
日時 : 11月13日(土) 13:00~16:00(制作時間15分程度)
※ 定員なし 参加無料 当日受付

『ギャラリーツアー』 出品作家による作品・技法の解説
日時 : 会期中の日曜日 11:00~12:00/14:00~15:00(午前・午後各1回)
※ 定員なし 参加無料

『チャリティー版画』
会期中、多摩美術大学生や卒業生による小さい版画作品をチャリティー販売します。

★お申し込み : 多摩美術大学美術館 電話042-357-1251

◎上記講座は、下記よりお申し込みください。
※お問い合わせも、多摩美術大学美術館までどうぞ。

TEL 042-357-1251

・多摩美術大学美術館
 http://www.tamabi.ac.jp/museum/
 E-mail.museum@tamabi.ac.jp
[PR]
by guruguru-kobo | 2010-10-17 07:14 | ちょっと気になること | Comments(0)
考古学者と美術家のコラボ
d0134629_21103081.jpg


もう4ヶ月前になってしまうが、ひょんなことで知己を得た考古学者の方から預かっていた100年前の銅版画の原版をようやくお返しすることができた。江戸時代から明治時代初期の風景を描いた貴重な原版の修復と刷りを依頼されて早数ヶ月。ようやく刷り上がった銅版画には100年前の箱根の風景が詳細に描かれていて塔ノ沢の石を中心に描かれているらしい。その作品には考古学者の好奇心を充分に満足される要素が散りばめられているようで、その描かれた一つ一つのものを丁寧に説明してくれた。

その中で僕が気になったのは「温泉の引き戸」。多分実寸の大きさとして一間近い大きさで、柾目の扉になっている。今となってはちょっと考えられない大きさである。興味を持って聞くと、仙石原の地下を掘ると3000年前くらいの地殻変動で埋まった立派な杉が出てくるという。そう言った杉を掘り出して売っていたとかいないとか。絵の中にはそんな明治43年の洪水前の中国李山に勝るという過去の日本が閉じ込められている。

いろいろ面白い人達が画廊に来てくれるが、今日の夕方は本物の考古学者による個人授業になった。代わりに僕は江戸時代の銅版画家、亜欧堂田善の話をして江戸時代から明治にかけての銅版画について話すことができた。一つの作品を互い学術的見知からあれこれ検証出来たことはとても有意義な時間になった。本当のプロフェッショナルのお話はどんな職業の方でもぐっとくるものがあるなあと思うばかりである。

画廊には明日(日曜日)も午後1時より6時まで在廊します。是非ご来場ください。お待ちしています。

会場:ギャラリーアニータ
神奈川県座間市入谷4−1869−5
小田急線座間駅東口徒歩2分

会期:2010年10月14日ー26日(火)
午前11:00ー午後6:00まで 水曜日休み

在廊日:14/16/17/21/22/24/25 午後1時ー6時まで
[PR]
by guruguru-kobo | 2010-10-16 21:15 | ちょっと気になること | Comments(0)
展覧会がはじまって
木曜日から個展が始まりました。郊外ということもあって、ぱらぱら近所人達が見に来てくれています。近所にお住まいの画家の方も自転車に乗って来てくれました。軽い話の中でいろいろなアドバスをくれるのでなるほどなあと業界の大先輩の言葉に耳を立てるばかりです。そのほかにも画廊という場所はいろいろな人がふらりと来るので、勝手なことを言って帰る人、賞賛する人とまあ退屈する間もありません。久しぶりに会った某画商さんもオフということで右や左に言いたい放題で、業界に長い人の真剣なフリートークは話すも聞くのも面白さ満点でした。

そんな中で思うのですが、見に来てくれる人の多くはどちらかというと、男性は肩書き(経歴)を重視して判断を下す場合が多いように思うのです。女性は、綺麗だとか、可愛いとか、そんな感情の感覚から判断しているように思うのです。経歴を聞いて手のひらの返す人も多く、まるでお決まりのコントのようなリアクションが面白い思うのです。

絵の判断は感覚で好きか嫌いかでいいと思うのですが、どうしてもジャッジを下したくなるのでしょう。しかし好き嫌いの前にやはり誰の目にもはっきり分かるレベルというものがあって、そう言うことは実は絵に携わらない人の方がよく分かったりするのかもしれません。

今日は近所で開催中のグループ展をふらりと覗いてみましたが、作り手ではない人がバッサリそんなレベルジャッジをしているのを聞いて、ふーん。と、思うのでした。

自分の個展のことになりますが、僕は会場に明日午後1時から6時まで在廊予定です。昨日は初日だしさぞ賑やかだったかと思う人もいるでしょうが、シーンとしていました。そんな中、夕方は気のおけない友人が二人連れだって遠方から訪ねて来てくれたので、ゆっくりとつのる話が聞けて良かったです。まるで狙い済ましたように彼等だけ来たのは不思議です。

個展の感想として初日の来場者の方々は、沢山カタログや作品があって机の上でゆっくり見れるので良かったという意見が出ていました。郊外とは言え駅の目の前ですので、お気軽にお越しください。車も画廊の前に止めることができます。

それでは今週の週末は是非、大矢雅章の回顧展にお越しください。
[PR]
by guruguru-kobo | 2010-10-15 15:41 | ちょっと気になること | Comments(0)
雑記
d0134629_950565.jpg


最近慌ただしかったので、すっかり文章がひらめかなくなった。文章自体は浮かんでも上手に文体にすることができない。ブログも書き始めてすぐに止めてしまうことが多くなった。と、いうことで今日は散文。

ここしばらくいろいろなことがあって、例えば外国人作家を招聘したり、自分の大きなワークショップ(写真)をしてみたり、気管支炎からぎっくり腰になって・・・機嫌が悪い。この一週間くらいで随分と盛りだくさんだったなあと思う。よく考えて見ると、ここ暫くというのも随分と短い。

そんな忙しい中でも、いろいろな人に会うと、さまざまな視点でものを聞いたり、話したりするので、随分と楽しいのだけど、これもまたあんまりにも正反対なことを言われると少し考えることあったりする。

例えば、何事にも手を抜かないことを評価する。と、言われることもあれば、もう少し本気をだして物事に取り組んだらいいのに。と、嘆かれることもあり・・・。

人から見られている自分の形は実に多面体で面白い。

最近は人間の性質というものを良く考えることが多くて、日本人という同一民族の中の「人種」ということに特に興味があって、よく話しの種に持論を展開するのだけど、昨日は僕が思う同じようなカテゴリに属する人種と長々と世間話をする時間があった。同じ人種だと感じるだけあってこれがなかなか話しが右左して愉快な時間になった。

僕のお付き合いする愉快な友人?知人?は比較的年齢層が高い。そして共通して話好きであり、インテリである。併せて実年齢に関係なく実に若い。気力も体力も有り余っているのに、老い先が短くて・・・と本気なのかユーモアなのか嘆いて見せる。まあ先が短いと思うからこそ、最後のラストスパートということもあるが。僕に言わせると、無気力な若者より、余程長生きしそうな気がするのだけど。やはり良い意味で欲深いというのは長生きの秘訣だと思う。

そんな方の一人と、昨日は話の紆余曲折から、キャバクラの話になった。彼曰く、まったく面白くない。彼女達の話に内容がない。自分が沢山話して、お金を払うとは意味が分からない。と、ぺらぺらとまくし立てた。君もそう思うだろ。と、同意を求められたが、やはり僕もそう思う。「まあ僕は用事がないから行かないけど。」そういうと、社会勉強に一回は行った方がいいと言う。

そんな話を、ふーん。と、聞いて見ると、、もう次の話題(ノーベル賞を狙うことについて)に切り替わって、結局随分と長い時間お喋りをしてしまった。

忌憚のない世間話をというのは実に面白い。その人の人柄やジャッジの価値観が良く表れる。

今日から展覧会でまた面白い人が現れることを楽しみにしていましょう。出会いはどんな形でやってくるのかは本当に予想がつなかい。これこそ年を取る楽しみかもしれません。
[PR]
by guruguru-kobo | 2010-10-14 10:02 | ちょっと気になること | Comments(0)
明日から個展が始まります
d0134629_19415947.jpg

明日から展覧会が始まります。今回は「本屋さんにいるような感じ。」に、なりました。なんとなくスッキリとした落ち着いて作品を見ることが出来る空間になったように思います。1997年から2010年にかけて制作した作品を会場を時計回りに展示してあります。作品の変遷が自分でもよく分かるような展示です。

併せて、この十年で参加した国際版画展のカタログを自由に閲覧出来るように展示してあります。大きなテーブルがありますので、作品と併せてゆっくり読むことが出来ます。

どうぞみなさんゆっくり時間を作って見に来て頂けたらと思います。

明日は初日です。オープニングパーティーは記載はあえてしませんでしたが、画廊の並びに美味しく安い中華料理店があります。明日夕方来てくれる方は、中華でもご一緒しましょう。


会場:ギャラリーアニータ
神奈川県座間市入谷4−1869−5
小田急線座間駅東口徒歩2分

会期:2010年10月14日ー26日(火)
午前11:00ー午後6:00まで 水曜日休み

在廊日:14/16/17/21/22/24/25 午後1時ー6時まで
[PR]
by guruguru-kobo | 2010-10-13 19:46 | お知らせ | Comments(0)
早いものでクリスマスに向けて
d0134629_115274.jpg


少し早いのですが、今月の展覧会のお知らせになります。この秋に全国の画廊(約20カ所)で版画のグループ展、リトルクリスマスが開催されます。この展覧会は版画家の林孝彦さんが発案をして、約40人の若手から中堅の作家がA4サイズの新作版画を作って展示します。価格は7千円と均一になっています。

まず養清堂画廊から10月18日から11月13日までで始まりますが他の画廊は、林孝彦さんのブログに詳しくあります。

僕はクリスマスということで、お祝いのプレゼントとして人気のある永久機関シリーズを久しぶりに作ってみました。是非ご覧頂けたらと思います。
[PR]
by guruguru-kobo | 2010-10-01 01:02 | お知らせ | Comments(0)