美術家 大矢雅章の目
by guruguru-kobo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
大矢雅章のウェブサイト
お知らせ
展覧会情報
制作日記
ワークショップ
旅行記
散歩
交友録
ちょっと気になること
好物この一品
本棚
エッセイ
語学
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
残念ですが18日は不在に..
by guruguru-kobo at 19:49
個展開催おめでとうござい..
by 元子どもの家の畑野です at 11:20
遠方からの研究会へのご参..
by guruguru-kobo at 14:57
研究会、最後まで参加出来..
by 槙倫子 at 13:38
ご指摘ありがとうございま..
by guruguru-kobo at 16:52
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 19:46
ありがとうございます。病..
by guruguru-kobo at 20:06
全治1ヵ月?すぐ治ります..
by aya at 14:58
じゃあ次の家族はカメです..
by guruguru-kobo at 22:09
次飼うのは何にするの?と..
by aya at 17:40
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2018年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
写真を眺める

d0134629_22092240.jpeg

土曜日の誰もいない大学のギャラリーで、ぼんやり写真を眺める。普段は伝統的な版画技法で作品を作っている学生達が撮影した写真だ。多摩美版画では、写真も版画(プリント)のひとつとして大島成己教授の指導の下で、本格的なデジタル写真学習がスタートした。


先日の講評会では、写真と版画との関連に悩む学生もいたが、写真を勉強することは、自分の視点を客観的に確認する良い機会になるではないだろうかと、彼らの悩みを聞きながら思っていた。沢山の撮影すると、だんだんと自分の好みが分かってくるからだ。遠視眼的か近視眼的か、本人も自覚していない自分だけの着眼点が見えてくる。それが見えてくると自分の作る作品もおのずと変化してくるだろう。


銅版画コースの学生達が撮影した作品を見てると、彼らが普段見せない一面を見ることができた。センスがいいなあ、意外に繊細だなあ、案外鋭いなあ、版画を見ているより資質がよく分かる。写真を眺めていると、その人が何を見ていたのか、感じていたのかが、描かれたものよりあからさまに伝わってくるからだ。僕はそれがなんとも恥ずかしくなり、一時期夢中だった写真から離れてしまった。若い彼らの素直な視線を見ていると、懐かしい場所も相まって、自分が学生だった時の気持ちを思い出す。自分の作品も他人にそんな風に見られていたのだろうか。

赤裸々自分の視点を他者に見せ共有させる。写真には他の表現方法にないストレートな魅力があるように思う。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




[PR]
by guruguru-kobo | 2018-07-22 22:21 | ちょっと気になること | Comments(0)